実現とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 実現 > 実現の意味・解説 

じつ‐げん【実現】

読み方:じつげん

[名](スル)計画期待などが現実ものになること。また、現実ものとすること。「—不可能な要求」「夢が—する」「要求を—する」


実現

作者ジョルジュ・ローデンバッハ

収載図書街の狩人
出版社沖積舎
刊行年月1987.10


実現

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/24 14:10 UTC 版)



実現

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 08:46 UTC 版)

クラス図」の記事における「実現」の解説

クラスインターフェース継承関係には、実現線が引かれるインターフェースは純粋抽象クラス抽象メソッドだけ)である。その継承関係は、インターフェースクラス実装するとも呼ばれるので、実現線は実装説明されることがある実装クラス …> インターフェース矢印方向になる。実装クラス Is-a インターフェースとされるインターフェース間の継承関係にも実現線が引かれるが、この場合実装という説明はされない。子インターフェース …> 親インターフェース矢印方向になる。 実現(realization)は、白抜き三角の破線表記される。実現では実装implementationという概念合わせて扱われる

※この「実現」の解説は、「クラス図」の解説の一部です。
「実現」を含む「クラス図」の記事については、「クラス図」の概要を参照ください。


実現

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 06:26 UTC 版)

アーバン・エア・モビリティ」の記事における「実現」の解説

ブラジルサンパウロでは既にこの構想実現している。それは、ヘリコプター使用したものであるメキシコメキシコシティでは既にヘリコプター使ったエアタクシー利用できる。空を使った移動依然としてコスト高く騒音エネルギー消費大きいという問題がある

※この「実現」の解説は、「アーバン・エア・モビリティ」の解説の一部です。
「実現」を含む「アーバン・エア・モビリティ」の記事については、「アーバン・エア・モビリティ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「実現」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

実現

出典:『Wiktionary』 (2020/03/28 13:55 UTC 版)

名詞

じつげん

  1. 計画理想などが実際ものとなること。また、そのようにすること。

関連語

翻訳

語義1

動詞

活用

翻訳


「実現」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



実現と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「実現」に関係したコラム

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

  • 株式の投資基準とされる売上高連単倍率とは

    株式の投資基準とされる売上高連単倍率とは、企業の連結決算ベースの予想売上高が個別財務諸表ベースの予想売上高の何倍かを表したものです。売上高連単倍率は、次の計算式で求めることができます。売上高連単倍率=...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

実現のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実現のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実現 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクラス図 (改訂履歴)、アーバン・エア・モビリティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの実現 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS