希望とは? わかりやすく解説

きぼう〔キバウ〕【希望】


き‐ぼう〔‐バウ〕【希望/×冀望】

[名](スル)

あることの実現をのぞみ願うこと。また、その願い。「みんなの—を入れる」「入社を—する」

将来に対する期待また、明る見通し。「—に燃える」「—を見失う

文法で、1の意を表す言い方動詞に、文語では助動詞「たし」「まほし」、口語では助動詞「たい」などを付け言い表す

[補説] 宇宙施設書名別項。→きぼう(宇宙施設) →希望(書名


バダジェフスカ:希望

英語表記/番号出版情報
バダジェフスカ:希望L'Espérance

希望

作者魯迅

収載図書魯迅文集 2
出版社筑摩書房
刊行年月1991.4
シリーズ名ちくま文庫


希望


希望

作者笠井一成

収載図書形見のハマチ
出版社近代文芸社
刊行年月1995.2


希望

収載図書彼女たちエロチカ 2
出版社集英社
刊行年月2005.3
シリーズ名集英社文庫


希望

作者林京子

収載図書希望
出版社講談社
刊行年月2005.3

収載図書長い時間をかけた人間の経験
出版社日本図書センター
刊行年月2005.6
シリーズ名林京子全集


希望

作者乙川優三郎

収載図書こうだんばら亭
出版社新潮社
刊行年月2005.3

収載図書こうだんばら亭
出版社新潮社
刊行年月2007.10
シリーズ名新潮文庫


希望

作者小林雄次

収載図書牙狼 暗黒魔戒騎士
出版社朝日ソノラマ
刊行年月2006.10
シリーズ名Sonorama novels


希望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 16:28 UTC 版)

希望(きぼう、,ホープ : hope)とは、好ましい事物の実現を望むこと。または、その望み。「冀望(きぼう)」とも書く。


  1. ^ 英語圏では、Hope(希望)、Faith(信仰)、Charity(キリスト教的な愛、慈善)ともに、女性の名前としても使われている。特に、双子姉妹の場合は HopeFaith、三つ子ではその2つに加えて Charity と名付けられることがよくある。en:Faith, Hope and Charityも参照。
  2. ^ 希望の理由」『』。2018年4月6日閲覧。
  3. ^ MD, Adam P. Stern (2021年7月16日). “Hope: Why it matters” (英語). Harvard Health. 2021年7月16日閲覧。


「希望」の続きの解説一覧

希望

出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 01:06 UTC 版)

名詞

きぼう

  1. ねがい。のぞみ。
  2. 要望
  3. 未来明るい感じ気持ち期待楽観的見通し

発音(?)

き↗ぼー

翻訳

動詞

活用

翻訳


「希望」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「希望」に関係したコラム

  • FXの指値、逆指値とは

    FX(外国為替証拠金取引)の指値、逆指値とは、為替レートを指定して注文することです。指値は英語でlimit、指値注文はlimit orderといいます。また、逆指値は英語ではstop、逆指値注文はst...

  • 株式の成行注文と指値注文の使い分け方

    株式の注文方法はさまざまな種類があります。その中でも、成行注文と指値注文はよく使われる注文方法です。この2つの注文方法をうまく使い分けることによって、効率の良い株式投資ができます。ここでは、株式の成行...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「希望」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



希望のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの希望 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの希望 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS