法廷とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 法廷の意味・解説 

ほう‐てい〔ハフ‐〕【法廷】

読み方:ほうてい

裁判行われる場所。ふつう、裁判所またはその支部にある。


法廷

作者カレル・チャペック

収載図書苦悩満ちた物語
出版社成文社
刊行年月1996.10
シリーズ名チャペック小説選集


裁判所

(法廷 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 08:28 UTC 版)

裁判所さいばんしょ: court)は、裁判官によって構成され司法権を行使する国家機関[1]、及びその庁舎を指す。日本語の「裁判所」は、1890年に公布された裁判所構成法(明治23年法律第6号)から一般的な呼称になった。法院とも言う。




「裁判所」の続きの解説一覧

法廷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 23:54 UTC 版)

マーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧」の記事における「法廷」の解説

チケット受け取った変異体への裁判が行われる部屋壁面には、TVA創設歴史を示す壁画描かれており、法壇後ろにタイムキーパーらの顔面の形が彫刻されている。ロキ幼少期シルヴィは第37法廷で裁判受けた

※この「法廷」の解説は、「マーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧」の解説の一部です。
「法廷」を含む「マーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧」の記事については、「マーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧」の概要を参照ください。


法廷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 04:48 UTC 版)

多数欠」の記事における「法廷」の解説

意識世界設けられた、現実世界似せて作られた第三皇帝ステージ特定の場所にいる且つスマホ所持している者が突如意識失い、法廷へ招集される多数欠ルールとしては、多数派が死ぬと法廷から帰還できるということ死亡者インサニティとなるということである。精神の強さ意識世界での強さ比例し精神が強いと、インサニティにならず、なってもすぐに蘇生する。(例としてリンネ1ヶ月弱、穢土3日程度回復し八木橋須藤閉廷後即復活する)ただし以前法廷で負傷して罹患したインサニティ治癒する前に再度法廷に招集され場合残った精神で法廷の肉体構成されるため体力等が減った状態になる。

※この「法廷」の解説は、「多数欠」の解説の一部です。
「法廷」を含む「多数欠」の記事については、「多数欠」の概要を参照ください。


法廷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 13:58 UTC 版)

ベイズ推定」の記事における「法廷」の解説

ベイズ推定は、法廷で個々の陪審員もしくは裁判官証拠矛盾なく収集し、「合理的疑いあるかどうかに関する個人基準に従って総合的に被告人有罪無罪推定するために用いることができる。 G を、被告人有罪である事象とする。 E を、被告人DNA現場で見出されDNA一致する事象とする。 p(E | G) を、被告人有罪であるとの条件 G の下で DNA一致する事象 E の確率とする(これらは通常確率1であると見なされる)。 p(G | E) を、DNA一致する条件 E の下で被告人有罪である事象 G の確率とする。 p(G) を、DNA の一致以外の証拠に基づいて被告人有罪だと陪審員個人的に推定する確率とする。 ベイズ推定により、DNA の証拠考慮する前に被告人有罪である確率が p(G) であるとできたならば、次の関係を用いて、この確率条件付確率 p(G | E) に改訂できること分かる: p(G | E) = p(G) p(E | G) / p(E) 他の証拠に基づいて陪審員が、被告人有罪である可能性は30%であると考えとしよう。また法医学的に、ランダムに選んだ人のDNA現場DNA一致する確率100万分の1、つまり 10-6 であるとされているとしよう事象 E の起こり方は2つありうる被告人有罪である(事前確率 0.3)か、または無実事前確率 0.7)であってしかも彼はDNAが偶然一致する100万分の1の人間1人であるか、である。 陪審員次のように DNA の証拠考慮入れて考えを改めることができる: p(G | E) = (0.3 × 1.0) /(0.3 × 1.0 + 0.7 × 10-6) = 0.99999766667 ベイズ推定の方法で、ある段階での事後確率次の事前確率にするという形で全ての証拠整合的に繋ぎ合わせることができる。ただし陪審員最初の証拠考慮する前に有罪確率について事前確率分布を持ってなければならない。これには、事件起きた町の適切な人々性別年齢などを考慮する)からランダムに選んだ誰か有罪確率用いればよかろう例えばその町に住む5万人の成人男子1人犯人であったという事確率は 1/50,000 とできる。 一般陪審員ベイズの定理説明するためには、確率よりもオッズの形(有罪無罪確率比)で示すのが分かり易いかもしれない。この形でベイズの定理事後オッズ = 事前オッズ × ベイズ因子 となる(ベイズ因子旧来の統計学における尤度比相当する)。上の例では、被告人有罪事前確率を 0.3 とする陪審員考えは、「オッズ 3:7 で有罪」と表現されるベイズ因子100万従っ事後オッズ300:7、あるいは約429,000:1で有罪となる。

※この「法廷」の解説は、「ベイズ推定」の解説の一部です。
「法廷」を含む「ベイズ推定」の記事については、「ベイズ推定」の概要を参照ください。


法廷(リーガル・フィクション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 15:41 UTC 版)

テレビドラマ」の記事における「法廷(リーガル・フィクション)」の解説

法廷もの」も参照 弁護士検事裁判官などが主人公で、法廷を舞台にして物語が進むテレビドラマ。 『十二人の怒れる男』(1954) 『L.A.ロー 七人の弁護士』(1986 - 1994) 『ロー&オーダー』(1990 - 2010) 『ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』(1997 - 2004)

※この「法廷(リーガル・フィクション)」の解説は、「テレビドラマ」の解説の一部です。
「法廷(リーガル・フィクション)」を含む「テレビドラマ」の記事については、「テレビドラマ」の概要を参照ください。


法廷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 23:38 UTC 版)

陪審法」の記事における「法廷」の解説

陪審使用された法廷は戦後次々と取り壊されており、現在は京都地方裁判所の「15号法廷」が立命館大学末川記念会館に、横浜地方裁判所の「特号法廷」が桐蔭横浜大学それぞれ移築され保存されているのみである。

※この「法廷」の解説は、「陪審法」の解説の一部です。
「法廷」を含む「陪審法」の記事については、「陪審法」の概要を参照ください。


法廷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 03:04 UTC 版)

刑事法院」の記事における「法廷」の解説

法廷の正面高くなった壇に、大きな裁判官席 (bench) がある。裁判官階級は、着ている法服の色で識別することができる。裁判官に対する呼びかけ方は、その階級によってそれぞれ適切なものが違うが、「ユア・アナー」(閣下)が最も一般的なものである裁判官は、法壇脇にあるドアから、廷吏又は書記官の「コート・ライズ」(全員起立)という号令引き続いて入廷する。廷吏又は書記官は、裁判官席下の前方に座る。法廷内にいる者は、全員裁判官に対する敬意を示すために、裁判官入廷する時から裁判官着席するまでの間、起立することが求められている。 書記官 (court clerk) は、法廷に向かって(すなわち裁判官と同じ向きに)座り裁判官席よりは小さがあり、そこには裁判所構内他の場所陪審員集合場所収監場所など)との連絡必要な場合用いられる電話がある。 裁判官席すぐ前の場所には、音声記録係もいる。法廷の手続は、ダブルデッキカセットレコーダー記録され、時々、片方テープ交換される。この記録は、事件後に上訴され場合用いられる。 これに加えて速記手続記録する速記係 (court reporter) がいることもある。速記係は、速記タイプライターで、証人が話すのと同時に特別なタイプ法を用いてキー打って記録する速記者がいない場合には、その代わりにテープ記録係がいてテープ操作行い手続記録確実に保存されるようにしている。 書記官向かい側には、廷吏 (usher) がいる。書面その他の物、例え陪審員からのメモ陪審見せ証拠法廷で受け渡す必要がある場合には、廷吏がこれを行い廷吏以外の者は期日開かれている間に法廷で歩き回らないのが通常である。 廷吏後ろで、黒い法服大きな白いかつら(ウィッグ)を着け裁判官向かい合っているのが、訴追側及び弁護側法廷弁護士である。弁護側法廷弁護士は、通常陪審最も近い位置にいる。最近では法廷弁護士らは、机の上に、事件関係書類ファイルのほかにノートパソコン置いていることが多い。裁判官着席したまま話すのと異なり法廷弁護士らは裁判所に対して話しかけるときは必ず起立する法廷弁護士らの後ろに、又はこれと並んで助言役の事務弁護士ソリシター)が座っている。訴追の場であれば検察局 (Crown Prosecution Service) の代理人又は当該事件関係する警察官である。警察官トライアルの場合に多いのに対し検察局代理人量刑答弁訴訟運営の各審問その他の事件出てくることが多い。 法廷の後ろ法廷弁護士らの背後には、半ば仕切られた、ドックdock鳥かご状の被告人席) と呼ばれる所がある。ここは、被告人が座る(時々起立するように言われるが)所である。拘置職員ドックの中の被告人近くに座っている。 法廷の後ろドック隣接していることが多い)にはまた、公衆手続傍聴できる狭いスペースがある。オールド・ベイリーなど一部裁判所では、この傍聴席被告人の上側に置かれている。 傍聴人は、通常メモをとることが禁止されている。報道の記者記者席座らなければならない記者席は、通常訴追側の法廷弁護士並んだ所に置かれている。記者は、ここに着席してメモをとる前に廷吏名乗らなければいけないのが通常しきたりとなっている。 弁護側法廷弁護士隣には、陪審員席 (jury box) がある。陪審ここから事件の手続を見る。陪審員は、待機席陪審員席の隣の席)からこの陪審員席に呼ばれ宣誓して職務に就く。陪審員は、一度宣誓すると、トライアルを通じて常に同じ席に着席する陪審見ないこととされている手続証拠の許容性についての法的議論など)が行われる場合には、廷吏が法廷のすぐ外側にある部屋ドック後ろ側であることが多い)に陪審員らを案内して連れて行く。この部屋入ることできるのは、陪審員廷吏だけである。 陪審員席の反対側には、証人席がある。証人は、陪審がその証言態度見ることができるように、陪審向かい合って立ち、証言をする。これは、その証人真実述べているかを判断する助けとなる裁判官が、陪審を、評決下すための評議行かせるときは、廷吏陪審員小部屋案内する。そこには、大きなテーブル12脚のいす、トイレ、紙と鉛筆廷吏を呼ぶためのボタン他の者に評議内容明かさないようにとのよく目立つ掲示がある。廷吏退室し陪審評決達した時にボタンを押す評議中は、外部との接触限られたものしか許されず、必ず廷吏通さなければならない陪審許されているのは、(a) 休憩時間求めること、(b) 更なる指示を求めるためときなど、裁判官メモを渡すこと、(c) 評決達したことを知らせることだけである。裁判官は、いつでも、再度説示を行うために陪審員を法廷に呼び戻すよう決定することができる。

※この「法廷」の解説は、「刑事法院」の解説の一部です。
「法廷」を含む「刑事法院」の記事については、「刑事法院」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「法廷」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

法廷

出典:『Wiktionary』 (2021/08/27 00:21 UTC 版)

名詞

ほうてい

  1. 裁判官裁判行う場所

発音(?)

ほ↗ーてー

翻訳


「法廷」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



法廷と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

法廷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



法廷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの裁判所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧 (改訂履歴)、多数欠 (改訂履歴)、ベイズ推定 (改訂履歴)、テレビドラマ (改訂履歴)、陪審法 (改訂履歴)、刑事法院 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの法廷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS