裁判とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 訴訟 > 裁判 > 裁判の意味・解説 

裁判

読み方:さいばん

司法機関が法にもとづき問題ごとに判定下したり命令下したりすることを指す語。

さい‐ばん【裁判】

読み方:さいばん

[名](スル)

物事の正・不正を判定すること。「公正に―する」「宗教―」

裁判所法的紛争解決する目的で行う公権的な判断。その形式には判決決定命令3種がある。「―に訴える」「―を受ける」


裁判

読み方:サイバン(saiban)

江戸時代長州藩地方行政区画

別名 宰判


裁判

作者グレゴリー・マクドナルド

収載図書道のまん中ウェディングケーキ
出版社白水社
刊行年月1994.1


裁判

作者高井信

収載図書ショートショート日本語あそぼう
出版社筑摩書房
刊行年月2003.12
シリーズ名ちくま文庫


裁判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 07:44 UTC 版)

裁判(さいばん、: Court decision)とは、社会関係における利害の衝突や紛争を解決・調整するために、一定の権威を持つ第三者が下す拘束力のある判定をいう。


注釈

  1. ^ たとえば「証人の証言拒絶に対する当否の裁判」(ある証人がこの裁判において証言を拒絶することが妥当か妥当でないか、を判断すること)など。
  2. ^ なお、ここでいう「形式的意義の裁判」と、「実体的裁判」と対比される概念である「形式的裁判」とは異なる。

出典

  1. ^ 兼子一 1959, p. 1.
  2. ^ a b c d e f 『日本大百科全書』小学館。「裁判」【裁判の種類】内田武吉、加藤哲夫 執筆担当。
  3. ^ 日本弁護士連合会『2008年版弁護士白書』45頁、2009年。日本弁護士連合会(2014年10月18日アーカイブ)
  4. ^ 日本弁護士連合会『「弁護士報酬敗訴者負担の取扱い」に関する日本弁護士連合会の意見』、2003年。首相官邸(2013年1月29日アーカイブ)。日本の人口当たりの民事一審訴訟件数は「訴訟社会として知られるアメリカとは比べるべくもなく、ドイツの5分の1、フランスの7分の1にすぎない」。
  5. ^ J. Mark Ramseyer & Eric B. Rasmusen, Comparative Litigation Rates, 2010年。5頁、9頁。
  6. ^ 兼子一 1959, p. 4.
  7. ^ 裁判所職員総合研修所 2010, p. 259.
  8. ^ 裁判所職員総合研修所 2010, p. 258.
  9. ^ 梶村太市 & 徳田和幸 2007, pp. 409-.
  10. ^ 裁判所職員総合研修所 2011, p. 458.
  11. ^ a b c 兼子一 1959, p. 220.
  12. ^ 難波美緒 2014, pp. 147–148.
  13. ^ 公事上聴一件 4巻国立国会図書館デジタルコレクション
  14. ^ 君津市立久留里城址資料館 平成24年企画展「争いと仲直りの江戸時代」より。河川の流形が変わって自村の耕作地が川の対岸となってしまった場合は、立毛(たちげ)と呼ばれる生育中の農作物の存在が認められれば、飛び地として自村の土地として認定される。
  15. ^ a b 中川裕 2019年 p.81
  16. ^ a b c 中川裕 2019年 p.82
  17. ^ ナチスの96歳女性被告、公判前に逃亡図る 強制収容所の元秘書”. AFP (2021年10月8日). 2021年9月30日閲覧。
  18. ^ 100歳の元ナチス看守、公判で証言拒否”. AFP (2021年10月8日). 2021年10月7日閲覧。


「裁判」の続きの解説一覧

裁判(被告人として)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 00:37 UTC 版)

植草一秀」の記事における「裁判(被告人として)」の解説

2004年平成16年6月17日初公判東京地方裁判所開かれた植草は「起訴事実真実でございません。この法廷正義誓って無罪潔白です」と全面的に争う姿勢示した一方検察側冒頭陳述によると、植草自家用車中から女子高生制服のような服装をした女性写ったインスタント写真デジタルカメラ画像が約500見つかり、また植草携帯電話からも同様の画像見つかったという。同年8月30日植草霞ヶ関記者会見し、「手鏡テレビ出演時身だしなみ確認するため持っていただけです。天地神明に誓って潔白」だと改めて身の潔白主張。一旦は容疑認めたことについては、そうすれば情状酌量得られるという警察からの強い提案あったからだ、と語った2005年平成17年2月21日検察側植草懲役4ヶ月手鏡1枚没収求刑弁護側改め無罪主張し、裁判は結審した。

※この「裁判(被告人として)」の解説は、「植草一秀」の解説の一部です。
「裁判(被告人として)」を含む「植草一秀」の記事については、「植草一秀」の概要を参照ください。


裁判(被告人として)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 00:37 UTC 版)

植草一秀」の記事における「裁判(被告人として)」の解説

2006年平成18年12月6日東京地裁初公判開かれた植草は「天に誓ってやっていません」と無罪主張起訴状によると事件当時被害女性から「子供見てるのに恥ずかしくないんですか?」と言われうつむいていると、他の男性乗客2人に取押さえられ駅事務室に連行。当初は私は女性が不快に思うことをやりました」と容疑認めたにもかかわらず警察取調べに際し一転無罪主張したとされる一方で植草は「これが土石流のように報道され家族被害を受けてしまう。家族を守るためには私が死ぬしかない」と思い駅事務室ネクタイ首に締めて家族のために自殺図ろうとしたことも明らかになった。弁護側は「被告人当時紹興酒2030近く飲んでいる酒酔い状態」であり痴漢などをできる状態にはなく、また「痴漢騒ぎかと思って絶対に関わりたくないなと思っていたら自分犯人にされた」と主張している。

※この「裁判(被告人として)」の解説は、「植草一秀」の解説の一部です。
「裁判(被告人として)」を含む「植草一秀」の記事については、「植草一秀」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「裁判」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

裁判

出典:『Wiktionary』 (2021/10/29 00:28 UTC 版)

名詞

さいばん

  1. 裁判所訴訟事件審理し、法律当てはめて判断下す手続。 例)「裁判にかける」「裁判に付する(「裁判にかける」と同意)」「裁判を受ける
  2. 〔法〕上記手続の中で、又は手続最後に裁判所が行判断判決決定命令3種類がある。

翻訳

関連語

動詞

活用

  1. 物事治め管理する。「宰判」とも書く。
  2. 民政管理する。「宰判」とも書く。
  3. 正邪曲直判断する。

「裁判」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



裁判と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「裁判」の関連用語

裁判のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



裁判のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの裁判 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの植草一秀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの裁判 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS