地獄とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 地獄 > 地獄の意味・解説 

じ‐ごく〔ヂ‐〕【地獄】

《(梵)naraka(那落迦)、niraya(泥黎)の訳。地下牢獄(ろうごく)の意》

仏語六道の一。この世悪いことをした者が死後に行って苦しみを受けるという所。閻魔(えんま)大王生前罪業裁き獄卒鬼が刑罰加えるという。八熱地獄八寒地獄などがある。地獄道奈落(ならく)。⇔極楽

キリスト教で、神の教えに背いた者、罪を犯し悔い改めない魂が陥って永遠の苦を受け、救われないという世界。⇔天国

イスラム教で、この世終末復活して受ける審判によって、不信仰者や不正を行った者が永劫の罰を受ける所。罪人であっても信仰者はやがて天国に入れられる。ジャハンナム。

非常な苦しみもたらす状態・境遇のたとえ。「試験地獄

火山の、絶えず噴煙が噴き出している所。また、温泉地で絶えず煙や湯気が立ち、熱湯の噴き出ている所。「温泉場地獄巡り

劇場舞台床下奈落(ならく)。

下等売春婦私娼(ししょう)。

「君も巴黎(パリイ)の―の味まで知ったなら」〈魯庵社会百面相

[下接句] 板子(いたご)一枚下は地獄・一寸下は地獄聞いて極楽見て地獄見ての極楽住みての地獄

[補説] 作品別項。→地獄


じごく〔ヂゴク〕【地獄】


地獄

作者横田順弥

収載図書ヨコジュンのショート博覧会
出版社徳間書店
刊行年月1987.8
シリーズ名徳間文庫


地獄

作者神西清

収載図書雪の宿り 神西清小説セレクション
出版社港の人
刊行年月2008.10


地獄

作者金子洋文

収載図書モダン都市文学 8 プロレタリア群像
出版社平凡社
刊行年月1990.11

収載図書編年体大正文学全集12大正十二
出版社ゆまに書房
刊行年月2002.10


地獄

作者川端康成

収載図書反橋・しぐれ・たまゆら
出版社講談社
刊行年月1992.9
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書死−怨念14=妖気
出版社ペンギンカンパニー
刊行年月1993.11
シリーズ名幻想怪奇名作

収載図書川端康成片腕文豪怪談傑作
出版社筑摩書房
刊行年月2006.7
シリーズ名ちくま文庫


地獄

作者景山民夫

収載図書ハイランド幻想
出版社中央公論社
刊行年月1994.11

収載図書ハイランド幻想
出版社中央公論社
刊行年月1997.12
シリーズ名中公文庫


地獄

作者井上たかし

収載図書ショートショートの広場 6
出版社講談社
刊行年月1995.3
シリーズ名講談社文庫


地獄

作者ラフィク・シャミ

収載図書空飛ぶ木世にも美しメルヘン寓話、そして幻想的物語
出版社西村書店
刊行年月1997.9


地獄

作者小野

収載図書異聞 忠臣蔵
出版社文芸社
刊行年月2001.8


地獄

作者北川あつ子

収載図書消えた家 新装
出版社
刊行年月2001.11
シリーズ名北川あつ子短篇集


地獄

作者アルジャーノン・ブラックウッド

収載図書地獄―英国怪談中篇傑作
出版社メディアファクトリー
刊行年月2008.3
シリーズ名幽クラシックス


地獄

読み方:じごく

  1. 1 淫売婦をいふ。2 劇場にて床の下の室のこと。
  2. 監獄のこと、又は私娼のことをいふ。〔犯罪語〕
  3. 監獄のこと、又は私娼のことをいふ。
  4. 〔隠〕①監獄の事、②私娼の事。
  5. 贓品地中埋没すること。或は夜間窃盗目的にて家人の隙を窺ひ床下などに侵入潜伏すること。
  6. 刑務所のこと。或は土地売春婦のことを云ふ。
  7. 監獄のこと、又は私娼。〔一般犯罪
  8. 刑務所のこと。②贓品地中埋没すること。或いは夜間窃盗目的家人の隙を窺い床下などに侵入潜伏すること。

分類 劇場犯罪犯罪


地獄

読み方:じごく

  1. 同上(※「ちゃぶ」参照)。〔第二類 人物風俗
  2. 淫売婦。『守貞慢稿』に『俗に売女にあらざるものを地者或は素人といふ、その地者かに売色するが故にといふ。獄と、音相通ずるが故』
  3. 淫売婦のこと。

地獄

読み方:じごく

  1. 窃取物品其他土中埋没隠匿スルノ行為。〔第三類 犯罪行為

地獄

読み方:じごく

  1. 夜間他人住宅床下潜伏シ、家人熟睡ヲ窺ヒ、窃盗実行着手スルヲ云フ。〔第三類 犯罪行為

地獄

読み方:じごく

  1. 監獄。〔第五類 一般建物
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

地獄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/01 02:50 UTC 版)

地獄(じごく)は、宗教死生観において、複数の霊界(死後の世界)のうち、悪行を為した者の霊魂が死後に送られ罰を受けるとされる世界。厳しい責め苦を受けるとされる。素朴な世界観では地面のはるか下に位置することが多い。


  1. ^ 『キリスト教大事典 改訂新版』469頁、教文館、昭和52年 改訂新版第四版
  2. ^ モスクワ府主教マカリイ1世著『正教定理神学』526頁 - 529頁


「地獄」の続きの解説一覧

地獄

出典:『Wiktionary』 (2019/08/19 02:06 UTC 版)

名詞

(じごく)

  1. 仏教六道のひとつである地獄道のこと。六道各界において、道徳反することを行なった者が往くものとされ、罪が償われるまで、厳し責め苦苛まれる世界とされる
  2. 仏教以外の宗教において、生前の罪により死後行き延々責め苦与えられる世界
  3. 比喩)耐えがたい苦しみを受ける場所

関連語

語義2

成句

翻訳

語義1及び語義2




地獄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地獄」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



地獄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地獄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの地獄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS