永久とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 永久 > 永久の意味・解説 

えいきゅう〔エイキウ〕【永久】


えい‐きゅう〔‐キウ〕【永久】

[名・形動いつまで限りなく続くこと。また、そのさま。「永久に平和を守る」「永久不変


とこし‐なえ〔‐なへ〕【常しなえ/長しなえ/永久】

形動[文]ナリとこしえ」に同じ。

驕る眼は—に閉じた」〈漱石虞美人草


とこし‐え〔‐へ〕【常しえ/長しえ/永久】

[名・形動いつまでも続くこと。また、そのさま。永遠。永久。とこしなえ。「—の命」「この愛よ、—に続け


とわ〔とは〕【常/永久】

[名・形動古くは「とば」とも》いつまで変わらないこと。また、そのさま。とこしえ永遠えいきゅう。「—の別れ


えい‐きゅう ‥キウ 【永久】

1 〔名〕 (形動

① (━する) 長い間物事長い間続くこと。また、そのさま。

曾我物語南北朝頃)三「位をゑいきうにたもち給ふ申しつたへて候

滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)八「八の数を以て、永久(エイキウ)の嘉瑞とし、もののめでたき極位(ごくゐ)与(と)する事は」

西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「此政治天地と共に永久すべし」〔詩経小雅六月

② ある状態が時間的無限に続くこと。また、そのさま。永遠永劫。〔物理学術語和英仏独対訳字書1888)〕

悪魔(1903)〈国木田独歩〉八「彼の名は今以て世間聞えない。恐らく永久(エイキウ)に聞えないだらう」

2 平安時代鳥羽天皇の代の年号東大寺興福寺僧徒騒動火災悪疫流行などの不吉事件が続いたため天永四年(一一一三七月一三改元。永久六年(一一一八四月三日至り次の元永代わる白河上皇院政時代にあたる。出典は「詩経小雅・南有嘉魚之什」の「吉甫燕喜、既多受祉、来帰自一レ鎬、我行永久」、「蔡邕議」の「其設不戦之計、守禦之固者、皆社稷之臣、永久之策也」など。


とわ とは 【常・永久】

〔名〕 (形動) (古くは「とば」) いつまで変わらないこと。永久不変であること。また、そのさま。とことわとこしえ。つね。

伊勢物語(10C前)一〇八「風ふけばとはに浪こすいはなれやわが衣手のかはく時なき」


とこし‐え ‥へ 【常━・長━・永久━】

形動〕 ながく変わらないさま。永久不変であるさま。いつまでも同じ状態で続くさま。えいきゅうとこしなえ。とこしない。

書紀720允恭一一年三月・歌謡「等虚辞陪(トコシヘ)に 君も逢へやも いさな取り 海の浜藻の 寄る時々を」

[補注]「とこ」は永久不変の意の「常」で、「とこしくに」の例が見られるところから形容詞語幹見るべきか。「へ」は、「いにしへ」などの「へ」と共通のものとも考えられるが、上代特殊仮名遣照らして「いにしへ」の「へ」は甲類、「とこしへ」の「へ」は乙類食い違いを呈し、問題がある。


とこし‐なえ ‥なへ 【常━・長━・永久━・鎮━】

形動〕 =とこしえ(常━)

千里集(894)「老ひてぬるめははやさめとこしなへよはにあくればねてのみぞふる」


永久

読み方:トワtowa

いつまで限りなく続くこと


永久

読み方:エイキュウ(eikyuu)

平安時代年号(1113~1118)。


永久

読み方:エイキュウ(eikyuu)

所在 福島県喜多方市


永久

読み方:ナガヒサ(nagahisa)

所在 福岡県豊前市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

永久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/14 06:45 UTC 版)

永久 (えいきゅう、とわ)




「永久」の続きの解説一覧

永久

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 10:49 UTC 版)

名詞

  1. えいきゅう)ある時点から限りなく続くこと。
  2. とわ 参照

発音(?)

え↗ーきゅー

関連語

形容動詞

活用

ダ型活用
永久-だ

固有名詞

永 久えいきゅう

  1. 日本元号一つ天永次で元永の前。1113年8月25日から1118年4月25日までの期間のこと。

人名

永 久(ながひさ)

  1. 日本人のひとつ。



永久と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「永久」の関連用語

永久のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



永久のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの永久 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの永久 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS