鳥羽天皇とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 遺跡 > 古墳 > 天皇陵 > 鳥羽天皇の意味・解説 

とば てんのう -てんわう 【鳥羽天皇】 ○

1103~1156平安末期第七四代天皇在位1107~1123)。名は宗仁(むねひと)。堀河天皇第一皇子崇徳近衛後白河三代わたって1129年から27年間、院政を行う。崇徳上皇対立して後白河天皇擁立保元の乱の因となった。

鳥羽天皇

堀河天皇第一皇子
母は大納言藤原実季の娘苡子。
1107年堀河天皇崩御に伴い5歳で即位する。
この間白河上皇院政が盛んで、鳥羽天皇の子生まれると白河上皇から譲位を促され、1123年子の顕仁親王(崇徳天皇)に譲位した。
譲位後は鳥羽上皇として院政をしくことになった。
白河上皇本院(白河離宮白河殿とも)といい、鳥羽上皇新院(鳥羽離宮)といった。
白河上皇崩御した後、鳥羽上皇は、子の崇徳天皇対立して「保元の乱」の遠因を作った。
鳥羽上皇自分の病が重いと知ると、鳥羽院内裏警護のため、平氏源氏武士団集めた。
なお、鳥羽院政期は「荘園公領制」の確立期といわれている。
1156年崩御


鳥羽天皇 安樂壽院陵
(とばてんのう あんらくじゅいんのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第74
天 皇 名 羽天皇
とばてんのう
御   父 堀河天皇
御   母 贈皇太后苡子
御 陵 名 安樂壽院
あんらくじゅいんみささぎ
陵   形 方形
所 在 地 京都府京都市伏見区竹田浄菩提院町
交通機関等 近鉄・市地下鉄竹田下車  南西へ0.6km
陵印保管場所 桃山陵墓監区事務所

鳥羽天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/30 04:18 UTC 版)

鳥羽天皇(とばてんのう、旧字体:鳥羽1103年2月24日康和5年1月16日〉- 1156年7月20日保元元年7月2日〉)は日本の第74代天皇(在位: 1107年8月9日嘉承2年7月19日〉- 1123年2月25日保安4年1月28日〉)。宗仁(むねひと)。




  1. ^ 長実は美福門院の実父、家保は鳥羽上皇の側近である藤原家成の実父であるが、美福門院・藤原家成は鳥羽上皇の寵愛を背景に父や兄弟に代わってその権力や財産を独占した(佐伯智広「鳥羽院政期の王家と皇位継承」『日本史研究』598号(2012年)/所収:佐伯『中世前期の政治構造と王家』(東京大学出版会、2015年) ISBN 978-4-13-026238-5)。
  2. ^ ただし、白河院晩年の院司の大半が鳥羽院や待賢門院の院司を兼ねているため人的構成は基本的には引き継がれ、三院が揃って三条烏丸御所に同居するなど、鳥羽院政初期の院司の交代を白河院色の排除を意図したものとは言えないとする指摘もある(佐々木宗雄『日本中世国制史論』(吉川弘文館、2018年) ISBN 978-4-642-02946-9 P142-144)。
  3. ^ 豊永聡美「平安時代における天皇と音楽」(初出:『東京音楽大学研究紀要』25号(2004年)/改題所収:豊永「鎌倉期以前の天皇と音楽」『中世の天皇と音楽』(吉川弘文館、2006年) ISBN 4-642-02860-9 P30-31)
  4. ^ 兵範記保元元年(1156年)7月11日条裏書
  5. ^ 天皇陵(宮内庁)


「鳥羽天皇」の続きの解説一覧



鳥羽天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鳥羽天皇」の関連用語

鳥羽天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鳥羽天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2019.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2019 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳥羽天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS