仁明天皇とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 遺跡 > 古墳 > 天皇陵 > 仁明天皇の意味・解説 

にんみょう てんのう にんみやうてんわう 【仁明天皇】 ○

810~850第五四代天皇在位833~850)。名は正良(まさら)。嵯峨天皇第二皇子深草帝とも。

仁明天皇 深草陵
(にんみょうてんのう ふかくさのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第54
天 皇 名 :仁明天皇
にんみょうてんのう
御   父 嵯峨天皇
御   母 皇后智子
御 陵 名 深草
ふかくさみささぎ
陵   形 方形
所 在 地 京都府京都市伏見区深草東伊達町
交通機関等 京阪藤森下車  東へ1.1km
陵印保管場所 桃山陵墓監区事務所

仁明天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/25 18:16 UTC 版)

仁明天皇(にんみょうてんのう、810年弘仁元年〉- 850年5月6日嘉祥3年3月21日〉)は、日本の第54代天皇(在位:833年3月22日天長10年2月28日〉- 850年5月4日〈嘉祥3年3月19日〉)。正良(まさら)。




  1. ^ 本朝皇胤紹運録』では第一皇子、『神皇正統記』・『椿葉記』では第二皇子とする。村田正志は同じ弘仁元年生まれとされている源信が、天皇よりも月日的に先に生まれたとする所伝があったと推測している(村田正志『村田正志著作集 第4巻證註椿葉記』(思文閣出版、1984年)P241)。
  2. ^ のち、無罪であるとされた。
  3. ^ 属籍を剥奪され出家。文徳天皇の治世に賄料が与えられるようになったがその後も冷遇され、天皇の薬の毒見役などをしていた。貞観8年(866年)に兄弟親王らの上奏により還俗したのちも「源」姓に復帰できず、「貞」姓を与えられた。
  4. ^ 有貞は文徳天皇治世の仁寿2年(852年)に中央に復帰。
  5. ^ 川尻秋生「陣定の成立」吉村武彦 編『日本古代の国家と王権・社会』塙書房、2014年 ISBN 978-4-8273-1268-3
  6. ^ 一説に『源氏物語』中の桐壺更衣のモデル


「仁明天皇」の続きの解説一覧



仁明天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仁明天皇」の関連用語

仁明天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



仁明天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2020.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2020 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仁明天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS