藤原基経とは?

ふじわらの もとつね ふぢはら- 【藤原基経】 ○

836~891平安前期廷臣通称、堀河太政大臣諡号しごう昭宣公叔父良房の養子となって宗家継ぎ陽成天皇摂政。のち天皇を廃して光孝天皇をたて、光孝天皇死後宇多天皇を擁して最初関白となった。「文徳実録」を撰修。 → 阿衡あこう事件

藤原基経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 09:45 UTC 版)

藤原 基経(ふじわら の もとつね)は、平安時代前期の公卿藤原北家中納言藤原長良の三男。




  1. ^ 北山茂夫『日本の歴史4 平安京』、中公文庫1973年、242頁
  2. ^ ただし、瀧波貞子は良房の意中の後継者は弟の良相であり、基経が後継者としての地位が確立したのは応天門の変で良房・良相の関係の亀裂が決定的になってからであるとする。瀧波は長良没後から応天門の変までの時期、良相の子常行が一貫して基経を上回る昇進を遂げている事を指摘する。瀧波貞子「陽成天皇廃位の真相」朧谷壽・山中章 編『平安京とその時代、思文閣出版、2009年、55-61頁
  3. ^ 佐々木宗雄『平安時代国制史の研究』、校倉書房2001年 18-26頁
  4. ^ 北山茂夫『日本の歴史4 平安京』、中公文庫、1973年、262-263頁
  5. ^ 河内祥輔『古代政治史における天皇制の論理』、吉川弘文館1986年、213-220頁
  6. ^ 瀧波貞子「陽成天皇廃位の真相」(朧谷壽・山中章 編『平安京とその時代』(思文閣出版、2009年 ISBN 978-4-7842-1497-6)所収)


「藤原基経」の続きの解説一覧



藤原基経と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「藤原基経」の関連用語

藤原基経のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



藤原基経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの藤原基経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS