蔵人とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 役職 > 蔵人 > 蔵人の意味・解説 

くらんど【蔵人】

《「くらうど」の音変化》「くろうど(蔵人)1」に同じ。


くろうど〔くらうど〕【人】

《「くらひと」の音変化

蔵人所(くろうどどころ)の職員。もと皇室文書道具類を管理する役であったが、蔵人所設置されて以後は、朝廷機密文書保管詔勅伝達宮中行事事務のすべてに関係するようになったくらんど

女蔵人(にょくろうど)」の略。


くら‐びと【蔵人】

酒蔵で働く人。杜氏のもとで働く職人


くらんど【蔵人】

〔名〕 =くろうど(蔵人)①

高野平家13C前)四「伊豆守、其比はいまだ衛府蔵人(クランド)でおはしけるが」


くろ‐うず くらうづ 【蔵人】

〔名〕 「くろうど(蔵人)」の変化した語。


くろ‐うど くらうど 【蔵人】

〔名〕

蔵人所(くろうどどころ)の職員大同五年(八一〇)三月蔵人の頭(とう)とともに令外(りょうげ)の官として設けられた。のち定員八名仁和四年(八八八)一一月、位階職掌連結させて五位のもの二名六位のもの六名分け叙留(位だけ上げ官職そのままにしておくこと)を認めずそれぞれ五位の蔵人」「六位の蔵人」と称する。また六位昇殿許されて蔵人にならない者を「非蔵人(ひくろうど)」とよぶ。院の御所摂関家にもこれにならって蔵人を設置した。なお江戸時代賀茂稲荷などの社家より召し出されて、宮中雑役奉仕したものも蔵人とよぶが、性質異にする唐名侍中くらんど。くらにん。くらひと

九暦九暦抄・天暦元年(947)正月二三日「内宴参内殿上装束頗違去六年例、仍示蔵人改」

宮中命婦(みょうぶ)に次ぐ地位女官雑事をつとめる。女蔵人(にょくろうど)。

宇津保(970‐999頃)吹上上「よきむすめ一人ありければ、内のくら人つかうまつりけるが」

奈良平安時代宮中諸寮司において、(くら)の管理をする者。倉人

*東文書寛平八年896二月五日山城国山田郷長解「山田郷長解 申売買百姓家地立券文事〈略〉保証刀禰〈略〉内蔵寮蔵人従七位下忌寸貞世」


くら‐ひと【倉人・蔵人】

〔名〕

官倉出納担当する人。古代の姓(かばね)の一つ

万葉(8C後)一九・四二四七・左注伝誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也」

② =くろうど(蔵人)①

源氏100114頃)桐壺大蔵卿くらひと仕うまつる」


蔵人

読み方:クロウド(kuroudo)

出納管理職掌とする下級官人

別名 倉人


蔵人

読み方:クランド(kurando)

所在 兵庫県宝塚市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

蔵人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 21:07 UTC 版)

蔵人(くろうど、藏人)は日本律令制下の令外官の一つ。天皇秘書的役割を果たした。唐名侍中(じちゅう)、夕郎(せきろう)、夕拝郎(せきはいろう)。蔵人所は事務を行う場所のことで、内裏校書殿の北部に置かれた。また、蔵人百官名或いは人名の一つでもあり、この場合は「くらんど」と読む。


  1. ^ a b c d e f 林大樹「近世蔵人頭に関する基礎的考察」國學院大学国史学会『国史学』217、2015年/改題所収:「近世の蔵人頭について」林『天皇近臣と近世の朝廷』(吉川弘文館、2021年) 2021年、P44-46.
  2. ^ 和田英松著、所功校訂『新訂 官職要解(講談社学術文庫)』(講談社1983年)212頁参照。
  3. ^ 樋口健太郎『中世摂関家の家と権力』(校倉書房、2011年)P114-115.


「蔵人」の続きの解説一覧



蔵人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蔵人」の関連用語

蔵人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蔵人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蔵人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS