上下関係とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 上下関係の意味・解説 

じょうげ‐かんけい〔ジヤウゲクワンケイ〕【上下関係】

読み方:じょうげかんけい

地位・身分年齢などの、上位の者と下位の者との関係。「身分的―」「―のはっきりした集団


上下関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/27 14:47 UTC 版)

上下関係(じょうげかんけい)とは、社会的な力が上のものと下のものとの関係である[1]。本項では、日本を中心とした東アジアにおける上下関係について解説する。


  1. ^ 広辞苑、第六版「上下関係」
  2. ^ 『機長の真実』 デヴィッド・ビーティー 講談社 2002年 228頁
  3. ^ 機長の権威が低すぎる(勾配が緩すぎる)と、決定を行い命令を下すという機長の権限を行使することができないが、機長の権威が高すぎる(勾配が急すぎる)と副機長らが萎縮して機長の判断ミスを訂正できなくなってしまう。
  4. ^ a b Blomberg 1994, p. 203.
  5. ^ a b c Kodansha 1994, p. 310.
  6. ^ a b Matsumoto 2005, pp. 1480–1481.
  7. ^ a b c d Davies & Ikeno 2002, p. 187.
  8. ^ Kopp 2010.
  9. ^ Panek 2006, p. 135.
  10. ^ Hassell 1983, p. 61.
  11. ^ Rubio, Brody & Castrogiovanni 2008, p. 37.
  12. ^ Brinton 2001, p. 159.
  13. ^ Davies & Ikeno 2002, p. 188.
  14. ^ Davies & Ikeno 2002, pp. 188–189.
  15. ^ a b c Davies & Ikeno 2002, p. 189.
  16. ^ a b c Matsuura & Porta Fuentes 2002, p. 261.
  17. ^ Matsuura & Porta Fuentes 2002, p. 262.
  18. ^ Matsuura & Porta Fuentes 2002, pp. 263–265.
  19. ^ Matsuura & Porta Fuentes 2002, pp. 115–116.
  20. ^ a b Sugimoto 2003, p. 132.
  21. ^ a b c d Davies & Ikeno 2002, p. 191.
  22. ^ Davies & Ikeno 2002, p. 192.
  23. ^ Lowry 2002, pp. 28, 122.
  24. ^ McVeigh 2015, pp. 220–224.


「上下関係」の続きの解説一覧

上下関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 07:47 UTC 版)

吉本興業ホールディングス」の記事における「上下関係」の解説

上下関係もお笑い事務所の中で厳しいとされる。「年齢何歳であろう先に入ったものが先輩」というルール根底にあり、中学生吉本興業入りしたりあるキッズに対して成人後輩が、「○○さん」および「○○兄さん」と呼ばなければならなかったというエピソードはたびたび島田紳助らにネタされている。ただし、時代とともに厳しい上下関係はきつくなくなってきており、後輩先輩に対して敬語を使う、「○○さん」および「○○兄さん」「○○姉さんと呼ぶくらいである。また、先輩後輩関係なく仲のいい芸人多くかつてはオール阪神・巨人のように仲の悪いコンビ少なからずいた)、年上後輩に「さん」付けするタレントも多いなど絶対ではない。その例として吉本入り遅かったエド・はるみ年下先輩年上後輩コンビであるパンクブーブーなどが挙げられるオール巨人チャーリー浜中田カウスなどのベテラン筆頭としたスパルタ教育根強く残っているが、現在はNSC出身タレントが多いため、実力はつけたとしても一線で活躍できないタレントがほとんどであり、現在でも師匠を持つタレントごくわずかとなっている(師匠持ちながらNSC入りする人もごくわずかだがいる)。他社との違いを示す顕著な例としておぎやはぎが「人力舎は上下関係が緩い。芸歴は上だけど年下アンタッチャブルにはタメ口話している」と話した際に宮迫博之は「吉本だったら考えられない」と述べている。

※この「上下関係」の解説は、「吉本興業ホールディングス」の解説の一部です。
「上下関係」を含む「吉本興業ホールディングス」の記事については、「吉本興業ホールディングス」の概要を参照ください。


上下関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 01:25 UTC 版)

全日本女子プロレス」の記事における「上下関係」の解説

後輩女子選手先輩女子選手得意技を、その先女子選手引退するまで使ってはいけない」という暗黙の了解があった。ブル中野は「その掟を知らなかったため(デビュー戦まで松永高司つきっきり指導しており、他の先輩と話す機会がほとんどなかったため)、デビュー戦先輩女子選手の技を多く繰り出してしまい、試合終了後先輩全員から制裁喰らったことがある」と当時回想して語っている。そのため、所属選手知恵を絞ってオリジナル技開発して、それが各所選手の個性になっていった。例外として1995年行われた豊田真奈美昭和62年組)対北斗晶昭和60年組)戦で豊田真奈美北斗晶得意技ノーザンライトボム」を2発喰らわ勝利したケースがある。また、引退する先輩女子選手自分の後継者指名するという意味合いもあって後輩女子選手自分の得意技を譲るということがあった。 毎年のように入団する女子選手がいた昭和60年代以降は入団年によって昭和平成xx年組と分けて呼称されていた入門希望者減少等が要因なりそういった呼称はあまり見られなくなった

※この「上下関係」の解説は、「全日本女子プロレス」の解説の一部です。
「上下関係」を含む「全日本女子プロレス」の記事については、「全日本女子プロレス」の概要を参照ください。


上下関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:27 UTC 版)

悪魔の実」の記事における「上下関係」の解説

同種の能力を持つ悪魔の実間には、上下関係がある場合がある。ただし、能力強さ能力者強さ一致するわけではない作中判明しているのは以下の4例。 マグマグの実>メラメラの実 トントンの実>キロキロの実 ヒエヒエの実>ユキユキの実 ブキブキの実>スパスパの実

※この「上下関係」の解説は、「悪魔の実」の解説の一部です。
「上下関係」を含む「悪魔の実」の記事については、「悪魔の実」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「上下関係」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「上下関係」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上下関係」の関連用語

上下関係のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



上下関係のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上下関係 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの吉本興業ホールディングス (改訂履歴)、全日本女子プロレス (改訂履歴)、悪魔の実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS