福利厚生とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 施設 > 福利厚生の意味・解説 

福利厚生

読み方:ふくりこうせい

幸福、利益、健康、豊かな生活などを表す語で、主に企業従業員に対して給与他に提供する制度サービスなどを総称した語。

福利厚生

福利厚生とは、会社員が働くことよって得られる 給与以外の援助サービスのことをいいます
福利厚生は2つ種類分かれており、1つ社会保険制度、 もう1つ企業ごとに独自に設けている制度というものがあります
企業独自に設けている福利厚生のわかりやすい事例としては、 社宅社員寮食堂住宅融資などです。
近年企業の福利厚生も多彩になっており、 新しい福利厚生のシステムとして「カフェテリアプラン」と呼ばれる 制度導入する企業増えてます。

福利厚生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 06:32 UTC 版)

福利厚生(ふくりこうせい、employee benefits)とは、企業従業員に対して通常の賃金給与にプラスして支給する非金銭報酬である[1] 。また多くの場合、企業の福利厚生の対象は従業員のみならず、その配偶者や家族、あるいはかつて従業員だった者にまで及ぶことがある。福利厚生は人事にとって重要な人事施策の一つとされている。福利厚生は従業員の待遇・生活に深く関係するため、福利厚生の改善で採用活動・エンゲージメント・定着率にも良い影響が期待できると言われる。


  1. ^ BLS Information”. Glossary. U.S. Bureau of Labor Statistics Division of Information Services (2008年2月28日). 2009年5月5日閲覧。
  2. ^ Abenity: What Does It Cost To Replace An Employee?


「福利厚生」の続きの解説一覧

福利厚生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/18 04:14 UTC 版)

日本脚本家連盟」の記事における「福利厚生」の解説

個人事業主である脚本家に対し健康保険損害保険生命保険共済制度などへの加入手続き紹介及び管理のほか、健康診断慶弔金連盟年金支給各種相談なども行っている

※この「福利厚生」の解説は、「日本脚本家連盟」の解説の一部です。
「福利厚生」を含む「日本脚本家連盟」の記事については、「日本脚本家連盟」の概要を参照ください。


福利厚生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 23:13 UTC 版)

日本郵政グループ労働組合」の記事における「福利厚生」の解説

旧2労組共済活動引き継ぐ形でJP共済生協がある他、(株)愛で損害保険共済事業取り扱っている。

※この「福利厚生」の解説は、「日本郵政グループ労働組合」の解説の一部です。
「福利厚生」を含む「日本郵政グループ労働組合」の記事については、「日本郵政グループ労働組合」の概要を参照ください。


福利厚生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 05:04 UTC 版)

手島精管」の記事における「福利厚生」の解説

女性管理職割合拡大注力育休介護看護休暇などの制度面も充実させる取り組みを始めプロジェクト多く発足し社内改善活動盛んに行っている近年は、年齢経験関係なく成果力量社員を評価する制度の導入などで、若い社員採用成功しかつては40代だった社員平均年齢36歳2019年12月現在)まで引き下げた社員食堂ランチ180円に設定するなど、ユニークな試み行っている

※この「福利厚生」の解説は、「手島精管」の解説の一部です。
「福利厚生」を含む「手島精管」の記事については、「手島精管」の概要を参照ください。


福利厚生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:34 UTC 版)

長崎大学」の記事における「福利厚生」の解説

長崎大学生協学生食堂文教経済学部医学部店 歯学部店 保健学科学生会館 国際交流会館留学生宿泊施設)- 西町坂本町の2カ所にある。

※この「福利厚生」の解説は、「長崎大学」の解説の一部です。
「福利厚生」を含む「長崎大学」の記事については、「長崎大学」の概要を参照ください。


福利厚生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 18:17 UTC 版)

学習院女子大学」の記事における「福利厚生」の解説

学校法人学習院には学習院系列校の学生生徒教職員に対する福利厚生と学園生活上の様々なサービス提供する学習院蓁々会」という部署がある。蓁々会会長は学習院長務め学食購買部書店などを経営している。このため大学生協はない。

※この「福利厚生」の解説は、「学習院女子大学」の解説の一部です。
「福利厚生」を含む「学習院女子大学」の記事については、「学習院女子大学」の概要を参照ください。


福利厚生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 08:56 UTC 版)

フランス外人部隊」の記事における「福利厚生」の解説

入隊から3年上が経過し税金滞納することなくフランス国取得申請手続き通ればフランス国籍を取得できる近年には、戦闘再起不能負傷をした者は契約満了待たずフランス国籍が与えられることになっている15年以上勤務すればフランス軍人の軍人年金受給資格を得ることができる。勤務年数階級によって受給額変わり階級高ければ高いほど、勤務年数多ければ多いほど、受給金額増していく)、除隊してからは母国戻った後も生涯に渡って受給できる。 フランス定住せず出身国戻った外国籍の元外人部隊構成員の福利厚生に関しては、各国所在するフランス大使館取り扱うことになっている

※この「福利厚生」の解説は、「フランス外人部隊」の解説の一部です。
「福利厚生」を含む「フランス外人部隊」の記事については、「フランス外人部隊」の概要を参照ください。


福利厚生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/01 14:04 UTC 版)

陸海空軍軍官士官服役条例」の記事における「福利厚生」の解説

福利厚生面で本条例と旧条例では大きな差異があり、戦士授田証等の福利厚生が廃止になった他、退職金恩給などの受給資格やその詳細に関して大幅な変更加えられた。

※この「福利厚生」の解説は、「陸海空軍軍官士官服役条例」の解説の一部です。
「福利厚生」を含む「陸海空軍軍官士官服役条例」の記事については、「陸海空軍軍官士官服役条例」の概要を参照ください。


福利厚生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/02 09:43 UTC 版)

王子製紙苫小牧工場」の記事における「福利厚生」の解説

福祉厚生施設設置目的労働再生産であるが、社員確保側面もあった。工場建設時から迎賓館王子倶楽部)や仮事務所病院王子総合病院前身)を開設し1910年明治43年)の工場操業時には職員に対して寮、配給所、共同浴場といった日常的な施設整備した一方職工に対して運動会演劇などソフト面賄われハード面整備遅れた1915年大正4年)には娯楽施設の「王子娯楽場」が開場している(1982年閉場)。昭和になると野球場武道場といった体育施設設置しており、1937年昭和12年)には大規模なスケートリンク整備した1956年昭和31年)に屋内体育施設の「王子スポーツセンター」(後の王子製紙スケートセンター)が完成したが、施設の老朽化によって2012年閉鎖した1968年昭和43年開館の「成志会館」は成志倶楽部流れ引き継いでおり、約100人収容ホール宿泊施設があった(1999年閉館)。これら施設多く一定期間経て一般利用することができたため、苫小牧地域経済にも寄与した関連施設 社宅 北光秀峰道場 王子神社迎賓館 王子倶楽部 クラブ活動 レッドイーグルス北海道

※この「福利厚生」の解説は、「王子製紙苫小牧工場」の解説の一部です。
「福利厚生」を含む「王子製紙苫小牧工場」の記事については、「王子製紙苫小牧工場」の概要を参照ください。


福利厚生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/20 15:34 UTC 版)

郵政産業労働者ユニオン」の記事における「福利厚生」の解説

組合員相互扶助の一環として、共済事業取り扱っている。組合員であれば誰でも加入可能としている。

※この「福利厚生」の解説は、「郵政産業労働者ユニオン」の解説の一部です。
「福利厚生」を含む「郵政産業労働者ユニオン」の記事については、「郵政産業労働者ユニオン」の概要を参照ください。


福利厚生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 08:33 UTC 版)

ブロードエンタープライズ」の記事における「福利厚生」の解説

社員本人配偶者子息医療費助成している。2013年現在で、独身者3万円既婚者4万円子供のいる家庭では6万円年間限度額とし全額助成実施している。人事部によれば医療費助成によって、社員のほぼ全員インフルエンザ予防接種を受けるようになり2012年インフルエンザ病欠者は1名に止まり生産効率の向上につながった助成制度を評価するまた、社員要望からペット大切な家族の一員見なし動物病院受診した際の医療費までも助成おこなっている。

※この「福利厚生」の解説は、「ブロードエンタープライズ」の解説の一部です。
「福利厚生」を含む「ブロードエンタープライズ」の記事については、「ブロードエンタープライズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「福利厚生」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「福利厚生」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



福利厚生と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「福利厚生」の関連用語

福利厚生のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



福利厚生のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2023 Net Markers.Inc all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福利厚生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本脚本家連盟 (改訂履歴)、日本郵政グループ労働組合 (改訂履歴)、手島精管 (改訂履歴)、長崎大学 (改訂履歴)、学習院女子大学 (改訂履歴)、フランス外人部隊 (改訂履歴)、陸海空軍軍官士官服役条例 (改訂履歴)、王子製紙苫小牧工場 (改訂履歴)、郵政産業労働者ユニオン (改訂履歴)、ブロードエンタープライズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS