キャリア・コンサルタントとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > コンサルタント > キャリア・コンサルタントの意味・解説 

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは、 自分はどんな仕事向いているのか? 自分経験スキルどのように評価されるのか? 仕事適性にかなっているのかなどを助言アドバイスしてくれる専門家
働き手興味関心能力価値観などを引き出し活用していくことを目的として、個人キャリア形成支援行います。
国内雇用環境労働環境大きく変化している現代において、 人と仕事を適切に結びつけることのできるキャリアコンサルタントが求められています。
キャリアコンサルタントは人材紹介会社人材派遣会社などの人材ビジネス手掛ける会社多く在籍しており、 一般人材紹介会社では転職支援目的無料相談にのってもらうことができます。 キャリアコンサルタントは今後企業内の人事、労務部門などでの活躍期待されています。

キャリア・コンサルタント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 14:35 UTC 版)

キャリアコンサルタントとは、学生、求職者、在職者等を対象に職業選択や能力開発に関する相談・助言を行う専門職である。2016年4月に職業能力開発促進法にキャリアコンサルタントが規定され、国家資格となる。キャリアコンサルタントは名称独占資格であり、キャリアコンサルタントでない者は「キャリアコンサルタント」又はこれに紛らわしい名称を用いることができない[1]。キャリア・カウンセラー、キャリア・アドバイザーと名乗る者もいる。主な業務として、就職希望者や労働者を対象に、職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談を行う。この相談のことをキャリアコンサルティングという。[2]




  1. ^ a b キャリアコンサルタントWebサイト|厚生労働省」2018年1月24日閲覧。
  2. ^ キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント |厚生労働省」2018年1月24日閲覧。
  3. ^ キャリアコンサルタントになりたい | 特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会」2018年1月24日閲覧。
  4. ^ a b キャリア・コンサルティングに関する実態調査結果報告書(キャリア・コンサルティング協議会、2007年3月)
  5. ^ キャリア・コンサルタント制度のあり方に関する検討会概要(厚生労働省)
  6. ^ キャリア・コンサルティング技能検定の試験機関として2008年9月に厚生労働省に認定された。
  7. ^ 当協議会がキャリア・コンサルティング技能検定の指定試験機関として指定されました(非営利活動法人キャリア・コンサルティング協議会)
  8. ^ 2008年12月21日に、第1回「2級キャリア・コンサルティング技能検定」の学科試験と実技試験(論述)が実施された。実技試験(面接)は2009年1月より順次行われる予定である。
  9. ^ 受検案内(非営利活動法人キャリア・コンサルティング協議会)
  10. ^ LL300207開キ01」2018年5月27日閲覧。
  11. ^ ジョブ・カード講習案内」2018年5月27日閲覧。
  12. ^ (社)日本産業カウンセラー協会発行「産業カウンセリング」7・8月合併号「産業カウンセリング岡山大会」パネルディスカッションにおける発言要録
  13. ^ キャリア・コンサルティングに関する実態調査結果報告書付属資料(キャリア・コンサルティング協議会、2007年3月)


「キャリア・コンサルタント」の続きの解説一覧



キャリア・コンサルタントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャリア・コンサルタント」の関連用語

キャリア・コンサルタントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キャリア・コンサルタントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2019 Net Markers.Inc all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャリア・コンサルタント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS