スキルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > スキル > スキルの意味・解説 

スキル

英語:skill

スキル(英: skill)とは、「技能技術的な能力)」を意味する語であり、とりわけ訓練学習によって培われた高度な能力」を指す意味で用いられる表現身体的能力駆使する技術・能力の他、いわゆるコミュニケーション能力や、知識教養なども、「スキル」として扱われることが多々ある

「スキル」類似表現・言い換え表現

「スキル」は、文脈にもよるが、「技能」「手腕」「技術」「能力」「技量」などの語彙言い換えられる。特に「技能」は skill訳語として扱われることも多い。

ただし、「技能」は「身体的能力駆使する技術・能力という意味合い色濃い。「スキル」はその限りではない。この点において「スキル」と「技能」は完全に一致する概念と言いがたい

「スキル」の具体的な用法

「スキル」という言葉基本的に何に関するスキルか」を明示する形で用いられる。「会話-の-スキル」といった表現と取ることも多いが、「ビジネススキル」「コミュニケーションスキル」という風に名詞結合して用いられる場合が多い。

「スキル」の具体的な内容は、分野によって大きく異なる。同じ分野でも、どこからどこまで範囲を「スキル」として念頭に置くかは、文脈によって大きく異なる

たとえばビジネスシーンにおけるスキル(=ビジネススキル)は、業務の遂行必要な資格語学力PCなどの端末各種ツール駆使できる知識、および、コミュニケーション能力ビジネスマナーに関する教養自己管理能力、などを指すことが多い。

ゲームにおける「スキル」は、ゲーム中のキャラクター使用できる特殊能力を指す場合が多い。ゲームプレイする人(プレイヤー)の熟達度合いゲーム操作巧みさは「プレーヤースキル(PS)」と呼ばれることがある

「ITスキル」といえばコンピュータインターネット扱い長けている情報リテラシーが高い)、あるいは、プログラミングサービス運用について造詣が深いさまを指す場合が多い。

その他の関連語彙

なお「スキルアップ」は和製英語である。

例文


スキル

英語:skill

「スキル」とは・「スキル」の意味

「スキル」とは・「スキル」の意味は、主に人が獲得可能な技術的能力を指す。何かを行うための能力指し学びや訓練によって人が身に付け高度な能力技能だ。このため、人が生まれつき持っていた才能能力をスキルとは呼ばない。「身長高く高所手が届く」状態をスキルとは呼ばないが、「高身長人物バスケットボール習得しシュート高確率決められる能力はスキルと呼ぶ。ただし、乳幼児障害を持つ人に対して使われる場合高度な技能要さない食事歩行どの日動作対人行動などもスキルとして語られる場合は多い。

また、ビジネスなどで求められる交渉力コミュニケーション能力のほか、インターネット使いこなすための知識などもスキルの種類含まれる加えて仕事円滑に遂行するための語学力資格パソコンタブレットなどの各種ツール巧みに扱う技術知識ビジネスマナー自己管理能力もスキルと呼ばれる能力だ。ゲームでもスキルが用いられる場合多く、主にゲームキャラクター使用する特殊能力ゲーム操作するプレイヤー技量表現する場合使われる一般的に「スキル」は、何の能力か、何に関したスキルなのかを表現する形で使われ、「○○のスキル」や、名詞と「スキル」を結合させて「○○スキル」などと使われている。

「スキル」の熟語・言い回し

ビジネス学習など幅広いジャンル良く使われる「スキル」の熟語言い回し紹介する

#「スキルアップ」とは
学習訓練研修などを受け、今ある自分の能力腕前高めたり新し能力技術獲得したりするなどがスキルアップである。主に「skill up」は国内使われる言葉で和製英語のため英会話では使えないスキルアップ言い回しは、「ビジネススキルアップを図るために、動画サイト情報集めている」「スキルアップのために英会話スクール通学し始めた」「スキルアップするための努力能力まだ足りない分かった」「昇給条件昨シーズンよりもスキルアップすることだった」「将来的に選択肢増やすためにもスキルアップした方が良い」などがある。

#「スキルを高める」とは
「スキルを高める」の同義語スキルアップがある。目的のためや、より理想的な立場になるために能力を更に伸ばす腕前今より上げる、修練を積むための行動などの意味だ。また、高める」には程度低かった物事高くする意味がある。「スキルを高める」の言い回しは「目的を達成するために、私たちはスキルを高める必要があった」「小説家になるために、破綻なくストーリー構成するスキルを高めつもりだ」「良い医療を行うためには豊富な知識だけでなく、コミュニケーションスキル高めるのが大切だ」「オープンスキルを高めるために、サッカー実戦形式練習するべきだ」などがある。

#「スキルを身に着ける」とは
「身に付(着)ける」には、技術知識習慣自分のものにする、体得するなどの意味がある。「スキルを身に着ける」は、今はないスキルを獲得する場合使われる場合が多い。「スキルを身に着ける」の言い回しは、「営業職配属されたため、コミュニケーションスキル身に着ける必要がある」「人材育成では大学大学院基礎知識着け企業内訓練実践的スキルを身に着けるのが一般的と言われた時代もあった」「ゲームプログラマーは常に考え癖をつけるのが、思考スキルを身に着けるために重要だ」「ゲームエンジニアになるためには、自分作成したゲーム適したスキルを身に着けるのが近道だ」「子供ソーシャルスキル身に着けるには、学校などの集団生活習得するのが効果的である」などがある。

#「スキルを磨く」とは
「磨く」には、物体表面研ぎ滑らかにする意味のほかに、努力によって芸や学問などを今より上達させるなどの意味もある。「スキルを磨く」の意味修練を積む行動や、能力開発するなどの意味だ。また、スキルアップ同義語でもある実力を更に養ったり、より実力を磨くなどのニュアンスで使われる場合が多い。「スキルを磨く」の言い回しは、「今以上にスキルを磨くと意気込んでいる」「ビジネスシーン重要視されている交渉スキルを磨くのが重要だ」「実戦力となる捜査官になるため、今から取り調べのスキルを磨く」「リモートワーク増えたため、ライティングスキルを磨くためのアプリ学びたい」「部下実力発揮させるために、管理職がフィードバックスキルを磨くのも大切である」などがある。

「スキル」の使い方・例文

「スキル」の使い方例文ジャンル別紹介する

#一般的な「スキル」の使い方例文
実戦知識双方があってスキルは習得できるものである」「今からでも何らかのスキルを持てば安定した将来待っているかもしれない」「スキルが高い人は、周囲より努力していると感じる」「スキルを習得するつもりがないなら、現実厳しいだろう」「いつか何か役に立つかもしれないから、○○のスキルだけは持っておこう」「日々スキルを獲得するために勉強していたため、思ったより早く成長できた」「結果見てスキルは裏切らないと、心から思った

「スキルを鍛えて来たから、今の自分があると自信を持って言える」「スキルが大切なは分かっているが、時間追われて学ぶ余裕がない」「このスキルだけは他の人よりもレベルが高い宣言できる」「スキル不足ではないはずなのに、上手く行かないケース少なくはない」「年齢の割に、たくさんのスキルを持っていて驚きだ」

#ビジネス見られる「スキル」の使い方例文
「スキルフルな働き方が、周囲の信頼得ている理由だ」「スキル条件クリアできずに、就職試験難しくなった」「適切な業務遂行には、テクニカルスキルの高さが必要だった」「作成したスキルマップで幹部候補生選択する」「高いコンセプチュアルスキルを持つ人は、根拠を重視し目的思考物事を常に考えている」「IT人材ではヒューマンスキルが特に要求される」「目的達成のため、分析管理をし、集団活動維持促進を図るためにはマネジメントスキルが不可欠である」「即戦力求められる転職では、入社後教育不要な程度PCスキルが求められるケースは多い」「新しいスキルを習得しないと、○○プロジェクト参加難しくなる

#ゲーム見られる「スキル」の使い方例文
ゲームのステージクリアするために、○○キャラクターのスキルでトドメをさすのが一番だ」「プレイスキルを向上させるパーティー知りたい」「ゲームスキルが低いせいで、オンラインゲーム参加する自信がない」「スキルレーティングでプレイヤー能力マッチングされるため、初心者プレッシャー少なくなった」「最新の試合受けた命中率や、キル率、ダメージでスキルマッチが決定される」「オレンジ色のアイコンはスキルの表示だ」

#スポーツ見られる「スキル」の使い方例文
有意義なレッスン実践すると、スポーツスキル向上につながるだろう」「水泳スキルの基本リラックスであり、泳ぐ時に力を入れないのが初心者には大切だ」「バレーボールのスパイクスキルを鍛えるために、まずはトス高く打ちこなす能力必要になる」「憧れ選手がするポーズ真似し続けていても、野球のスキルは上がらない」「スケートボード転び方も初心者大切なスキルだ」


スキル【skill】


スキル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/31 08:10 UTC 版)

スキル英語: skill)とは通常、教養訓練を通して獲得した能力のことである。日本語では技能と呼ばれることもある。生まれ持った才能に技術をプラスして磨きあげたもの、たとえば音楽家作曲能力なども含む。


  1. ^ 広辞苑第五版、新村出
  2. ^ 『最新スポーツ科学事典』、日本体育学会
  3. ^ Surry Skill-Up - Surry Community College” (英語). 2021年7月4日閲覧。 “「サリー・スキルアップ」の目的は労働者を再訓練し、市場価値の高いスキルを身につけて、素早く労働力(市場)に(再)参入できるようにすることです”
  4. ^ Safety, Competency and Commitment: Competency Guidelines for Safety-Related System Practitioners http://www.amazon.com/dp/085296787X
  5. ^ 『スーパー大辞林』(三省堂
  6. ^ a b MD, Claire McCarthy (2021年10月25日). “Skills children need to succeed in life––and getting youngsters started” (英語). Harvard Health. 2021年10月26日閲覧。


「スキル」の続きの解説一覧

スキル(技術)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 06:31 UTC 版)

マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合」の記事における「スキル(技術)」の解説

魔力用いた技のことであり、人間のほかにも魔獣にも上位種になると所持している種がある。スキルは受動的に発現する能力技術能動的に発する能力として分けられている。

※この「スキル(技術)」の解説は、「マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合」の解説の一部です。
「スキル(技術)」を含む「マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合」の記事については、「マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合」の概要を参照ください。


スキル (Skill)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 02:25 UTC 版)

マッキンゼーの7S」の記事における「スキル (Skill)」の解説

社員企業持っている特定の能力おこなっているビジネス重要で、しかも競合他社にないスキルがあれば、競争優位確立することができる。

※この「スキル (Skill)」の解説は、「マッキンゼーの7S」の解説の一部です。
「スキル (Skill)」を含む「マッキンゼーの7S」の記事については、「マッキンゼーの7S」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スキル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スキル

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:10 UTC 版)

名詞

スキル

  1. 熟練熟練した技能技術手練、技。腕前
  2. 訓練して得た能力

語源

英語 skill

翻訳

関連語


「スキル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



スキルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スキル」の関連用語

スキルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スキルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2023 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスキル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのマヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合 (改訂履歴)、マッキンゼーの7S (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスキル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS