アプリケーションソフトウェアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > ソフトウェア > アプリケーションソフトウェアの意味・解説 

アプリケーション‐ソフトウエア【application software】

読み方:あぷりけーしょんそふとうえあ

アプリケーションソフト」に同じ。


アプリケーションソフト

別名:アプリケーションソフトウェア,アプリケーションプログラムアプリケーションアプリ応用ソフト
【英】Application Software, Application Program

アプリケーションソフトとは、ソフトウェアの分類のうち、特定の作業を行うために使用されるソフトウェア総称である。

アプリケーションソフトは、しばしばOSオペレーティングシステム)との対比において用いられるOSパソコン動作するための土台となる機能提供するものであり、OS上でアプリケーションソフトを動作させることで目的応じた作業を行うことが可能になる

アプリケーションソフトの例としては、文書を作成するためのワープロソフト、表を作成するための表計算ソフト電子メールやり取りするための電子メールソフトメーラー)、プレゼンテーション資料作成するためのプレゼンテーションソフト画像作成するためのドローソフトペイントソフト写真編集するためのフォトレタッチソフト音楽データ再生するための音楽ソフト、その他会計ソフト家計簿ソフト年賀状ソフトなどがある。

特定の目的実行するソフトウェアの中でも、特定の機能の追加設定変更といった限定的な目的のために用いられるソフトウェアは、特にユーティリティソフトなどと呼ばれている。また、特定の仕事を行うために用いられるソフトウェアありながら、より中核的な業務理を行うためにOS他のアプリケーションソフトの中間的な理を行うものはミドルウェア周辺機器制御のために用いられるものはドライバデバイスドライバ)などと呼ばれている。

また、Webブラウザを通じクライアントからのリクエストネットワーク上のサーバ処理しサーバ処理結果返すことでクライアント動的な機能提供しているWebコンテンツを、特にWebアプリケーションと呼ぶことがあるWebアプリケーションとの対比で、クライアントパソコン上で動作しているアプリケーションソフトがデスクトップアプリケーション呼ばれることもある。

「IT用語辞典バイナリ」の他の用語
ソフトウェア:  アクセス権  アクセラレータ  アップデート  アプリケーションソフト  エンタープライズ版  移植  イースターエッグ

アプリケーションソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 10:34 UTC 版)

アプリケーションソフトウェア: application software、最近は略すとapp(s)(アップ))は、ある特定の機能や目的のために開発・使用されるソフトウェア[1][2]で、コンピュータの操作自体のためのものではないもの[2]。たとえば、ワープロソフト表計算ソフトウェア、イラスト作成(お絵かき)用ソフトウェア、写真加工用ソフトウェアなど。 アプリケーションと(2番目の語を省略して)も呼ばれ[1]、特にスマホの普及した2010年代以降ではアプリと略され、スマホ画面上のアイコンとともに認識されることも多い[1]。「アプリケーション」は「応用」という意味なので日本語では「応用ソフト」とも呼ぶ[1](が、最近はかなり使用頻度が減った)。アプリケーションプログラム(応用プログラム)ともいい、コンピュータ・プログラムの一種である。


  1. ^ a b c d IT用語辞典
  2. ^ a b Lexico, application software
  3. ^ [1]
  4. ^ Ceruzzi, Paul E. (1998). A History of Modern Computing. Cambridge, Mass.: MIT Press. ISBN 0262032554.
  5. ^ [2]
  6. ^ [3]
  7. ^ MS
  8. ^ シャープのAQUOS R compactのアプリのリスト、ソフトバンク社によるもの



アプリケーションソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 19:45 UTC 版)

EDSAC」の記事における「アプリケーションソフトウェア」の解説

サブルーチン概念からライブラリができるようになった1951年には次のような分野87サブルーチン広く使われていた。 浮動小数点演算複素数演算 除算べき乗 各種関数三角関数など) 微分方程式 冪級数 対数 印字レイアウト 数値積分 入力 反復処理do-while文while文for文ベクトル行列

※この「アプリケーションソフトウェア」の解説は、「EDSAC」の解説の一部です。
「アプリケーションソフトウェア」を含む「EDSAC」の記事については、「EDSAC」の概要を参照ください。


アプリケーションソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 20:31 UTC 版)

iOS (アップル)」の記事における「アプリケーションソフトウェア」の解説

iPhone/iPod touch/iPad 用のサードパーティーアプリケーションは、App Store経由配布販売されている。 当初はセキュリティ上の理由から、Webベースアプリケーションのみが認められていた。しかし、2008年6月からは開発者にネイティブアプリケーションソフトウェア開発キットiPhone SDK)が提供されiPhone 3G発売同年7月と同時にApp Store経由でのサードパーティアプリケーション配布開始された。 iPhone当初より、外部からのアプリのインストール禁止されている。 これはアプリケーションプライバシーセキュリティコンテンツに関する高い基準確実に満たすように設定されているが、これはAppStoreガイドライン違反するアプリ排除にもなっている。 なおこれらはAdHoc配信等のデベロッパによるテストエンタープライズApp脱獄(Jailbreak)、署名悪用した認可ストア(AltStore等)によって回避することが可能である

※この「アプリケーションソフトウェア」の解説は、「iOS (アップル)」の解説の一部です。
「アプリケーションソフトウェア」を含む「iOS (アップル)」の記事については、「iOS (アップル)」の概要を参照ください。


アプリケーションソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 22:24 UTC 版)

TRS-80」の記事における「アプリケーションソフトウェア」の解説

TRS-80には無料でブラックジャックバックギャモン同梱されていた。また、ラジオシャックから給与計算家計簿教育ソフトなどがカセット発売された:3。パックマンギャラクシアンといったアーケードゲーム無許可で移植し販売する個人プログラマ企業多数存在したアドベンチャーゲームゾークなどは、他のホームコンピュータから移植された。TRS-80発祥ゲームCosmic FighterDefence Command など多数存在するDancing Demonゲームというよりも実験的なエンターテインメントソフトである。 オフィスアプリケーションとしては、VisiCalcなどの表計算ソフトElectric Pencil英語版)やScripsit(英語版)といったワープロソフトがある。 TRS-DOSベース電子掲示板システムとして On-Line 80 BBS開発された。 TRS-DOSはOSとして貧弱だったため、代替OS市場生まれた。NewDOS、DoubleDOS、DOSPlus、LDOS、NEWDOS/80、UltraDOS(Multidos)、VTOS などがある。 Z80使ったマシンでは、ビジネス用途標準OSとしてCP/M普及しTRS-80同様である。しかし、Model I はビデオメモリ配置問題があり、CP/Mがほとんど役に立たなかった。つまり、CP/MソフトウェアModel I で動作させるには修正必要だった

※この「アプリケーションソフトウェア」の解説は、「TRS-80」の解説の一部です。
「アプリケーションソフトウェア」を含む「TRS-80」の記事については、「TRS-80」の概要を参照ください。


アプリケーションソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 21:07 UTC 版)

コンピューティング」の記事における「アプリケーションソフトウェア」の解説

詳細は「アプリケーションソフトウェア」を参照 アプリケーションソフトウェアはユーザー特定の仕事支援するよう設計されソフトウェアである。例えば、企業アプリケーション会計ソフトウェアオフィススイートグラフィックソフトウェアメディアプレーヤーなどがある。多くのアプリケーションは主に文書を扱う。近年ではコンピュータシステムソフトウェアだけでなく、アプリケーションソフトウェアもプレイントールされていることも多い。単独で販売される。 アプリケーションソフトウェアに対してコンピュータ自身の資源管理などといった、特定の応用目的以外の仕事を行うソフトウェアシステムソフトウェアと言う他の分野にたとえるとわかりやすい例えば、ショッピングモール買い物客探している商品直接提供することはないが、小売店スペースサービス提供し小売店買い物客商品提供する鉄橋鉄道線路支持し川の上列車通行できるようにする。それによって旅客輸送できる。 アプリケーションソフトウェアは、特定のコンピューティングプラットフォームシステムソフトウェア特定の目的を果たすのに使われるMicrosoft Office などのアプリケーションは、いくつかの異なプラットフォーム動作するバージョンがある。特定のプラットフォームでのみ動作するアプリケーションは、Windows用地理情報アプリケーションAndroid教育アプリケーションLinuxゲームなど呼ばれる。 アプリケーションソフトウェアをアプリケーションと略すこともあるが、正しくは「アプリケーションソフトウェアで出来ること」が「アプリケーション」である(たとえば「ワープロソフト」と「ワードプロセッシング」の関係を考えればよい)。特定のプラットフォームでしか使えない人気アプリケーション登場すると、そのプラットフォーム自体人気が高まるそのようなアプリケーションキラーアプリと呼ぶ日本語では「アプリケーションソフトウェア」を「応用ソフト」と訳した成り行きからシステムソフトウェアにあたるものが「基本ソフト」などともされるが、一部マスメディアオペレーティングシステム言い換え語として「オペレーティングシステム (基本ソフト)」などとしている。オペレーティングシステムとアプリケーションソフトウェアの間にミドルウェア」が入る場合もある。

※この「アプリケーションソフトウェア」の解説は、「コンピューティング」の解説の一部です。
「アプリケーションソフトウェア」を含む「コンピューティング」の記事については、「コンピューティング」の概要を参照ください。


アプリケーションソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 05:38 UTC 版)

iOS」の記事における「アプリケーションソフトウェア」の解説

iPhone/iPod touch/iPad 用のサードパーティーアプリケーションは、App Store経由配布販売されている。 当初はセキュリティ上の理由から、Webベースアプリケーションのみが認められていた。しかし、2008年6月からは開発者にネイティブアプリケーションソフトウェア開発キットiPhone SDK)が提供されiPhone 3G発売同年7月と同時にApp Store経由でのサードパーティアプリケーション配布開始された。 App Store配信されるアプリケーションは、プライバシーセキュリティコンテンツに関する高い基準確実に満たすことが必要とされているが、これらを満たさない場合AppStoreガイドライン違反するとして当該アプリ排除する方針になることが多々ある

※この「アプリケーションソフトウェア」の解説は、「iOS」の解説の一部です。
「アプリケーションソフトウェア」を含む「iOS」の記事については、「iOS」の概要を参照ください。


アプリケーションソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 02:02 UTC 版)

パーソナルコンピュータ」の記事における「アプリケーションソフトウェア」の解説

詳細は「アプリケーションソフトウェア」を参照 普通の人々インターネット上検索エンジン情報検索したり、あるいは各企業サービス公式サイト各種登録を行ったりネットショッピング行ったりwebメール送受信するためにはWebブラウザ使われており、さまざまなアプリケーションソフトの中で使われる頻度高くなっている(最近はさまざまな便利なクラウドサービス増えているのでブラウザ使われる頻度が特に高くなっている)。事務作業用のソフトウェア近年ではプロダクティビティ・ソフトウェアと呼ばれるようになってきており、たとえばワープロ表計算データベースなどやこれらをパッケージ化したオフィススイートなどがある。それ以外にも、ペイントソフト写真加工ソフトなどはきわめて一般的で、さらに映像動画編集ソフト、オーサリングツール使用ユーザ次第増えている。ほかにもゲーム好きな人々はゲームソフト高頻度使用しているコンピュータエンジニアなどはターミナルソフトen:Terminal emulator)を多用しシステム開発を行うエンジニアプログラミングツール統合開発環境コンパイラなど)を多用するいずれも 無償のもの / 有償のもの の両方があり、無償のものにはオープンソースなどライセンス従えば無償でも利用できるものがある近年ではインターネット経由無償ダウンロードできるものも多い。またオペレーティングシステム標準含まれているものもある。そのほか特定の業種だけで使うソフトや特定の職種だけが使うきわめて特殊なソフトもある(こちらは多く有償で、相当の価格設定されていることが多くなかにはかなりの費用をかけて)特注制作するものもありユーザ一社だけあるいはひとりだけという場合もある)。

※この「アプリケーションソフトウェア」の解説は、「パーソナルコンピュータ」の解説の一部です。
「アプリケーションソフトウェア」を含む「パーソナルコンピュータ」の記事については、「パーソナルコンピュータ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アプリケーションソフトウェア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アプリケーション・ソフトウェア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アプリケーションソフトウェアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アプリケーションソフトウェアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アプリケーションソフトウェアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアプリケーションソフトの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアプリケーションソフトウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのEDSAC (改訂履歴)、iOS (アップル) (改訂履歴)、TRS-80 (改訂履歴)、コンピューティング (改訂履歴)、iOS (改訂履歴)、パーソナルコンピュータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS