ユーティリティソフトとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > ソフト > ユーティリティソフトの意味・解説 

ユーティリティソフト

【英】utility software

ユーティリティソフトとは、OSアプリケーション機能操作性改善・向上するためのソフトウェア総称である。ツール呼ばれることもある。

ファイル圧縮メモリー管理コンピュータウイルス駆除スクリーンセーバーなど、用途ごとに様々なユーティリティソフトが存在し、その多くOS機能使いづらい部分改善に用いられる。ユーティリティソフトの機能取り込まれることでOS機能強化されてゆく。

ユーティリティソフトにはOSにあらかじめ付属するものや、あるいは市販されているものもある。

ソフトウェアのほかの用語一覧
アプリケーションソフト:  スプラッシュ画面  デスクトップアプリケーション  Webアプリケーション  ユーティリティソフト
オープンソース:  オープンソース  フリーソフトウェア財団
オフィスソフト:  アンインストール

ユーティリティソフトウェア

(ユーティリティソフト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/28 00:57 UTC 版)

ユーティリティソフトウェアとはコンピュータ上で機能する、補助的な機能を提供するソフトウェアの総称である。ツールソフトウェアや単にユーティリティとも。




「ユーティリティソフトウェア」の続きの解説一覧



ユーティリティソフトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユーティリティソフト」の関連用語

ユーティリティソフトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ユーティリティソフトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリユーティリティソフトの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユーティリティソフトウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS