ブラウン管とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気 > 電子管 > ブラウン管の意味・解説 

ブラウン‐かん〔‐クワン〕【ブラウン管】


CRT(ブラウン管) cathode ray tube,Braun tube


ブラウン管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 04:40 UTC 版)

ブラウン管(ブラウンかん)は、電子銃から放出された電子ビーム蛍光面に照射し、発光させて図像を表示する、陰極線管(cathode-ray tube, CRT)と呼ばれる種類の真空管を応用した装置である。名称は、発明者であるドイツカール・フェルディナント・ブラウンに由来する。




「ブラウン管」の続きの解説一覧

ブラウン管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 17:14 UTC 版)

テレビ受像機」の記事における「ブラウン管」の解説

テレビ放送初期からの長年実績があり、コストが安いことから家庭用業務用ともに最も多く生産され車載用5インチ程度小型から、一般用29インチ程度まであるが、構造的に重量となって持ち運びにも負担がかかり、画面大型化が困難(最大で36インチ程度)という弱点がある

※この「ブラウン管」の解説は、「テレビ受像機」の解説の一部です。
「ブラウン管」を含む「テレビ受像機」の記事については、「テレビ受像機」の概要を参照ください。


ブラウン管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/14 00:21 UTC 版)

リアプロジェクションテレビ」の記事における「ブラウン管」の解説

古来から使われていた方式。古くカラーテレビ拡大しただけの1管方式もあったが、その後モノクロのブラウン管3玉にそれぞれ赤、青、緑のカラーフィルタ付けて投影する3管方式主流になった

※この「ブラウン管」の解説は、「リアプロジェクションテレビ」の解説の一部です。
「ブラウン管」を含む「リアプロジェクションテレビ」の記事については、「リアプロジェクションテレビ」の概要を参照ください。


ブラウン管 (CRT)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 03:09 UTC 版)

リフレッシュレート」の記事における「ブラウン管 (CRT)」の解説

人間の目には残像が残る。ブラウン管などのディスプレイ装置はこれを利用して画面表示している。もしリフレッシュレートが 1Hz のように低かった場合人間の目に見えるものはブラウン管上を1秒周期上下する輝点だけである。このリフレッシュレートを 50Hz や 100Hz といった高い値にすると、輝点残像残っている間に再び次の周期輝点表示されるので、結果として線や面が輝点集合として表示されているように見えることになる。これが人間画面上に見る画像となる。 リフレッシュレートが低いと画面ちらついて見え逆に高いとちらつき減少し見やすく動画映像)はよりなめらかに見える。リフレッシュレートが低いことで起きちらつきは、人によっては頭痛嘔吐感疲労目の疲れ)などを引き起こすことがあるので注意する必要があるまた、ちらつき少なくても長時間ディスプレイを見つづけることで同じような症状引き起こしうるので、作業姿勢ディスプレイ明るさなどの適切な調整などが勧められている(VDT作業VDT症候群などを参照)。 なお、リフレッシュレートには、各装置においてそれ自体の上限があり、さらに、画面解像度と、水平同期周波数・ドットクロックの各上限組合せから来る上限がある。それ以上に高くすると、表示自体ができなくなるので可能な範囲で表示されることを確認しながら高く設定するとよい(一般に70~75Hz以上が勧められている)。 製図用の専門ディスプレイレーダー医療機器など長時間見る必要のある物は、このような原因で起こちらつき目の疲労防止するため、蛍光体残光長く残る、長残光タイプのブラウン管を使用しているカメラでブラウン管を撮影すると、たいていは帯状に、映っていない部分あったり輝度ムラ生じたりする。これはラスタースキャンのために起こる。 写真スチル写真の場合、リフレッシュレート(の逆数更新間隔)より露光時間すなわちシャッター速度短時間であった場合帯状映らない部分ができ、少し長い程度の場合もムラができる。更新間隔に対しシャッター速度十分に落とすことによってムラ十分にわずかになり解決できるが、動画では困るしスローシャッターにともなう注意を要するビデオカメラの場合、ブラウン管とカメラ両者リフレッシュレート同期していないと、黒い、あるいは輝度ムラの帯が、上あるいは下に常に流れているように写る。これは一種のうなりあるいはストロボ効果である。同期取れているが、ディスプレイ側が描画開始するタイミングカメラ側がフレーム作成開始するタイミングとがずれている場合、帯は流れず、常に同じ部分映ってなかったり輝度ムラあらわれる。インターレースも絡むので、ビデオカメラでブラウン管に映った映像綺麗に撮影することは容易にはできない

※この「ブラウン管 (CRT)」の解説は、「リフレッシュレート」の解説の一部です。
「ブラウン管 (CRT)」を含む「リフレッシュレート」の記事については、「リフレッシュレート」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ブラウン管」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ブラウン管」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ブラウン管と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ブラウン管のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブラウン管のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2022 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2022 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブラウン管 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのテレビ受像機 (改訂履歴)、リアプロジェクションテレビ (改訂履歴)、リフレッシュレート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS