DLPとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > AV機器用語 > DLPの意味・解説 

DLP

Digital Light Processingの略。DMDをキーデバイスとして使用する投写型プロジェクター用光学エンジンのこと。開発したTI社の登録商標であり、同社が強力に普及を推進している。今後のプロジェクターの一大勢力になると目されている。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


DLP

フルスペル:DoCoMo Location Platform
読み方ディーエルピー

DLPとは、NTTドコモが提供している位置情報サービスのための統一プラットフォームの名称である。主にASP企業向けのサービスとして提供されている。

DLPは、ドコモ携帯電話網とGPSGlobal Positioning System)との組み合わせによって、高い精度速度実現している。DLPの仕様はDLPコンソーシアム呼ばれる団体によって統一的定められており、端末違いなどを気にすることなくサービス利用することができる。


参照リンク
ドコモの位置情報~DLPサービス
ネットワークシステムのほかの用語一覧
位置情報:  イマドコサーチ  位置ナビ  お手軽位置検索  DLP  EZナビウォーク  Foursquare  GPS

フタル酸ジドデシル

分子式C32H54O4
その他の名称:Phthalic acid didodecyl ester、DLP
体系名:フタル酸ジラウリル、フタル酸ジドデシル


DLP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/19 17:03 UTC 版)

DLP(ディーエルピー)とは、デジタルミラーデバイス (DMD)を用いた映像表示システムのこと。Digital Light Processingの略で、テキサス・インスツルメンツ登録商標である(1987年登録)[1][2]




  1. ^ Texas Business
  2. ^ 日本では1998年に初めて商標登録されている(第4106085号ほか)。他社も別分野で登録している。
  3. ^ 日本TI プレスリリース 2005年2月15日
  4. ^ 2011/12/7 TIニュースリリース
  5. ^ アリの足先より小さな鏡”が生み出す映像美——DLPの魅力
  6. ^ TI PRESS RELEASE 6/8/2005
  7. ^ TI、プロジェクター携帯電話を実現する「DLP Pico」チップセットの量産化を発表
  8. ^ 根津貞著 『プロジェクターが携帯機器に載る』 日経エレクトロニクス 2008年8月11日号
  9. ^ 2011/01/05 TIニュースリリース
  10. ^ 2012/01/11 TIニュースリリース
  11. ^ DLP 共焦点顕微鏡”. 2016年9月13日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「DLP」の関連用語

DLPのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

MEDIAS X N-04E

Hewlett-Packard

GALAXY Note Edge

Xperia Z SO-02E

L-06D JOJO

Adobe Photoshop

iPhone 3GS

iPad mini 3





DLPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2017 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDLPの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDLP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS