LEDとは? わかりやすく解説

エル‐イー‐ディー【LED】

読み方:えるいーでぃー

light emitting diode》⇒発光ダイオード


LED 【Light Emitting Diode】

半導体による発光素子発光ダイオードのこと。 

LED(Light-Emitting Diode)


発光ダイオード(Light-Emitting Diode, LED)


LED

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

LED

異常表示をみよ!

えるいーでぃ【LED】

発光ダイオード電気流れると光る部品で、パチンコ盤面ランプによく使われる。「新海物語シリーズなら、液晶周りに青のLEDがたくさんある。

発光ダイオード

(LED から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/31 13:58 UTC 版)

発光ダイオード(はっこうダイオード、英語: light-emitting diode: LED)とは、ダイオードの1種で、順方向[注 1]電圧を加えた際に発光する半導体素子である。発光原理にはエレクトロルミネセンス (EL) 効果を利用している。また、有機エレクトロルミネッセンス(OLEDs[注 2]、有機EL)も分類上は、LEDに含まれる。


注釈

  1. ^ ダイオードのように電流の流れる向きによって電気抵抗の値が異なる部品、つまり、方向性が有る回路素子に,順方向の電圧を加えた際に、流れる電流のこと。
  2. ^ 英語: organic light-emitting diodes
  3. ^ 東芝(高演色) キレイ色の例では540lm/8.8W=63lm/Wと公称されており、高演色LEDのランプ効率はそれほど高くない。
  4. ^ ただし、紫色発光ダイオードは紫外領域に近いため暗く見える、ヒトの比視感度の問題がある。
  5. ^ 7セグメントは、ちょうど「日」の形にLEDなどを並べて、1桁の算用数字を表示できるようにしたディスプレイを意味する。
  6. ^ JR西日本221系電車など。
  7. ^ これが原因で、赤信号を黄色信号と誤認した結果、例えば、ラッドブルック・グローブ列車衝突事故が発生した。
  8. ^ ただ、従来の方向幕方式だった名残りで、日本では「LED方向幕」と呼ばれることもある。
  9. ^ 通常の半導体加工のように、1回の加工で数千から数万個を並べる。
  10. ^ 製品例(タミヤ純正):GP.384 N-03・T-03バンパーレス LED(赤)ユニット
    過去にはLEDのみの製品もあった(レッド:No.081 グリーン:No.224)が、2017年3月現在絶版品。

出典

  1. ^ “The life and times of the LED — a 100-year history”. The Optoelectronics Research Centre, University of Southampton. (2007年4月). http://holly.orc.soton.ac.uk/fileadmin/downloads/100_years_of_optoelectronics__2_.pdf 2012年9月4日閲覧。 
  2. ^ US Patent 3293513, "Semiconductor Radiant Diode", James R. Biard and Gary Pittman, Filed on Aug. 8th, 1962, Issued on Dec. 20th, 1966.
  3. ^ “Inventor of Long-Lasting, Low-Heat Light Source Awarded $500,000 Lemelson-MIT Prize for Invention”. Massachusetts Institute of Technology. Washington, D.C.. (2004年4月21日). http://web.mit.edu/invent/n-pressreleases/n-press-04LMP.html 2011年12月21日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ エジソンに続く物語:GEのエンジニア、ニック・ホロニアックのLED発明から50年GE imagination at work / 原文(英語):2012年8月15日公開)
  5. ^ 伊藤 尚未 『ゼロから理解する世界一簡単なLEDのきほん』 p.68 誠文堂新光社 2008年9月30日発行 ISBN 978-4-416-10813-0
  6. ^ 青色LED訴訟、全面和解 豊田合成株式会社、日亜化学工業株式会社
  7. ^ 日亜化学工業 NV3W470A
  8. ^ 伊藤 尚未 『ゼロから理解する世界一簡単なLEDのきほん』 p.48、p.49、p.76、p.77、p.80、p.81 誠文堂新光社 2008年9月30日発行 ISBN 978-4-416-10813-0
  9. ^ 伊藤 尚未 『ゼロから理解する世界一簡単なLEDのきほん』 p.76、p.77 誠文堂新光社 2008年9月30日発行 ISBN 978-4-416-10813-0
  10. ^ 伊藤 尚未 『ゼロから理解する世界一簡単なLEDのきほん』 p.46 誠文堂新光社 2008年9月30日発行 ISBN 978-4-416-10813-0
  11. ^ 日亜化学工業 LEDテクニカルデータ GaN系LEDの並列接続回路について (PDF)
  12. ^ Z-Power LED P7 Series - Seoul Semiconductor Co., Ltd.
  13. ^ 文部科学省平成28年版科学技術白書のp20とp28に記載されている。
  14. ^ 「腐った司法に怒り心頭」 中村教授、帰国し批判会見”. 共同通信 (2005年1月12日). 2012年1月2日閲覧。
  15. ^ 日本の3氏に2014年度ノーベル物理学賞—青色LEDの開発で nippon.com 2014年10月8日
  16. ^ 青色LEDがノーベル賞に値する理由 WIRED 2014年10月9日
  17. ^ 財団法人光産業技術振興協会光技術動向調査報告書 (PDF) (リンク切れ)
  18. ^ <研究2部報>照明用光源(LEDを含む)の演色性評価方法に関する調査研究”. 一般財団法人 日本色彩研究所. 2015年10月19日閲覧。
  19. ^ 豊田合成/ニュース/プレスリリース「高演色性 ハイパワー白色LEDランプの開発・販売」”. 豊田合成株式会社 (2003年10月7日). 2012年1月1日閲覧。
  20. ^ 製品例
  21. ^ a b 伊藤 尚未 『ゼロから理解する世界一簡単なLEDのきほん』 p.40 誠文堂新光社 2008年9月30日発行 ISBN 978-4-416-10813-0
  22. ^ 液晶ディスプレイの構造と作り方
  23. ^ 液晶、有機ELに続く!? 第3の新世代テレビ「マイクロLED」とは? - 価格.comマガジン” (日本語). kakaku.com. 2019年6月2日閲覧。
  24. ^ 世界初、1.1インチQVGA高輝度LEDディスプレイの開発に成功|2009年|ニュースリリース情報|OKIデータ”. 株式会社沖データ (2009年11月26日). 2012年1月1日閲覧。
  25. ^ http://eneken.ieej.or.jp/data/3862.pdf
  26. ^ 例 パナソニック社のLED電球
  27. ^ 12社の概要 (PDF)
  28. ^ LED電球販売業者12社に対する景品表示法に基づく措置命令文 (PDF)
  29. ^ 光量=全光束ルーメン対比表 (PDF)
  30. ^ 世界初 LEDヘッドランプの開発、実用化 株式会社小糸製作所 (PDF)
  31. ^ 次世代ヘッドライトはLEDに! All About
  32. ^ 新型「レクサスIS」のLEDヘッドランプは第4世代、消費電力は第1世代の半分以下
  33. ^ 甲子園球場の照明がついにLED化! 何が変わったのか見てきた(家電watch)
  34. ^ 伊藤 尚未 『ゼロから理解する世界一簡単なLEDのきほん』 p.66 誠文堂新光社 2008年9月30日発行 ISBN 978-4-416-10813-0
  35. ^ 伊藤 尚未 『ゼロから理解する世界一簡単なLEDのきほん』 p.66、p.67 誠文堂新光社 2008年9月30日発行 ISBN 978-4-416-10813-0
  36. ^ 伊藤 尚未 『ゼロから理解する世界一簡単なLEDのきほん』 p.62、p.63 誠文堂新光社 2008年9月30日発行 ISBN 978-4-416-10813-0
  37. ^ 風で光ゆらぐLED照明 和ろうそくの風情再現 神奈川工科大など開発『日本経済新聞』夕刊2018年3月31日(1面)
  38. ^ 産経ニュース 【水を殺菌】深紫外LED「未来の光」


「発光ダイオード」の続きの解説一覧

LED (曖昧さ回避)

(LED から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 18:49 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

LED

L.E.D.

関連項目



LED

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 16:47 UTC 版)

デジタル時計」の記事における「LED」の解説

屋内小型時計装置内蔵型時計多く用いられる

※この「LED」の解説は、「デジタル時計」の解説の一部です。
「LED」を含む「デジタル時計」の記事については、「デジタル時計」の概要を参照ください。


LED

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 17:59 UTC 版)

AKB48劇場」の記事における「LED」の解説

LEDによる電飾板が、ステージ上部端から端まで横長帯状設置されている。曲目応じ演出多用されている。

※この「LED」の解説は、「AKB48劇場」の解説の一部です。
「LED」を含む「AKB48劇場」の記事については、「AKB48劇場」の概要を参照ください。


LED

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 03:39 UTC 版)

グレア」の記事における「LED」の解説

発明以来その低消費電力高寿命から『未来照明と言われながらも長らく電光表示などの用途とどまっていたLEDだが、青色LED発明経て高輝度LEDの単価下がってきた近年では懐中電灯をはじめ電球蛍光灯などと同等の照明器具用いられるようになってきた。しかし LED はその構造上光の指向性高く高輝度・低立体角光源言い換えると「強く細い光」)であり、照明器具として設計する際には特に不快グレアへの対策要求される。たとえば、乳白色半透フィルタキャップ被せることで拡散発光をさせる、広指向性LEDの開発等、照明器具周辺との輝度差をより緩やかにするといった工夫なされている一方でその視認性の高さから信号機などの運転案内表示や、自動車ヘッドライトテールランプウインカーなどへ応用されている物もある。

※この「LED」の解説は、「グレア」の解説の一部です。
「LED」を含む「グレア」の記事については、「グレア」の概要を参照ください。


LED

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 02:22 UTC 版)

NMB48劇場」の記事における「LED」の解説

LEDによる電飾板がステージ後方端から端まで映写幕状に設置されている。曲目応じ演出使用されている使用しない時は黒幕閉じて隠される2012年8月開催SKE48研究生2014年9月開催AKB48チーム8出張公演ではAKB48・SKE48曲名演奏中は、歌詞違えど同じ曲を歌うNMB48とは異なった電飾表示パターンとなった電飾板はNMB48の文字表示はあるが、AKB48・SKE48の文字表示はない)。

※この「LED」の解説は、「NMB48劇場」の解説の一部です。
「LED」を含む「NMB48劇場」の記事については、「NMB48劇場」の概要を参照ください。


LED

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 18:49 UTC 版)

LED (曖昧さ回避)」の記事における「LED」の解説

発光ダイオード - 発光ダイオードの英表記である「light emitting diode」の略称。 LED照明 - 上記の発光ダイオード (LED) を使用した照明器具のこと。 ロシア・サンクトペテルブルクにあるプルコヴォ空港IATA空港コードサンクトペテルブルク旧称レニングラード由来する

※この「LED」の解説は、「LED (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「LED」を含む「LED (曖昧さ回避)」の記事については、「LED (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


L.E.D.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 18:49 UTC 版)

LED (曖昧さ回避)」の記事における「L.E.D.」の解説

架空の兵器、L.E.Dミラージュの略称。詳細は「レッド・ミラージュを参照 L.E.D. - コナミデジタルエンタテインメント所属作曲家角田利之名義のひとつ

※この「L.E.D.」の解説は、「LED (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「L.E.D.」を含む「LED (曖昧さ回避)」の記事については、「LED (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


led

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 08:44 UTC 版)

レッド」の記事における「led」の解説

発光ダイオード (light-emitting diode)。

※この「led」の解説は、「レッド」の解説の一部です。
「led」を含む「レッド」の記事については、「レッド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「LED」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「LED」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「LED」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



LEDのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
住友電工デバイス・イノベーション株式会社住友電工デバイス・イノベーション株式会社
(C) 2022 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリLEDの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2022 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発光ダイオード (改訂履歴)、LED (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデジタル時計 (改訂履歴)、AKB48劇場 (改訂履歴)、グレア (改訂履歴)、NMB48劇場 (改訂履歴)、LED (曖昧さ回避) (改訂履歴)、レッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS