ダブルヘテロ接合とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 遺伝 > 接合 > ダブルヘテロ接合の意味・解説 

ダブルヘテロ接合(Double Heterojunction)

ヘテロ異種接合というのは原子組成異なった結晶による接合をいう。レーザダイオードで用いられるダブルヘテロ接合は活性層の両側にエネルギギャップの広いクラッド層が設けられており、キャリヤ閉じ込めによって少数キャリヤ密度を高くすること、光の導波路形成することに用いられている。

ダブルヘテロ接合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/30 06:06 UTC 版)

ダブルヘテロ接合(ダブルヘテロせつごう、英語:double hetero-junction)は、異なる2つの材料系(A,B)からなる層を、A-B-AまたはB-A-Bのように交互に3層(接合部は2か所)構造としたものである。ダブルヘテロ構造とも呼ばれる。




「ダブルヘテロ接合」の続きの解説一覧



ダブルヘテロ接合と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダブルヘテロ接合」の関連用語

ダブルヘテロ接合のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ダブルヘテロ接合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
住友電工デバイス・イノベーション株式会社住友電工デバイス・イノベーション株式会社
(C) 2019 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダブルヘテロ接合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS