電子回路とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気化学 > 回路 > 電子回路の意味・解説 

電子回路

読み方でんしかいろ
【英】electronic circuit

電子回路とは、電気的な機能を持つ部品を、導線により結合した電気回路一種で、特に、制御的な動作を含むもののことである。

電子回路は、回路素子呼ばれる個々の構成部品が、電気を通す導線によって、一定の機能を持つように構成され回路である。素子には、入力対して線形出力を行う線形素子と、非線形出力を行う非線形素子がある。また、素子は、受動素子能動素子分類されることもある。さらに、端子の数から、2端子素子3端子素子などに分けることもある。線形素子代表的なものは、抵抗コンデンサコイルトランスなどである。非線形素子代表的なものは、ダイオードサイリスタトランジスタなどである。このような素子導線によって結合することにより、一定の機能持たせることができる。どのように回路構成するということ回路設計と呼ぶまた、回路設計結果は、電子回路図で表現される回路図には、利用された各素子を表すシンボル描かれ素子同士導線結合されている様子が、回路図中の線で表現される

電子回路は、その機能動作方式などにより分類される。1と0の論理代数に従って動作するように構成された電子回路は、論理回路あるいはデジタル回路呼ばれる。これに対して入力に対して連続的な動作をするものは、アナログ回路呼ばれるまた、扱う周波数の範囲によって、低い周波数を扱うものを低周波回路、高い周波数を扱うものを高周波回路と呼ぶ信号間の変換を行うタイプの電子回路は変換回路と呼ぶ変換理には、デジタルアナログ相互に変換するものや、周波数変換、エネルギーレベルの変換などがある。

電子回路は、基板呼ばれる板状絶縁素材の上に形成される基板は、エポキシベークライト素材したものが多い。この基板の上に配線用の導線を、エッチングなどの印刷技術使って配線パターンとしてプリントしたものを特にプリント基板と呼ぶ基板上には、素子を置くための穴が開けられ半田付けによって固定する。電子回路の中で複雑な機能を持つひとかたまりを、小さなパッケージ封入したものを、集積回路と呼ぶ


電子回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/20 05:17 UTC 版)

電子回路(でんしかいろ、英語: electronic circuit)は、ダイオードトランジスタなどの能動素子を構成要素に含む電気回路


  1. ^ 岩田聡『電子回路 新インターユニバーシティ』2008年、1頁
  2. ^ Charles Alexander and Matthew Sadiku (2004). Fundamentals of Electric Circuits. McGraw-Hill. 
  3. ^ Richard Jaeger (1997). Microelectronic Circuit Design. McGraw-Hill. 
  4. ^ John Hayes (1993). Introduction to Digital Logic Design. Addison Wesley. 


「電子回路」の続きの解説一覧

電子回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/28 21:30 UTC 版)

電動ガン」の記事における「電子回路」の解説

一部製品搭載されている、射撃制御用の回路フルオートタイマ回路バーストにする(SIG SG550及びSG551)、フォトインタラプタ用い発射弾数数えてセミオートバースト射撃制御を行う(SYSTEMA製品)等の目的で搭載される。

※この「電子回路」の解説は、「電動ガン」の解説の一部です。
「電子回路」を含む「電動ガン」の記事については、「電動ガン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電子回路」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「電子回路」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



電子回路と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

電子回路のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電子回路のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ電子回路の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子回路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの電動ガン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS