電気楽器とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 機器 > 音響機器 > 音響機器 > 電気楽器の意味・解説 

電気楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/10 01:16 UTC 版)

電気楽器(でんきがっき)とは、楽器の作る振動を、電気信号として取り出し、何らかの処理をして音声を出力する仕組みを持った楽器である。


  1. ^ The Denis D’Or “Golden Dionysis”, Václav Prokop Diviš. Czech republic, 1748, http://120years.net/1748-denis-dor/ 
  2. ^ ‘Clavecin Électrique’ . Jean-Baptiste Delaborde, France. 1759.”. 2017年4月9日閲覧。
  3. ^ The ‘Clavecin Magnetique’. M. l’Abbé Bertholon. France, 1785”. 2017年4月9日閲覧。
  4. ^ ‘Electromechanical Piano’ Matthias Hipp, Switzerland,1867”. 2017年4月9日閲覧。
  5. ^ The ‘Musical Telegraph’ or ‘Electro-Harmonic Telegraph’, Elisha Gray. USA, 1874”. 2017年4月9日閲覧。
  6. ^ The ‘Telharmonium’ or ‘Dynamophone’ Thaddeus Cahill, USA 1897”. 2017年4月9日閲覧。
  7. ^ The ‘Singing Arc’ William Duddell, UK, 1899”. 2017年4月9日閲覧。
  8. ^ Helmholtz Sound Synthesiser. Max Kohl. Germany, 1905”. 2017年4月9日閲覧。
  9. ^ The ‘Choralcelo’ Melvin Linwood Severy & George.B. Sinclair. USA, 1909”. 2017年4月9日閲覧。
  10. ^ ‘Sound-Producing Device’ Melvin Linwood Severy, USA. 1912”. 2017年4月9日閲覧。
  11. ^ The ‘Désilets Wireless Organ’. Georges Désilets, Canada, 1914.”. 2017年4月9日閲覧。
  12. ^ The ‘Audion Piano’ and Audio Oscillator. Lee De Forest. USA, 1915, https://120years.net/the-audion-pianolee-de-forestusa1915/ 
  13. ^ The ‘Optophonic Piano’, Vladimir Rossiné, Russia and France. 1916”. 2017年4月9日閲覧。
  14. ^ The ‘Synthetic Tone’ Sewall Cabot, USA, 1918”. 2017年4月9日閲覧。
  15. ^ The Electrophon (1921), Sphäraphon(1924), kurbelsphärophon (1926), Klaviatursphäraphon(1928), Partiturophon (1930) and Kaleidophon(1939). Jörg Mager, Germany.”. 2017年4月9日閲覧。
  16. ^ The ‘Hugoniot Organ’. Charles-Emile Hugoniot . France, 1921.”. 2017年4月9日閲覧。
  17. ^ The ‘Theremin’ or ‘Thereminvox’. Leon (or Lev) Sergeivitch Termen, Russia. 1922”. 2017年4月9日閲覧。
  18. ^ The ‘Staccatone’. Hugo Gernsback & C.J.Fitch. USA, 1923”. 2017年4月9日閲覧。
  19. ^ The Electrophon (1921), Sphäraphon(1924), kurbelsphärophon (1926), Klaviatursphäraphon(1928), Partiturophon (1930) and Kaleidophon(1939). Jörg Mager, Germany.”. 2017年4月9日閲覧。
  20. ^ The ‘Radio Harmonium’ Sergeĭ Nikolaevich Rzhevkin, Russia, 1925”. 2017年4月9日閲覧。
  21. ^ The ‘Pianorad’, Hugo Gernsback, USA, 1926”. 2017年4月9日閲覧。
  22. ^ The Keyboard Electric Harmonium . Lev Sergeyevich Termen, USA/Russia, 1926”. 2017年4月9日閲覧。
  23. ^ The Electrophon (1921), Sphäraphon(1924), kurbelsphärophon (1926), Klaviatursphäraphon(1928), Partiturophon (1930) and Kaleidophon(1939). Jörg Mager, Germany.”. 2017年4月9日閲覧。
  24. ^ The ‘Dynaphone’, René Bertrand, France, 1927”. 2017年4月9日閲覧。
  25. ^ The ‘Cellule Photo Electrique’ or ‘Cellulophone’. Pierre Toulon & Krugg Bass, France, 1927.”. 2017年4月9日閲覧。
  26. ^ the ‘Clavier à Lampes’ or ‘Piano Radio Èlectrique’ Joseph Armand Marie Givelet, France. 1927”. 2017年4月9日閲覧。
  27. ^ The ‘Electronde’ Martin Taubman, Germany, 1927”. 2017年4月9日閲覧。
  28. ^ The ‘Wave Organ’. Frank Morse Robb. Canada. 1927”. 2017年4月9日閲覧。
  29. ^ The ‘Superpiano’ and ‘Symphonium’. Emerich Spielmann, Austria, 1928”. 2017年4月9日閲覧。
  30. ^ The ‘Neo Violena’ Vladimir A Gurov, V.I. Volynkin & Lucien M. Varvich. Russia 1927”. 2017年4月9日閲覧。
  31. ^ The Electrophon (1921), Sphäraphon(1924), kurbelsphärophon (1926), Klaviatursphäraphon(1928), Partiturophon (1930) and Kaleidophon(1939). Jörg Mager, Germany.”. 2017年4月9日閲覧。
  32. ^ The ‘Orgue des Ondes’ Armand Givelet & Edouard Eloi Coupleux, France. 1929”. 2017年4月9日閲覧。
  33. ^ ‘La Croix Sonore’ Nicolai Obukhov. Russia – France, 1929-1934”. 2017年4月9日閲覧。
  34. ^ The ‘Hellertion’ and The ‘Heliophon’. Bruno Hellberger & Peter Lertes, Germany, 1929-1936”. 2017年4月9日閲覧。


「電気楽器」の続きの解説一覧

電気楽器

出典:『Wiktionary』 (2017/07/27 08:42 UTC 版)

名詞

電気 楽器 (でんきがっき)

  1. 電気回路による発振行い音を出す楽器総称

関連語




電気楽器と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電気楽器」の関連用語

電気楽器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



電気楽器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電気楽器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの電気楽器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS