アンサンブルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 合奏 > アンサンブルの意味・解説 

アンサンブル【(フランス)ensemble】

《共に、の意》

服飾で、ドレスコート上着スカート、靴とバッグなどの材質・色調の調和のとれた組み合わせ

音楽用語

小人数合奏合唱また、合奏団合唱団

演奏調和のぐあい。

演劇用語。

主役以外の共演者団。特に、バレエミュージカル群舞団。アンサンブルキャスト

演技や歌の、全体調和のぐあい。また、その効果


アンサンブル


アンサンブル

インナータンクトップ半袖プルオーバー(かぶるタイプセーター)にカーディガンを同じ素材作ったもの。

ツインニットなどともいう。最近はアンサンブルブラウス、ツインブラウスなども登場している。


アンサンブル[ensemble(仏)]

合奏のこと。例え弦楽器のみの編成ならストリングス・アンサンブル、金管楽器のみならブラス・アンサンブルなどという。また、その曲やバンドの総合的な調和指して、「あのバンドはアンサンブルがいい」というふうにも使われる

アンサンブル

作者溝上淳一

収載図書野山にひびく愛の詩
出版社岳風書房
刊行年月2002.1


アンサンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 07:31 UTC 版)

アンサンブル: ensemble)は、音楽用語で2人以上が同時に演奏すること。




「アンサンブル」の続きの解説一覧

アンサンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/05/08 08:54 UTC 版)

いわゆるモブ的な役割を果たす、歌に合わせてダンスを踊る集団近年ではアンサンブル一人ひとり役名与えられることが多くなった。担当はアンサンブルヘッド。

※この「アンサンブル」の解説は、「東京大学合唱団あらぐさ」の解説の一部です。» 「東京大学合唱団あらぐさ」の概要を見る


アンサンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 16:24 UTC 版)

主にクラシックの数人から十数程度小編成の演奏団体に対して用いられる用語。時にはジャズ演奏する団体に対して用いられる

※この「アンサンブル」の解説は、「バンド (音楽)」の解説の一部です。» 「バンド (音楽)」の概要を見る


アンサンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:19 UTC 版)

〜Singin’in the World仲田祥司、池田謙信原野正章今田竜人三原大樹帯金遼太山本哲平岡本笙 〜The Great World池田謙信今田竜人帯金遼太山本哲平山田諒喜多章太郎茶谷健太大澤信児田村公典、徳留達也 〜in the new world仲田祥司、帯金遼太町田尚規、山内涼平山田諒茶谷健太新開理雄、一之瀬達也山口渓、橋本佳貴 〜A World in the Universe〜(アンサンブルではなくダンサー表記。) 浅山順大五十嵐胤人、伊藤翔岡本笙、帯金遼太河野健太木本雄、佐藤優次、竹井弘多田滉、成田凌、徳留達也町田尚規、三宅大、村上雅貴、吉田The world is wonderful仲田祥司、松永健太郎、町田尚規、伊東征哉、松崎友洸、平澤佑樹

※この「アンサンブル」の解説は、「Axis powers ヘタリア」の解説の一部です。» 「Axis powers ヘタリア」の概要を見る


アンサンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 23:24 UTC 版)

特定のバッジ同時に装備することで特殊な効果を発揮することができる

※この「アンサンブル」の解説は、「新すばらしきこのせかい」の解説の一部です。» 「新すばらしきこのせかい」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アンサンブル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アンサンブルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アンサンブルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アンサンブルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
アパレルウェブアパレルウェブ
(C)Copyright 2022. APPAREL-WEB INC., All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンサンブル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東京大学合唱団あらぐさ (改訂履歴)、バンド (音楽) (改訂履歴)、Axis powers ヘタリア (改訂履歴)、新すばらしきこのせかい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS