ロックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > ロック > ロックの意味・解説 

lock

別表記:ロック

「lock」とは、錠・錠前輪留めのことを意味する英語表現である。

「lock」とは・「lock」の意味

「lock」とは、主に錠・錠前輪留めという意味で用いられる名詞動詞であるが、その他に幅広い味がある名詞としての「lock」は、鍵で開閉する錠、運河閘門確定した出来事・イベントカールした髪の束、車のハンドル切った時の最大回転数という意味で用いられるほか、スポーツ用語ではレスリング相手動けないよう固める技、ラグビーにおいてスクラムの2列目でプレーする選手という意味で使われる動詞としての「lock」は、鍵を閉める、閉じ込める監禁する固定する、しっかり組み合わせる交通渋滞させる、髪の毛絡まるなどの意味用いられる

「lock」のスラングとしての意味

「lock」は、スラングとして成功確実な人という意味で用いられる

「lock」の活用変化一覧

原形:lock
過去形:locked
過去分詞:locked
現在分詞locking

「lock」の語源・由来

「lock」の語源は、曲がる・回る・ひねるという意味の印欧語根「lewg-」である。印欧語根「lewg-」が、錠という意味のゲルマン祖語の「luka」に変化し、錠という意味の西ゲルマン祖語の「lok」になり、錠という意味の古期英語の「loc」に変化した後、「lock」になった

「lock」と「rock」の違い

「lock」と「rock」は、カタカナ語ではどちらも「ロック」と表記されるため、混同しやすい単語である。しかし発音においては、「lock」の綴りは「l」であるため「ロ」の音を舌先前歯の裏歯茎につけて発音する「ロック」、「rock」の綴り「r」であるため「ロ」の音は舌先内側巻き発音する「ロック」である。意味においても、「lock」は錠であるのに対し、「rock」は岩であるため大きく異なる。

「lock」を含む英熟語・英語表現

「ロックオン」とは


ロックオン」とは、狙い定めるという意味である。英語の「lock on」に由来するカタカナ語で、コンパなどで「彼にロックオンする(彼に狙い定める)」という表現使われたりする。英語の「lock on」は、本来軍事用語として使われていた表現で、レーダーなどでターゲット追跡するという意味である。

「lockダンス」とは

「lockダンス」とは、激し動きから突然静止する、静と動のコントラスト特徴的なダンスである。1970年代誕生し、ブレイクダンス・ポップダンスとともに三大ストリートダンス一つ数えられている。「lockingダンス」や「lockin'ダンス」と呼ばれることもある。

「lock」の使い方・例文

If you don't lock your doors and windows, you'll be a sitting target for burglars.(ドアや窓に鍵をかけないと、泥棒格好標的になる)
I'd only gone a few blocks down the road when I realized I'd forgotten to lock the door.(ドアロックするのを忘れたことに気付いたとき、私は道を数ブロック進んだけだった
・When my grandparents were young, they never had to lock their front doors because that was a safer time back then. (私の祖父母若かった頃、玄関ドアロックする要はなかった)
・With the click of the car’s remote opener, I was able to lock my car door so that no one could open any of my car doors.(車のリモコン開閉ボタンを押すだけで、自分の車のドア誰も開けられないようにロックすることができた)
There was no way to lock the screen, so he simply pushed it shut and started for the house.(画面ロックする方法がなかったので、彼は単に画面閉じて家に向かった
The room key was in his pants pocket and he managed to pull it out with two fingers and fit it into the lock, pushing the door open with his shoulder.(部屋の鍵ズボンポケット入っていたので、彼は2本の指でそれを引っ張り出し鍵穴はめ込み肩でドア押し開けた
・My first trial as a supervisor early in my career was locking horns with a union representative at a car factory.(キャリア早い段階スーパーバイザーとしての最初試みは、自動車工場組合代表者口論することだった)
・He eased the key into the lock, anxious not to wake his children.(彼は子供たち起こさないように気をつけながら、鍵をゆっくりと錠前差し込んだ
The bus locks automatically when you start the engine.(エンジン始動すると、バス自動的にロックされる
・She locked the door when she left and unlocked it when she returned.(彼女は外出するときにドアロックし戻ってきたときにロックを解除した

rock

別表記:ロック

「rock」とは、岩や石・音楽用語などを意味する英語表現である。

「rock」とは・「rock」の意味

「rock」は名詞で岩という意味の英単語である。大きさや形は関係なく、小石でも「rock」を用いる。「rock」の類語に「stone」があるが、「stone」は人の手加わった宝石などの石を現す英単語で、「rock」は人の手加わっていない岩を指す。「rock」は、名詞役割だけではなく動詞としても用いることができる。他動詞の「rock」の意味は「〜を揺り動かす」という意味である。「〜を揺り動かす」から派生して「〜を驚かせる動揺させる」という意味でも用いられる。「swing」は類語になり、「rock」よりも大きな揺れの幅が大き場合使われる

また「rock」は、「〜を振動させる」という意味で用いられることもあり、「shake」と同義になる。ロックンロールは、「rock」から派生した音楽用語である。音楽用語使われる「rock」は、ロックンロール含めたポピュラーミュージック全般を指す。「rock」は他動詞で「服が似合う」というスラングでも使われることがある。「rock」はもともと固い岩を現す英単語であることから、「丈夫で堅い」という意味が派生し名詞として、頼れる人というスラングでも用いられる

「rock」の語源・由来

「rock」は、古いラテン語使用されていた単語rocca」から派生した英単語である。

「rock」を含む英熟語・英語表現

「the rock」とは


「岩は」という意味があり「The rock stratifies.(岩は層をなす)」といえる

「I rock」とは


誰かや何かが素晴らしいや、クールであるという意味のスラングである。

「rock hard」とは


岩のように固いや、屈強なという意味がある

「you rock」とは


あなたって最高なの意味があり、誉め言葉スラングである。

「as a rock」とは


岩のようにや石のようにという意味として使われる

「rock off」とは


快感絶頂を味わうという意味がある

「rockバンド」とは

「rockバンド」とは、ロックンロール音楽演奏する音楽家たちが集まったバンドのことを指す。一般的には3人から5人ほどのメンバー構成されていることが多い。ロックのサウンドは、エレクトリックギターエレクトリックベースドラムシンバル組み合わせたドラムセット演奏するその構成は、バンドによって異なることになるが、ボーカル・ベース・ギター・ドラム・キーボードなどからそれぞれのメンバー1つ担当することが多い。ボーカル不在場合は、ギターベース担当ボーカル兼任することも多い。「rock」の種類には、ロックンロールの他に、ヘビーメタル・ハードロック・ブルースロック・パンクロックなどがある。

「rockダンス」とは

「rockダンス」とは1970年代誕生した3大オールドスクールジャンルのひとつになり、アメリカ人のドン・キャンベルが考案したダンスである。ブレイクダンス・ポップダンスと並び、3大オールドスクールダンスの一つである。混同されやすいのだが、音楽ジャンルの「Rock」ではなく、「Lock」という表記になり、音楽のジャンルであるRockとは異なるものだ。「rockダンス」で用いられるサウンドは、R&Bヒップホップなどになる。激し動きから一転して鍵をロックするように動き止めるスタイル鍵をかける動作似ていることが由来となっている。「ロッキンLockin’)」や「ロッキングLocking)」という別名で呼ばれることもある。「rockダンス」が日本広まったのは、1980年代である。

「rock」の使い方・例文

「rock」は、岩という英単語としての他に音楽用語スラングとして使われるため、同じ「rock」でもニュアンス大きく異なる。

・The stadium was filled to capacity for the legendary rock and roll band's final concert. (スタジアムは、伝説ロックバンド最後のコンサートのため満席なりました)
Let's tie a rope to that big rock. (あそこにある大きな岩にロープ結ぼう)
Look at those rocks over there. (あそこにあるあの岩を見て)
I went to a certain rock band's concert. (私はあるロックバンドライブ行った)

ロック【John Locke】


ロック【lock】

読み方:ろっく

[名](スル)

鍵(かぎ)をかけること。錠(じょう)を下ろすこと。また、錠。「ドア内側から—する」

ラグビーで、フォワードの第2列の二人セカンドローともよばれ、スクラム押し中心となるLO

自動車・オートバイなどで、走行ブレーキ踏んだときに、車輪停止したまま滑走すること。「急ブレーキタイヤが—する」

排他制御


ロック【rock】

読み方:ろっく

岩。岩壁暗礁

オンザロック」の略。「バーボンを—で飲む」


ロック【rock】


ろっ‐く〔ロク‐〕【六区】


ろっ‐く〔ロク‐〕【六×垢】

読み方:ろっく

仏語煩悩から生じ、心をけがす六種働き。悩(なやみ)・害(そこない)・恨(うらみ)・諂(へつらい)・誑(たぶらかし)・憍(おごり)。


ロック

別名:排他制御
【英】lock

ロックとは、一般に特定のファイルデータ対すアクセス更新制御することである。特にファイルデータベースへの書き込み処理を行なう際に、データ整合性を保つためにアクセスデータ読み書き一時的に制限すること。

データの参照と書き込みとを常に解放しておくとすれば二人管理者交互にデータ参照し情報共有されない状態のままで、各々作業反映したデータへと更新する場合生じうる。このとき先に参照した者と、後に参照した者が、交錯し順序データ更新行えば実情データとは混乱して一致しなくなる恐れもある。

このような事態生じるのを防ぐために、データ更新する際にはデータにロックをかけて、他の者がデータ読み書きできないようにする。そうすれば、他の者は更新完了後のデータのみ参照できるうになるので、実情との整合性乱されることはない。その際データの参照と更新との両方禁ずるか、あるいは参照は許可するかが設定できる。ひとつのプログラムデータアクセスして処理を行う間、他の接続口には許可不許可を示す標識立てられる

なお、複数ファイルまたがってロックが行われる場合には、ユーザー一方があるファイルロックしながら別のあるファイルロック解除待ち、もう一方ではその別のファイルロックしながら先方ロックしたファイルロック解除を待つ、そのため互いに固めつつ固められいつまでたっても処理が進まない、といった事態発生しかねない。この現象デッドロック呼ばれており、プログラムの設計問題がある場合生じる。


ロック (ろっく)

 岩石のこと。ロックフィルダムでは堤体材料使われます。

ロック

名前 Roch; LockLockeRockLoche; Luoc; RocRoche; Rocque; RokRookRookeRoque; Roques

六供

読み方:ロック(rokku)

所在 長野県小諸市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/26 14:09 UTC 版)

ロック(lock、locke、rockなど)




「ロック」の続きの解説一覧

ロック(Locke)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 14:40 UTC 版)

PAYDAY 2」の記事における「ロック(Locke)」の解説

南アフリカ出身民間軍事会社Murkeywaterの社員。Crime.netにハッキングしたが、より多く報酬を得るためにCrime.netの契約者とMurkeywaterの社員という二つ立場を持つことにした。

※この「ロック(Locke)」の解説は、「PAYDAY 2」の解説の一部です。
「ロック(Locke)」を含む「PAYDAY 2」の記事については、「PAYDAY 2」の概要を参照ください。


ロック (例えば ツーフェーズロック - 2PL)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/03 10:02 UTC 版)

並行性制御」の記事における「ロック (例えツーフェーズロック - 2PL)」の解説

データ割り当てられたロックでそのデータへのアクセス制御するトランザクションデータ(データベースオブジェクト)にアクセスする際にロックを獲得し、そのロックが解放されるまで他のトランザクションブロックされる可能性がある(ブロックされるかどうかは、ロックの種類アクセス種類依存する)。

※この「ロック (例えば ツーフェーズロック - 2PL)」の解説は、「並行性制御」の解説の一部です。
「ロック (例えば ツーフェーズロック - 2PL)」を含む「並行性制御」の記事については、「並行性制御」の概要を参照ください。


ロック(Rock)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 18:45 UTC 版)

ロックマンロックマン」の記事における「ロック(Rock)」の解説

ロックマンの、家庭用ロボットとしての本来の姿。ゆえにロックバスターや特殊武器など戦闘能力発揮できない設定上でロックマン同一であるが、システム上は独立した使用キャラクターとなっており、攻略進行度ロックマンとは並行しないボスキャラクターとの会話ロックマンのものと同じだが、コピーロボットのみ台詞が変わる。

※この「ロック(Rock)」の解説は、「ロックマンロックマン」の解説の一部です。
「ロック(Rock)」を含む「ロックマンロックマン」の記事については、「ロックマンロックマン」の概要を参照ください。


ロック(超人ロック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 09:44 UTC 版)

「狂言回し」記事における「ロック(超人ロック)」の解説

彼は主人公であるが、不死超人であるため物事達観し表舞台には出ようとせず、物語にもほとんど関わらないこともある。それでいて千年単位刻まれる宇宙年代記の歴史転換点立会い歴史の陰で重要な役割を果たす

※この「ロック(超人ロック)」の解説は、「狂言回し」の解説の一部です。
「ロック(超人ロック)」を含む「狂言回し」の記事については、「狂言回し」の概要を参照ください。


ロック(Lock)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 04:16 UTC 版)

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の記事における「ロック(Lock)」の解説

悪ガキ3人組リーダー格。だが若干ショック主導権取られ気味。後先考えない性格尻尾のようなものが付いているが、飾りなのか本物なのかは定かではない動いているようなシーンもあった)。日本版での一人称「ぼく」悪魔仮装をしている。

※この「ロック(Lock)」の解説は、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の解説の一部です。
「ロック(Lock)」を含む「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の記事については、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の概要を参照ください。


ロック(Lock)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 10:13 UTC 版)

マジック:ザ・ギャザリング」の記事における「ロック(Lock)」の解説

コンボコントロールか派生したデッキタイプ相手プレイヤー行動禁止制限するカード中核としたデッキ

※この「ロック(Lock)」の解説は、「マジック:ザ・ギャザリング」の解説の一部です。
「ロック(Lock)」を含む「マジック:ザ・ギャザリング」の記事については、「マジック:ザ・ギャザリング」の概要を参照ください。


ロック(Locke)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 13:31 UTC 版)

コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー」の記事における「ロック(Locke)」の解説

アメリカ海軍側のプレイヤーキャラクターBlack Catsのみに登場アメリカ海軍航空隊ブラックキャッツ中隊所属階級兵曹

※この「ロック(Locke)」の解説は、「コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー」の解説の一部です。
「ロック(Locke)」を含む「コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー」の記事については、「コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー」の概要を参照ください。


ロック(通称)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 19:01 UTC 版)

XENON-199X・R-」の記事における「ロック(通称)」の解説

XENON-609。兵衛門や陽子一緒に「赤い海」極東支部研究施設石壁」から脱出した一人

※この「ロック(通称)」の解説は、「XENON-199X・R-」の解説の一部です。
「ロック(通称)」を含む「XENON-199X・R-」の記事については、「XENON-199X・R-」の概要を参照ください。


ロック (6)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 23:01 UTC 版)

ジバクくん」の記事における「ロック (6)」の解説

音楽好きで、とても賑やかな国。あまりの騒がしさに、針の塔怒りを買い、夜はナイナイ世界で人魂化す呪い受けてしまう。

※この「ロック (6)」の解説は、「ジバクくん」の解説の一部です。
「ロック (6)」を含む「ジバクくん」の記事については、「ジバクくん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ロック

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 12:25 UTC 版)

名詞1

語源

名詞2

  1. 岩石

語源

名詞3

  1. ダンスステップ1つ
  2. ロックミュージックの略。

語源


「ロック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ロックと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ロック」に関係したコラム

  • ETFを上場している企業の一覧

    ETFを上場するには、証券取引所の定める上場審査基準や適時開示基準、上場廃止基準といったさまざまな基準をクリアする必要があります。2012年9月現在、ETFを上場している企業は17社あります。上のグラ...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロック」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロックのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリロックの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.rocの記事を利用しております。
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2024 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2024 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのPAYDAY 2 (改訂履歴)、並行性制御 (改訂履歴)、ロックマンロックマン (改訂履歴)、狂言回し (改訂履歴)、ナイトメアー・ビフォア・クリスマス (改訂履歴)、マジック:ザ・ギャザリング (改訂履歴)、コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー (改訂履歴)、XENON-199X・R- (改訂履歴)、ジバクくん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのロック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS