小川一真とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 人名 > 地図測量人名事典 > 小川一真の意味・解説 

小川一真(おがわいっしん・かづま1860-1929)

 写真師写真業写真出版業先覚者
 武蔵国忍藩(現埼玉県行田市藩士原田左衛門二男として生まれ行田藩小川石太郎養子となり、名を一眞改める。明治6年(1873)、旧藩主松平忠敬給費東京有馬学校に入り土木工学を、同13年築地バラー学校で英語を学ぶ。
 同15年有馬学校時代に興味抱いた写真術極めようと渡米し最新の写真技術コロタイプ印刷術などを習得し明治17年帰国同年東京飯田町に玉潤(写真)館を開業最新技術写真撮影をする写真館として評判をとる明治20年内務省委嘱アメリカ トッド博士らの日蝕観測団に参加し皆既日食コロナ撮影を行う。翌21年には、枢密院顧問官図書頭九鬼隆一同行し奈良古寺遺された仏像など文化財調査撮影を行うなど、日本における写真界の発展尽力した
 同22年には、小川写真製版所を開設しコロタイプ印刷カラー印刷実用化に取り組む。
 地図測量関連では、陸軍参謀本部陸地測量部大本営写真班(小倉倹司ら)の嘱託写真師でもあったことから各地行われた陸軍大演習写真帖」(陸地測量部撮影)のほか、「日清戦争写真石版」(明治28年)、「日露戦役写真帖第1ー3」(明治37・38年)の発行を行うなど、日本における写真界の発展尽力した

画像


小川一真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/03 08:52 UTC 版)

小川 一眞(おがわ いっしん/かずまさ/かずま、万延元年8月15日1860年9月29日) - 昭和4年(1929年9月6日[2])は、日本写真家(写真師)、写真出版者。写真撮影・印刷のほか、写真乾板の国産化を試みるなど、日本の写真文化の発展に影響を与えた。写真技術者・印刷技術者の小林忠治郎(1869-1951)は実弟。


  1. ^ 小川一真 おがわ-かずまさ”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 講談社 (2015年9月). 2016年3月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 平木収 (1994), “小川一真”, 朝日日本歴史人物事典, 朝日新聞社, ISBN 4023400521, https://archive.is/QOINU#40% 
  3. ^ a b c d e 塚田良道 (2000年). “上州富岡町における小川一真の写真資料について”. 『学術フロンティアシンポジウム 画像資料の考古学』. 國學院大學画像資料研究会. 2015年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月20日閲覧。
  4. ^ 神辺靖光「逸話と世評で綴る女子教育史(3):東京の英語女学生 (PDF) 」 『月刊ニューズレター:現代の大学問題を視野に入れた教育史研究を求めて』第3号、『月刊ニューズレター現代の大学問題を視野に入れた教育史研究を求めて』編集委員会、2015年3月15日、 6頁、 ISSN 218918262016年3月22日閲覧。
  5. ^ a b 飯沢耕太郎 (1998), “おがわかずまさ【小川一真】”, 世界大百科事典 (2 ed.), 日立ソリューションズ・クリエイト, https://archive.is/QOINU#60% 
  6. ^ 写真家・小川一真”. 浮世絵と写真でたどる明治ニッポン. たばこと塩の博物館. 2016年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月20日閲覧。
  7. ^ 清水晴風著『東京名物百人一首』明治40年8月「小川一真写真店(小川写真製版所)」国立国会図書館蔵書、2018年2月9日閲覧
  8. ^ a b c d e f “小川 一真 オガワ カズマ”, 20世紀日本人名事典, 日外アソシエーツ, (2004), https://archive.is/g4YKR 
  9. ^ 『官報』第8199号、明治43年10月19日。
  10. ^ 小川一眞 おがわ かずまさ (1860-1929)”. ときのそのとき. meijitaisho.net. 2016年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月20日閲覧。


「小川一真」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小川一真」の関連用語

小川一真のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小川一真のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
おもしろ地図と測量のページおもしろ地図と測量のページ
copyright (c) オフィス 地図豆 All right reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小川一真 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS