マサチューセッツ州とは? わかりやすく解説

マサチューセッツ【Massachusetts】

読み方:まさちゅーせっつ

米国北東部の州。州都ボストン大西洋面し1629年清教徒入植によって建設され独立13州の一。→アメリカ合衆国[補説]

マサチューセッツの画像
マサチューセッツ州の位置
マサチューセッツの画像
州会議事堂撮影・RightIndex http://os7.biz/u/oGOg9

マサチューセッツ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/06 02:13 UTC 版)

マサチューセッツ州(マサチューセッツしゅう、: Commonwealth of Massachusetts[ˌmæsəˈsɪts] ( 音声ファイル))は、アメリカ合衆国北東部ニューイングランド6州の一つでもある。独立13州の一つ。マサチューセッツ州は「州」(State) の代わりにコモンウェルスを使っているが、日本語では他州と同様に「州」と訳されている。2020年国勢調査時点での人口は7,029,917人である[1]。アメリカ合衆国の誕生から政治・経済・商工業・文化・教育の中心地として、リーダー的役割を果たしてきた。名称は、先住民のマサチューセッツ人に由来する。


注釈

  1. ^ The Constitution of the Vermont Republic, adopted in 1777, prohibited involuntary servitude. Vermont became a state in 1791 and subsequently ratified a newer constitution in 1793. The Pennsylvania Gradual Abolition Act of 1780[28] made Pennsylvania the first state to abolish slavery by statute.[29]

出典

  1. ^ a b c QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年.
  2. ^ Salwen, Bert, 1978. Indians of Southern New England and Long Island: Early Period. In "Northeast", ed. Bruce G. Trigger. Vol. 15 of "Handbook of North American Indians", ed. William C. Sturtevant, pp. 160–76. Washington DC: Smithsonian Institution. Quoted in: Campbell, Lyle. 1997. American Indian Languages: The Historical Linguistics of Native America. Oxford: Oxford University Press, p. 401
  3. ^ Bright, William (2004). Native American Place Names of the United States. Norman: University of Oklahoma Press, p. 270
  4. ^ Tooker, William Wallace (1904). Algonquian Names of some Mountains and Hills. https://books.google.co.jp/books?id=U5cqAAAAYAAJ&pg=PA175&redir_esc=y&hl=ja .
  5. ^ East Squantum Street (Moswetuset Hummock)”. Quincy, Mass. Historical and Architectural Survey. Thomas Crane Public Library (1986年). 2009年6月24日閲覧。
  6. ^ Neal, Daniel (1747). “XIV: The Present State of New England”. The history of New-England. 2 (2 ed.). London: A. Ward. p. 216. OCLC 8616817. https://books.google.co.jp/books?id=u3opAAAAYAAJ&pg=PA216&redir_esc=y&hl=ja 2009年6月24日閲覧。 
  7. ^ Part One: Concise Facts – Name”. Secretary of the Commonwealth of Massachusetts. 2010年5月22日閲覧。
  8. ^ Kentucky as a Commonwealth”. Kentucky Department for Libraries and Archives. 2010年5月22日閲覧。
  9. ^ Which State Has The Longest Name Now?”. Patch (2020年11月6日). 2021年1月25日閲覧。
  10. ^ a b Brown & Tager 2000, pp. 6–7.
  11. ^ a b Origin & Early Mohican History”. Stockbridge-Munsee Community — Band of Mohican Indians. 2009年10月21日閲覧。
  12. ^ Brown & Tager 2000, p. 7.
  13. ^ Hoxie, Frederick E (1996). Encyclopedia of North American Indians. Boston: Houghton Mifflin Harcourt. p. 164. ISBN 978-0-395-66921-1. OCLC 34669430. https://books.google.com/?id=o-BNU7QuJkYC&pg=PA164 2009年7月30日閲覧。 
  14. ^ Marr, JS; Cathey, JT (Feb 2010). “New hypothesis for cause of an epidemic among Native Americans, New England, 1616–1619”. Emerging Infectious Disease. doi:10.3201/e0di1602.090276 
  15. ^ Koplow 2004, p. 13.
  16. ^ Goldfield et al. 1998, p. 30.
  17. ^ Brown & Tager 2000, pp. 30–32.
  18. ^ Goldfield et al. 1998, p. 66.
  19. ^ Brown & Tager 2000, p. 50.
  20. ^ “The Great Earthquake of 1755”. Historic Earthquakes. USGS. オリジナルの2011年11月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111110190706/http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/states/events/1755_11_18_hs.php 2011年2月7日閲覧。 
  21. ^ “Memorandum”. Boston Gazette: p. 1. (1755年11月24日) .
  22. ^ Goldfield et al. 1998, pp. 88–90.
  23. ^ Goldfield et al. 1998, pp. 95–96.
  24. ^ Massachusetts Legal Holidays”. Secretary of the Commonwealth. 2010年5月22日閲覧。
  25. ^ John Fraylor. Salem Maritime National Historic Park”. Nps.gov. 2012年9月3日閲覧。
  26. ^ a b c d John Adams”. National Park Service. 2010年5月30日閲覧。
  27. ^ Massachusetts Constitution, Judicial Review, and Slavery – The Quock Walker Case”. Massachusetts Judicial Branch (2007年). 2009年12月11日閲覧。
  28. ^ Explore PA history”. 2013年8月26日閲覧。.
  29. ^ “PA history”. Visitor information. PA, US: Legislature. http://www.legis.state.pa.us/WU01/VC/Visitor_info/pa_history/II.htm .
  30. ^ Shays Rebellion”. National Park Service. 2010年5月22日閲覧。
  31. ^ Statehood”. History. Maine: Senate. 2008年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月11日閲覧。
  32. ^ Brown & Tager 2000, p. 129.
  33. ^ Brown & Tager 2000, p. 211.
  34. ^ Brown & Tager 2000, p. 202.
  35. ^ Brown & Tager 2000, pp. 133–36.
  36. ^ Brown & Tager 2000, p. 179.
  37. ^ Goldfield et al. 1998, p. 251.
  38. ^ a b Goldfield et al. 1998, p. 254.
  39. ^ Brown & Tager 2000, p. 185.
  40. ^ Brown & Tager 2000, p. 183.
  41. ^ Brown & Tager 2000, pp. 187–93.
  42. ^ Robert Gould Shaw and the 54th Regiment”. National Park Service. 2009年10月19日閲覧。
  43. ^ Augustus Saint-Gaudens”. National Gallery of Art. 2009年10月19日閲覧。
  44. ^ Brown and Tager, p. 246.
  45. ^ Brown & Tager 2000, p. 276.
  46. ^ Job Loss, Shrinking Revenues, and Grinding Decline in Springfield, Massachusetts: Is A Finance Control Board the Answer?. UML. http://www.uml.edu/com/cita/05paperforrantmuckensturm.pdf .
  47. ^ Peck, Merton J. & Scherer, Frederic M. The Weapons Acquisition Process: An Economic Analysis (1962) Harvard Business School p.111
  48. ^ Brown & Tager 2000, pp. 275–83.
  49. ^ a b Brown & Tager 2000, p. 284.
  50. ^ Biography: Edward Moore Kennedy”. American Experience. 2010年5月28日閲覧。
  51. ^ The Kennedys: A Family Tree”. St. Petersburg Times. 2010年5月28日閲覧。
  52. ^ Kennedy Compound”. National Park Service. 2010年5月28日閲覧。
  53. ^ 米最高裁が却下 マサチューセッツの反戦訴訟『朝日新聞』1970年(昭和45年)11月10日朝刊 12版 23面
  54. ^ a b c d Grunwald, Michael. Dig the Big Dig [1] The Washington Post. August 6, 2006. . Retrieved May 31, 2010.
  55. ^ a b The Big Dig”. Massachusetts Department of Transportation. 2009年12月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月31日閲覧。
  56. ^ Same Sex Marriage: A Selective Bibliography”. Law-library.rutgers.edu. 2012年4月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月10日閲覧。
  57. ^ Population, Housing Units, Area, and Density (geographically ranked by total population): 2000”. United States Census Bureau. 2010年5月30日閲覧。
  58. ^ Massachusetts”. National Park Service. 2010年5月26日閲覧。
  59. ^ Massachusetts State Parks”. Massachusetts Department of Conservation and Recreation. 2010年5月26日閲覧。
  60. ^ Trail Maps”. Massachusetts Department of Conservation and Recreation. 2010年5月26日閲覧。
  61. ^ Getting Wet!”. Massachusetts Department of Conservation and Recreation. 2010年5月26日閲覧。
  62. ^ Stocker, Carol (2005年11月17日). “Old growth, grand specimens drive big-tree hunters”. The Boston Globe. http://www.boston.com/yourlife/home/articles/2005/11/17/old_growth_grand_specimens_drive_big_tree_hunters/ 2009年10月17日閲覧。 .
  63. ^ Current Research — Working Landscapes”. The Center for Rural Massachusetts — The University of Massachusetts Amherst. 2009年3月19日閲覧。
  64. ^ Massachusetts Forests”. MassWoods Forest Conservation Program — The University of Massachusetts Amherst. 2009年3月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年3月19日閲覧。
  65. ^ Northeastern Coastal Zone — Ecoregion Description”. United States Geological Survey. 2009年10月17日閲覧。
  66. ^ a b c State Mammal List”. Massachusetts Division of Fisheries & Wildlife. 2009年10月17日閲覧。
  67. ^ Peregrine Falcon (PDF)”. Massachusetts Division of Fisheries & Wildlife. 2010年5月26日閲覧。
  68. ^ Eastern Coyote in Massachusetts”. Massachusetts Division of Fisheries & Wildlife. 2010年5月26日閲覧。
  69. ^ Wild Turkey in Massachusetts (PDF)”. Massachusetts Division of Fisheries & Wildlife. 2010年5月26日閲覧。
  70. ^ Moose in Massachusetts”. Massachusetts Division of Fisheries & Wildlife. 2010年5月26日閲覧。
  71. ^ Black Bears in Massachusetts”. Massachusetts Division of Fisheries & Wildlife. 2010年5月26日閲覧。
  72. ^ Atlantic Flyway”. University of Nebraska. 2010年5月22日閲覧。
  73. ^ Common Loon (PDF)”. Massachusetts Division of Fisheries & Wildlife. 2010年5月28日閲覧。
  74. ^ Telemetry Research:Long-Tailed Ducks”. Mass Audubon. 2010年7月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月28日閲覧。
  75. ^ Roseate Tern”. Massachusets. 2013年8月26日閲覧。
  76. ^ Coastal Waterbird Program”. Mass Audubon. 2010年5月28日閲覧。
  77. ^ Monomoy National Wildlife Refuge – Wildlife and Habitat”. United States Fish and Wildlife Service. 2010年6月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月26日閲覧。
  78. ^ Best Bets for Fishing”. Massachusetts Division of Wildlife & Fisheries. 2010年5月30日閲覧。
  79. ^ Species Profiles”. Massachusetts Division of Marine Fisheries. 2010年5月30日閲覧。
  80. ^ Annual Estimates of the Population for the United States, Regions, States, and Puerto Rico: April 1, 2010 to July 1, 2012 (CSV)”. 2012 Population Estimates. United States Census Bureau, Population Division (2012年12月). 2012年12月22日閲覧。
  81. ^ Population: 1790 to 1990. US: census. http://www.census.gov/population/censusdata/table-16.pdf .
  82. ^ Resident Population of the 50 States, the District of Columbia, and Puerto Rico. US: Census. (2000). http://www.census.gov/population/cen2000/tab02.txt .
  83. ^ 2010 Data”. US: Census. 2011年2月1日閲覧。
  84. ^ (plain text) Population and Population Centers by State: 2000. United States: Census Bureau, Deparatment of Commerce. http://www.census.gov/geo/www/cenpop/statecenters.txt 2007年1月14日閲覧。 .
  85. ^ a b c Mishra, Raja (2006年12月22日). “State's population growth on stagnant course”. Boston Globe. http://www.boston.com/news/local/articles/2006/12/22/states_population_growth_on_stagnant_course/ 2010年6月5日閲覧。 .
  86. ^ “Experts say housing costs, schools key to job creation in Massachusetts”. The MetroWest Daily News (Framingham, MA). http://www.metrowestdailynews.com/news/x1840140755/Experts-say-housing-costs-schools-key-to-job-creation-in-Massachusetts .
  87. ^ Levenson, Michael (2006年12月10日). “Bay state's labor force diminishing”. Boston Globe. http://www.boston.com/jobs/news/articles/2006/12/10/bay_states_labor_force_diminishing/ 2010年6月5日閲覧。 .
  88. ^ a b c Bayles, Fred (2001年3月21日). “Minorities account for state population growth”. USA Today. http://www.usatoday.com/news/nation/census/ma.htm 2010年6月5日閲覧。 .
  89. ^ “Most spoken languages in Massachusetts”. Language Map Data Center. Modern Language Association. http://www.mla.org/map_data_results&state_id=25&mode=state_tops 2007年2月23日閲覧。 .
  90. ^ a b Massachusetts QuickFacts”. US: Census Bureau. 2013年8月26日閲覧。
  91. ^ Fact finder. US: Census. http://factfinder2.census.gov/faces/tableservices/jsf/pages/productview.xhtml?pid=DEC_10_DP_DPDP1&prodType=table 2013年8月26日閲覧。 .
  92. ^ Massachusetts – Race and Hispanic Origin: 1790 to 1990”. US: Census Bureau. 2013年8月26日閲覧。
  93. ^ Exner, Rich (2012年6月3日). “Americans under age 1 now mostly minorities, but not in Ohio: Statistical Snapshot”. The Plain Dealer. http://www.cleveland.com/datacentral/index.ssf/2012/06/americas_under_age_1_populatio.html 
  94. ^ Brown & Tager 2000, p. 173.
  95. ^ Brown & Tager 2000, pp. 173–79.
  96. ^ Brown & Tager 2000, p. 203.
  97. ^ Brown & Tager 2000, p. 301.
  98. ^ Imagine all the people: Haitian immigrants in Boston (PDF)”. Boston Development Authority. 2010年5月30日閲覧。
  99. ^ Whaling Industry and Portuguese Immigration Centered in New Bedford, Mass”. Library of Congress. 2010年6月1日閲覧。
  100. ^ a b Brettell 2003, pp. xii–xiv.
  101. ^ Schweitzer, Sarah (2010年2月15日). “Lowell hopes to put 'Little Cambodia' on the map”. The Boston Globe. http://www.boston.com/news/local/massachusetts/articles/2010/02/15/lowell_hopes_to_put_little_cambodia_on_the_map/ 2010年5月31日閲覧。 .
  102. ^ “Wampanoag Tribe Receives Federal Recognition”. WBZ-TV. Associated Press (Boston, MA). オリジナルの2007年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070928041708/http://wbztv.com/topstories/local_story_046132927.html 2007年2月20日閲覧。 .
  103. ^ Weber, David (2007年2月15日). “Mashpee Wampanoag Indians receive federal recognition”. The Boston Globe. http://www.boston.com/news/local/massachusetts/articles/2007/02/15/mashpee_wampanoag_indians_receive_federal_recognition/ 2007年2月20日閲覧。 [リンク切れ].
  104. ^ Brown & Tager 2000, pp. 180–82.
  105. ^ Brown & Tager 2000, pp. 257–58.
  106. ^ Brown & Tager 2000, pp. 300–4.
  107. ^ About Unitarian Universalism”. Blue Hills Unitarian Universalist Fellowship. 2010年5月30日閲覧。
  108. ^ Maps & Reports”. The Association of Religion Data Archives. 2011年2月1日閲覧。
  109. ^ Butterfield, Fox (1989年5月14日). “The Perfect New England Town”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1989/05/14/travel/the-perfect-new-england-village.html?sec=&spon= 2010年5月30日閲覧。 
  110. ^ American Religious Identification Survey (JPEG)”. Exhibit 15. New York: The Graduate Center, City University. 2007年9月21日閲覧。
  111. ^ a b Information and Historical Data on Cities, Towns, and Counties in the Commonwealth of Massachusetts”. Secretary of the Commonwealth of Massachusetts. 2010年6月8日閲覧。
  112. ^ See w:Administrative divisions of Massachusetts#The city/town distinction.
  113. ^ Sokolow 1997, pp. 293–6.
  114. ^ Massachusetts Government: County Government”. League of Women Voters. 2009年10月19日閲覧。
  115. ^ Find a County”. National Association of Counties. 2007年6月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月19日閲覧。
  116. ^ Levy, Leonard (1995). Seasoned Judgments: The American Constitution, Rights, and History. p. 307. https://books.google.co.jp/books?id=-7lKq0dfs54C&pg=PA307&dq=Massachusetts+world%27s+oldest+constitution&hl=en&sa=X&ei=0yr7Tt6YC6Hw0gHimcSNAg&redir_esc=y#v=onepage&q=Massachusetts%20world%27s%20oldest%20constitution&f=false 
  117. ^ Kemp, Roger (2010). Documents of American Democracy. p. 59. https://books.google.co.jp/books?id=JHawgM-WnlUC&pg=PA59&dq=Massachusetts+world%27s+oldest+constitution&hl=en&sa=X&ei=0yr7Tt6YC6Hw0gHimcSNAg&redir_esc=y#v=onepage&q=Massachusetts%20world%27s%20oldest%20constitution&f=false 
  118. ^ Murrin, John (2011). Liberty, Power, and Equality: A History. https://books.google.co.jp/books?id=CADtJymgzk4C&pg=PT222&dq=Massachusetts+world%27s+oldest+constitution&hl=en&sa=X&ei=Iiz7TprzA-fo0QGVp51s&redir_esc=y#v=onepage&q=Massachusetts%20world%27s%20oldest%20constitution&f=false 
  119. ^ John Adams and the Massachusetts Constitution”. Massachusetts Judicial Branch, mass.gov (2007年). 2009年7月18日閲覧。
  120. ^ Gianoulis, Tina (2005年10月13日). “Noble, Elaine”. glbtq: An Encyclopedia of Gay, Lesbian, Bisexual, Transgender, and Queer Culture. 2007年10月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  121. ^ a b c d e f g h Massachusetts Facts: Politics”. Secretary of the Commonwealth of Massachusetts. 2010年6月1日閲覧。
  122. ^ Members of the 111th Congress”. United States Senate. 2009年10月18日閲覧。
  123. ^ Massachusetts Congressional Districts (PDF)”. Massachusetts Secretary of the Commonwealth. 2009年10月18日閲覧。
  124. ^ Geographic Boundaries of United States Courts of Appeals and United States District Courts (PDF)”. US: Courts. 2009年10月18日閲覧。
  125. ^ 2008 Presidential Election”. Electoral College. US: Archives. 2010年6月2日閲覧。
  126. ^ Frequently Asked Questions”. Electoral College. US: Archives. 2010年6月2日閲覧。
  127. ^ Brown & Tager 2000, p. 310.
  128. ^ Page, Susan; Lawrence, Jill (2004年7月11日). “Does 'Massachusetts liberal' label still matter?”. USA Today. http://www.usatoday.com/news/politicselections/nation/president/2004-07-25-mass-liberal_x.htm 2009年10月17日閲覧。 
  129. ^ Mapping MA election results”. R bloggers. 2013年8月26日閲覧。.
  130. ^ Bloch, Matthew; Cox, Amanda; Ericson, Matthew; Hossain, Farhana; Tse, Archie (2010年1月19日). “Interactive Map, Election Results and Analysis”. The New York Times. http://www.nytimes.com/interactive/2010/01/19/us/politics/massachusetts-election-map.html 2010年5月22日閲覧。 
  131. ^ Fiery consumer advocate Elizabeth Warren beats Scott Brown in Massachusetts Senate race” (2011年11月6日). 2013年7月31日閲覧。
  132. ^ “State Vote 2006: Election Profile, Massachusetts”. State Legislatures Magazine (National Conference of State Legislatures). http://www.ncsl.org/ncsldb/elect98/profile.cfm?yearsel=2006&statesel=MA 2007年11月17日閲覧。 .
  133. ^ Gordon, Meryl (2002年1月14日). “Weld at Heart”. New York. http://nymag.com/nymetro/news/politics/national/features/5574/ 2010年5月23日閲覧。 .
  134. ^ Vennochi, Joan (2007年6月17日). “Romney's liberal shadow”. The Boston Globe. http://www.boston.com/news/globe/editorial_opinion/oped/articles/2007/06/17/romneys_liberal_shadow/ 2010年5月23日閲覧。 .
  135. ^ (PDF) Federal Elections 2004. Federal Election Commission. p. 22. http://www.fec.gov/pubrec/fe2004/federalelections2004.pdf 2009年10月17日閲覧。 
  136. ^ 2008 Presidential Popular Vote Summary (PDF)”. Federal Election Commission. 2009年10月17日閲覧。
  137. ^ Death Penalty Information Center>State by State>State Pages>Massachusetts 2012年6月19日閲覧
  138. ^ Same-sex couples ready to make history in Massachusetts”. CNN. July 31,2013閲覧。
  139. ^ Massachusetts Makes Health Insurance Mandatory”. National Public Radio (2007年7月3日). 2009年10月18日閲覧。
  140. ^ 2008 Return of Votes Complete (PDF)”. Massachusetts Secretary of the Commonwealth (2008年12月17日). 2009年10月18日閲覧。
  141. ^ Massachusetts voters approve ballot measure to legalize medical marijuana”. NY Times Co.. 2013年4月13日閲覧。
  142. ^ Gross Domestic Product by State”. Bureau of Economic Analysis. 2010年6月1日閲覧。
  143. ^ State Personal Income 2008”. Bureau of Economic Analysis. 2010年6月8日閲覧。
  144. ^ “Fortune 500 – States”. CNN. (2010年7月27日). http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune500/2010/states/MA.html 2010年7月27日閲覧。 
  145. ^ America's Top States for Business 2010 (Web ed.). CNBC. (May 9, 2011). オリジナルの2011年12月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111226183123/http://www.cnbc.com/id/37516043 .
  146. ^ Mass. unemployment rate falls to 6.0% in March, down from 6.9% in February”. Boston Globe (2012‐6‐14). 2011年6月14日閲覧。
  147. ^ a b c 2009 State Agriculture Overview (Massachusetts)”. United States Department of Agriculture. 2006年11月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年6月1日閲覧。
  148. ^ Massachusetts Cranberries”. United States Department of Agriculture (2007年1月26日). 2010年5月23日閲覧。
  149. ^ a b c d Massachusetts”. The Tax Foundation. 2010年5月24日閲覧。
  150. ^ Mass. income tax rate cut by .05 percent”. Yahoo. 2012年5月10日閲覧。
  151. ^ a b Tax Rates”. Massachusetts Department of Revenue. 2010年5月24日閲覧。
  152. ^ TIR 13-10: Sales and Use Tax on Computer and Software Services Law Changes Effective July 31, 2013”. 2013年7月29日閲覧。
  153. ^ A Guide to Sales and Use Tax”. MA, US: Department of Revenue. 2010年5月24日閲覧。
  154. ^ “Massachusetts”. Electricity deregulation. Good Energy. http://www.goodenergy.com/electricity_deregulation/massachusetts.aspx .
  155. ^ Shen, Andrew (2011年10月25日). “Massachusetts Passes California As The Most Energy Efficient State”. Business insider. 2012年1月25日閲覧。
  156. ^ Acela Express”. Routes. Amtrak. 2010年5月22日閲覧。
  157. ^ Subway Map”. Massachusetts Bay Transit Authority. 2010年5月22日閲覧。
  158. ^ Bus Schedules & Maps”. Massachusetts Bay Transit Authority. 2010年5月22日閲覧。
  159. ^ Boat Map and Schedules”. Massachusetts Bay Transit Authority. 2010年5月22日閲覧。
  160. ^ Commuter Rail Maps and Schedules”. Massachusetts Bay Transit Authority. 2010年5月22日閲覧。
  161. ^ CapeFlyer”. 2013年7月29日閲覧。
  162. ^ T announces summer Cape Cod train service”. WCVB-TV. 2013年7月29日閲覧。
  163. ^ Your Transit Authorities”. Massachusetts Association of Regional Transit Authorities. 2010年5月23日閲覧。
  164. ^ Cape Cod Central Railroad”. Cape Cod Central Railroad. 2010年5月23日閲覧。
  165. ^ 2010 Scenic Train Schedule”. Berkshire Scenic Railway Museum. 2010年5月23日閲覧。
  166. ^ Railroad Service in Massachusetts”. Association of American Railroads. 2010年6月2日閲覧。
  167. ^ Background”. The Woods Hole, Martha's Vineyard and Nantucket Steamship Authority. 2010年5月24日閲覧。
  168. ^ a b Who We Are”. Massachusetts Port Authority. 2010年5月24日閲覧。
  169. ^ Massa aeronautics”. 2013年8月26日閲覧。.
  170. ^ Transportation”. Secretary of the Commonwealth of Massachusetts. 2010年5月31日閲覧。
  171. ^ Brown and Tager, pp. 283–284.
  172. ^ Dejnozka et al. 1982, p. 313.
  173. ^ Dejnozka et al. 1982, p. 311.
  174. ^ Goldfield et al. 1998, pp. 251–52.
  175. ^ Ramírez, Eddy (2007年11月29日). “The First Class State”. U.S. News & World Report. http://www.usnews.com/articles/education/high-schools/2007/11/29/the-first-class-state.html 2010年6月5日閲覧。 .
  176. ^ Rimer, Sara; Finder, Alan (2007年2月10日). “Harvard Plans to Name First Female President”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/02/10/education/10harvard.html?_r=1 2010年6月5日閲覧。 .
  177. ^ “Mount Holyoke”. Admissions. StudyPoint. http://www.studypoint.com/admissions/mount-holyoke/ .
  178. ^ Compulsory Education. National Conference of State Legislatures. http://www.ncsl.org/programs/educ/CompulsoryEd.htm 2006年12月28日閲覧。 .
  179. ^ “Table 5. Current Expenditures ($) per Student in Public K-12 Schools, 2004–05”. Estimates Database. National Education Association. (2006). footnote Rankings & Estimates 2005–2006, Rankings, Table H-11. オリジナルの2007年10月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071013030028/http://www.nea.org/edstats/RankFull06b.htm#T5 2007年1月12日閲覧。 .
  180. ^ 2007 NAEP Tests: Summary of Results for Massachusetts (PDF)”. MA, Department of Elemtary & Secondary Education. 2010年5月22日閲覧。
  181. ^ A Practical Guide to Living in the State – Education”. MA, US: Secretary of the Commonwealth. 2010年6月2日閲覧。
  182. ^ World's Best Universities:Top 400”. US News & World Report (2010‐2‐25). 2010年5月25日閲覧。
  183. ^ Academic Rankings of World Universities – 2009”. Academic Ranking of World Universities. 2013年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月25日閲覧。
  184. ^ Top 200 World Universities”. Times Higher Education World University Rankings. UK: The Times. 2010年5月25日閲覧。
  185. ^ The UMass System”. University of Massachusetts Amherst. 2010年5月25日閲覧。
  186. ^ UMass – Facts 2009–2010 (PDF)”. University of Massachusetts Amherst. 2010年5月25日閲覧。



マサチューセッツ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 19:42 UTC 版)

電動バス」の記事における「マサチューセッツ州」の解説

マサチューセッツ湾交通局MBTA:Massachusetts Bay Transportation Authority)は1,150台のバスで約180路線運行し現在の平日平均乗車人数276,000人である。2019年MBTAローガン空港ボストン南駅チャイナタウンなどに乗り入れるシルバーライン用に、60フィートバッテリー電気バスを5台購入した。その経験を生かし2040年までに完全な電気自動車運行を行う予定である

※この「マサチューセッツ州」の解説は、「電動バス」の解説の一部です。
「マサチューセッツ州」を含む「電動バス」の記事については、「電動バス」の概要を参照ください。


マサチューセッツ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/23 02:16 UTC 版)

フェアフィールド」の記事における「マサチューセッツ州」の解説

フェアフィールド (マサチューセッツ州) - マサチューセッツ州にある地名

※この「マサチューセッツ州」の解説は、「フェアフィールド」の解説の一部です。
「マサチューセッツ州」を含む「フェアフィールド」の記事については、「フェアフィールド」の概要を参照ください。


マサチューセッツ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 15:59 UTC 版)

タウンミーティング」の記事における「マサチューセッツ州」の解説

人口6000人未満の町は常に直接制であり、それ以上の町は憲章変更することで代表制選択するともできる

※この「マサチューセッツ州」の解説は、「タウンミーティング」の解説の一部です。
「マサチューセッツ州」を含む「タウンミーティング」の記事については、「タウンミーティング」の概要を参照ください。


マサチューセッツ州 (1908–1971年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 06:56 UTC 版)

表と裏が異なる旗」の記事における「マサチューセッツ州 (1908–1971年)」の解説

マサチューセッツ州の旗 1901年制式として制定された旗は、表側弓矢持ったアルゴンキン・ネイティブ・アメリカンを、裏側に松の木デザインデザインしたのだったが、1971年裏側松の木デザイン外した。矢は下を指しており、平和を意味している

※この「マサチューセッツ州 (1908–1971年)」の解説は、「表と裏が異なる旗」の解説の一部です。
「マサチューセッツ州 (1908–1971年)」を含む「表と裏が異なる旗」の記事については、「表と裏が異なる旗」の概要を参照ください。


マサチューセッツ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 22:58 UTC 版)

村 (アメリカ合衆国)」の記事における「マサチューセッツ州」の解説

マサチューセッツ州では、州内全域法人化された基礎自治体である市と町区画されている。例えば、ニュートンのように、一部基礎自治体においては/ビレッジ称されるものがあるが、これは近隣住区相当するものであり、通常統治関わる法人も、正式な境界線行政上認知もない。案内表示や、駐車規制区画アメリカ合衆国郵便公社用い呼称などにおいては (village) と近隣住区 (neighborhood) が同義扱われることもある。

※この「マサチューセッツ州」の解説は、「村 (アメリカ合衆国)」の解説の一部です。
「マサチューセッツ州」を含む「村 (アメリカ合衆国)」の記事については、「村 (アメリカ合衆国)」の概要を参照ください。


マサチューセッツ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/19 03:29 UTC 版)

ボストン郵便道路」の記事における「マサチューセッツ州」の解説

マサチューセッツ州では、ノーフォーク・ブリストル有料道路が、ポータケット (ロードアイランド州)ロクスベリー (マサチューセッツ州)間の直線道路として1803年設立された。それは通過する多くの町でワシントン・ストリート(en)として知られている市街地迂回するため、この道路の南半分はほとんど使用されなかった。 さらに、この有料道路西側現在のマサチューセッツ州道Route 1Aに沿ってよく使用される別のルート通った。 サウスアトルボロ この郵便道路は、サウスアトルボロの集落通ってアトルボロの町のニューポート・アベニュー(Route 1A)でマサチューセッツ州に入った。それはニューポート・アベニューで州道Route123に沿って北東へと続き、ノースアトルボロに入るため北に(ニューポート・アベニューに留まるものと)分岐している。 ノースアトルボロ ノースアトルボロ中心部南にある古い道路は、旧郵便道路として知らている。この古い道路は、州道Route120との交差点のすぐ南にある有料道路(現:US国道1号)を通過し交差点北にある有料道路合流する前に小さなカーブ作っていた。このカーブ経路は現在無くなったため、交通にはUS国道1号線を使う必要がある。さらに、US国道1号線州道Route120の交差点有料道路出て、イースト・ワシントン・ストリートでノースアトルボロ中心部迂回するロウアー郵便道路はワシントン・ストリートでノースアトルボロ・センターを通り抜け後に有料道路一部として使用された。もう1つの短い曲がった経路中心部北側のワシントン・ストリートの西にまだ存在しており、現在は「パーク・ストリート」と呼ばれている。このすぐ北で、このルートはテンマイル川(en)を渡り次にUS国道1号州道Route1Aとの複雑な五叉路に入る。真っ直ぐ続くUS国道1号は古い有料道路で、右へ行くUS国道1号1930年代建造された。郵便道路右折してエルムウッド・ストリートへと向かった。プレインビル(en)の中心通って州道Route1Aに左に分岐するものは、ボストンへの代替ルートだった。 エルムウッド・ストリートはプレインビルの町に入り、そこでメッセンジャー・ストリートになる。この道路は州道Route106と合流してウィルキンズ交差点州道Route152を渡りフォックスボロ (マサチューセッツ州)に入る。 シャロン(en) シャロンの町からイーストウォルポール(en)へと入る道は旧郵便道路として知られており、それはプレザント・ストリートとして北にノーウッドまで続いている。 イーストウォルポール(ウォルポール(en)の一部) ノーウッド(en) ノーウッドでは、郵便道路最も古い経路がプレザント・ストリートとの交差点までネポンセット・ストリートを南へ続いた。より新しルートはワシントン・ストリートをたどってノーウッド中心部通りウォルポール方面南へ向かったイズリントンウェストウッド(en)の一部郵便道路はイースト・ストリートからワシントン・ストリートに入りノーウッド方面南へ向かったデダム デダムでは、この道路は現代のロウアー・イースト・ストリートをたどってボストンへと北に向かった。ここで郵便道路は分かれて、最古のルート1704年以前)はデダム村中心部南にあるワシントン・ストリート(州道Route 1A)にぶつかるまで、古い湿地帯周り弧を描くイースト・ストリートをたどっていく。 新しい道路(1744年までに使用中)はハイ・ストリートからコート・ストリートへまで進むと、ハイランド・ストリートおよびエルム・ストリートに沿って南に続き州間高速道路95号線(en)の南のイースト・ストリートに再合流するロクスベリー ロクスベリーで、その道路はロクスベリー・ストリートを下って現在のジャクソン・スクエアMBTA駅の場所にあったでストーニー・ブルックを超えつつ、フォート・ヒルの端を回る現在のセンター・ストリートたどったこの道センター・ストリート南下して現在のハイド・スクエアおよびジャマイカ・プレイン(en)を通りデダムまで南に続いたボストン この植民地都市では、道路18世紀地方自治中心地である旧州会議事堂 (ボストン)(en)から始まったかつてはコーンヒル、オレンジ、ニューベリー・ストリートなどと呼ばれたが、現在はワシントン・ストリートとなり、ボストンネックからロクスベリー向かって南へ走っている

※この「マサチューセッツ州」の解説は、「ボストン郵便道路」の解説の一部です。
「マサチューセッツ州」を含む「ボストン郵便道路」の記事については、「ボストン郵便道路」の概要を参照ください。


マサチューセッツ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/19 03:29 UTC 版)

ボストン郵便道路」の記事における「マサチューセッツ州」の解説

ダグラス(en) マサチューセッツ州線を渡ると南西メイン・ストリートとしてダグラスの町に入る。この区間ダグラス州立森林公園(en)を通過し、現在でも公道として使用されているルートの中で最も遠隔地なるひとつである。ここの1マイル(1.6km)区間2002年まで未舗装だった。ダグラス中心部で、郵便道路はマサチューセッツ州道Route16たどってイーストダグラスへと東に向かう。州道Route16南に曲が地点で、郵便道路北東メイン・ストリートとして東へ続き、それはアクスブリッジ町道(town line)につながる。 フランスラファイエット将軍ワシントン共闘するためにこの道を往来しアメリカ独立戦争中にダグラス立ち寄ったアクスブリッジ アクスブリッジに入ると、道路の名前がハートフォード・アベニューに変わる。 ハートフォード・アベニューは街を横断する主要道路で、その全長郵便道路経路になっているダグラス町道からマサチューセッツ州道Route122の交差点までは、ハートフォード・アベニュー・ウエストとして知られており、 州道Route122からメンダン町道まではハートフォード・アベニュー・イーストとして知られているブラックストーン運河英語版)に架かるオリジナルの石造りアーチ橋は、現在も使用されている石造りアーチ橋近くに南北戦争野営地があり、その道フレンチ・インディアン戦争中は軍隊使用され米英戦争中は補給路として使用された。ジョージ・ワシントンは、1775年ボストン大陸軍 (アメリカ)指揮した時や、1789年ニューイングランド就任後歴訪した時など、この道路を往来する際に何度もここで停車したメンダン(en) 郵便道路はハートフォード・アベニュー・ウエストとしてアクスブリッジからこの町に入る。それは州道Route16をたどり、それは郵便道路ルートに従ってメープル・ストリートへ東に1.5マイル(2.4km)向かい、それはメンダン町の中心部への経路をたどる。そこからは、この郵便道路外側南のプロビデンス-ウスター郵便道路たどった。この区画はプロビデンス・ストリートの一部である町の中心の南約1マイル(1.6km)で道は分岐。郵便道路東に進み、現在はハートフォード・アベニュー・イーストとして知られているこの道路はベリンハム町道まで元来郵便道路ルートをたどる。 歴史的な37マイルストーン今でもこのルートに沿って置かれている。 ベリンハム(en) 郵便道路メンダンからハートフォード・アベニューとして入る。 マサチューセッツ州道Route126は、州間高速道路495号線を渡る少し手前この道に合流する州道Route126は郵便道路ルートたどってメドウェイの町道への道の余りまで続く。 メドウェイ(en) メンダンからの当初郵便道路は、ビレッジ・ストリートをたどってメドウェイを通り抜けチャールズ川付近のメドウェイ居酒屋および宿屋へと進む。郵便道路ミリス1885年までメドウェイの一部)を通って現在のビレッジ・ストリートをたどった19世紀初頭ハートフォードデダム有料道路建設され(現在は州道Route109)、グレート・ブラック・スワンプ(en)を通って建設され直線ルートで、町中心部大きな丘を上ったミリス(en) ミリスにおける当初郵便道路メッドウェイからビレッジ・ストリートに続いて現在の州道Route109を横断し現在のドーヴァー・ロードに従ってチャールズ川架かる一連のがメドフィールドへにつながる場所へ向かった1806年から1810年にかけて、ハートフォード・デダム有料道路建設され(現在は州道Route109)、メドフィールドの町境でチャールズ川を超え、グレート・ブラック・スワンプを通る土手道建設しようとする計画はほとんど潰れた。 メドフィールド(en) デダム アッパー郵便道路(US国道20号)もウェストン通り、ギフォード・スクール(en)に直接つながる。

※この「マサチューセッツ州」の解説は、「ボストン郵便道路」の解説の一部です。
「マサチューセッツ州」を含む「ボストン郵便道路」の記事については、「ボストン郵便道路」の概要を参照ください。


マサチューセッツ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:48 UTC 版)

同性結婚」の記事における「マサチューセッツ州」の解説

2003年11月18日 マサチューセッツ州最高裁が、グッドリッジ対州公衆衛生局英語版)の訴訟で、同性結婚認めないのは州憲法の「状態の平等な保護条項違反であるとして180以内実現指示する2004年5月17日 同性結婚の登録が始まった

※この「マサチューセッツ州」の解説は、「同性結婚」の解説の一部です。
「マサチューセッツ州」を含む「同性結婚」の記事については、「同性結婚」の概要を参照ください。


マサチューセッツ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/19 03:59 UTC 版)

コモンウェルス (米国州)」の記事における「マサチューセッツ州」の解説

マサチューセッツ州は、州憲法において「The Commonwealth of Massachusetts」と名乗っている。もともと、1780年までに制定されすべての法と決議と、州憲法最初の草案においては植民地時代マサチューセッツ湾植民地マサチューセッツ湾直轄植民地以来の名称を継承したState of Massachusetts Bay」という名が用いられていた。「コモンウェルス」と称する現在の名称は、ジョン・アダムズ起草した州憲法第2次草案遡ることができ、この草案1780年州憲法として採択されものである

※この「マサチューセッツ州」の解説は、「コモンウェルス (米国州)」の解説の一部です。
「マサチューセッツ州」を含む「コモンウェルス (米国州)」の記事については、「コモンウェルス (米国州)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マサチューセッツ州」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「マサチューセッツ州」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マサチューセッツ州」の関連用語

マサチューセッツ州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マサチューセッツ州のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマサチューセッツ州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの電動バス (改訂履歴)、フェアフィールド (改訂履歴)、タウンミーティング (改訂履歴)、表と裏が異なる旗 (改訂履歴)、村 (アメリカ合衆国) (改訂履歴)、ボストン郵便道路 (改訂履歴)、同性結婚 (改訂履歴)、コモンウェルス (米国州) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS