ネバダ州とは? わかりやすく解説

ネバダ【Nevada】

読み方:ねばだ

米国西部の州。州都カーソンシティー西の州境シエラネバダ山脈が走る。大規模な放牧などの採掘が盛ん。賭博公認され南部ラスベガスがある。→アメリカ合衆国[補説]

ネバダの画像
ネバダ州の位置
ネバダの画像

ネバダ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 14:56 UTC 版)

ネバダ州(ネバダしゅう、: State of Nevada)は、アメリカ合衆国西部に位置する。地域区分としてはロッキー山脈西部およびアメリカ合衆国南西部にも含められる。面積は110,561平方マイル (286,350 km2) であり、全米50州の中で第7位。人口は2020年時点で約310万人で、全米第32位である。州の総人口の2/3以上がラスベガス都市圏に住んでいる。この都市圏にはネバダ州の人口の多い都市上位3つ(ラスベガス市自体を含む)、および国勢調査指定地域(CDP)上位4つが入っている[1]




  1. ^ a b c d QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年.
  2. ^ Federal Land Acres in Nevada”. US Dept. of the Interior, Bureau of Land Management. 2006年9月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月7日閲覧。
  3. ^ "Early Native Americans", "nevada-history.org", accessed Dec 27, 2010
  4. ^ Rocha, Guy "Myth #12 - Why Did Nevada Become a State?" Archived 2013年10月24日, at the Wayback Machine., "Nevada State Library and Archives", accessed Jan 9, 2011
  5. ^ Bible, Bill "Protect Gaming's Legacy", "Las Vegas Sun", August 11, 2000, accessed Jan 9, 2011
  6. ^ Jain, Priya "Betty Goes Reno", "Slate.com", July 21, 2010, accessed January 9, 2011
  7. ^ "Nevada Employment & Unemployment Estimates for November 2010", "Nevada Department of Employment, Training, and Rehabilitation"
  8. ^ "Frequently Asked Questions", Nevada Mining Association, accessed January 7, 2011
  9. ^ Nevada”. Wordreference.com. 2007年2月24日閲覧。
  10. ^ Nevada”. Online Etymology Dictionary. 2017年11月15日閲覧。
  11. ^ Myth #123 - Pronouncing Nevada”. Nevadaculture.org. 2010年7月31日閲覧。
  12. ^ a b National Climatic Data Center, Asheville, N.C., and Storm Phillips, Stormfax, Inc.
  13. ^ Federal Writers' Project (1940). Nevada:a guide to the Silver state. US History Publishers. p. 11. ISBN 160354027X 
  14. ^ http://2010.census.gov/2010census/data/apportionment-pop-text.php
  15. ^ www.census.gov”. 2010年7月31日閲覧。
  16. ^ Boomburbs; Smart Growth at the Fringe? p.2. Metropolitan Institute at Virginia Tech. 2005年1月29日.
  17. ^ Nevada - Selected Social Characteristics in the United States, 2008 American Community Survey 1–year Estimates, U.S. Census Bureau, 2008. Retrieved 2010-06-23.
  18. ^ Nevada – Selected Population Profile in the United States
  19. ^ Language Map Data Center”. Mla.org (2007年7月17日). 2010年7月31日閲覧。
  20. ^ Slevin, Peter (2010年4月30日). “New Arizona law puts police in 'tenuous' spot”. Washington, DC: Washington Post. pp. A4. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/29/AR2010042904970.html?sid=ST2010042905051 
  21. ^ Pew Forum on Religion & Public Life”. Religions.pewforum.org. 2010年7月31日閲覧。
  22. ^ The Association of Religion Data Archives |Maps & Reports”. Thearda.com. 2010年7月31日閲覧。
  23. ^ Lawrence M. Friedman, American Law in the Twentieth Century (New Haven:Yale University Press, 2002), 596-597.
  24. ^ The Tax Foundation - Tax Research Areas > Nevada”. Tax Foundation. 2010年9月15日閲覧。
  25. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月4日閲覧。
  26. ^ State smoking ban sparks zone-change request for Gardnerville parcel Nevada Appeal serving Carson City, Nevada”. Nevadaappeal.com (2007年10月6日). 2010年7月31日閲覧。
  27. ^ Have Nevada bars given up the smoking habit?”. Kvbc.com. 2011年9月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  28. ^ Las Vegas Now-Breaking News, Local News, Weather, Traffic, Streaming Video, Classifieds, Blogs - UPDATED:Bilbo's Smoking Lawsuit Case”. Klas-tv.com. 2010年7月31日閲覧。
  29. ^ a b “Nevada Ranked Most Dangerous State”. KIROTV. (2008年3月17日). http://www.kirotv.com/news/15618530/detail.html 2009年1月4日閲覧。 
  30. ^ “The guardian is guilty: April Parks, others plead guilty in guardianship abuse case”. KTNV. (2018年11月5日). https://www.ktnv.com/news/contact-13/april-parks-others-plead-guilty-in-guardianship-exploitation-case 2019年9月4日閲覧。 
  31. ^ “Disgraced former Nevada guardian sentenced to serve up to 40 years”. KTNV. (2019年1月4日). https://www.ktnv.com/news/investigations/disgraced-former-nevada-guardian-sentenced-to-serve-up-to-40-years 2019年9月4日閲覧。 
  32. ^ “Guardianship System Still Under Scrutiny - But There Is Progress”. KNPR. (2019年2月21日). https://knpr.org/knpr/2019-02/guardianship-system-still-under-scrutiny-there-progress 2019年9月4日閲覧。 
  33. ^ Voter Registration Statistics - 2010 Elections”. Nevada Secretary of State. 2010年7月7日閲覧。
  34. ^ The Economist, August 21, 2010, p. 35
  35. ^ BEA :Gross Domestic Product by State”. Bea.gov (2009年6月2日). 2010年7月31日閲覧。
  36. ^ United States Department of Agriculture Nevada State Agriculture Overview - 2005 Archived 2006年5月23日, at the Wayback Machine.
  37. ^ Taxation Publications”. Tax.state.nv.us. 2010年7月31日閲覧。
  38. ^ State-by-State Fact Sheets on Lodging Industry”. 2010年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月18日閲覧。
  39. ^ S. Spacek, 2011 American State Litter Scorecard:New Rankings for An Increasingly Concerned Populace
  40. ^ Wilderness.net”. Wilderness.net. 2010年7月31日閲覧。
  41. ^ Clark County School District:Overview”. Las Vegas Sun. 2011年6月18日閲覧。
  42. ^ BREAN, HENRY (2006年7月6日). “'Lovefest' for Coyote Springs”. http://www.reviewjournal.com/lvrj_home/2006/Jul-06-Thu-2006/news/8336867.html 2006年7月6日閲覧。 
  43. ^ “米国の自殺率、過去約20年で25%増加 CDC調査”. CNN. (2018年6月14日). https://www.cnn.co.jp/usa/35120779.html 2018年7月21日閲覧。 



ネバダ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 06:24 UTC 版)

2020年アメリカ合衆国大統領選挙における郵便投票不正疑惑」の記事における「ネバダ州」の解説

リチャード・グレネル(英語版)は、「ここ、ネバダ州で投票した3060人のことなんだが... 彼らはネバダ州在住ではない。これは違法だ("3,060 people here in Nevada that voted … illegally, they are not residents of Nevada.")」と強く主張した共和党法律家クラーク郡投票した3000人以上の名簿公表し、彼らが投票した時点でクラーク郡住人ではなかったと伝えている。しかしネバダ州では、投票日30日前に投票のためにネヴァダ州移住することや、他の州大学在籍する大学生がネバダ州で投票することを容認しているため、グレネルの言う違法性証明できないものである。またその名簿には郵便投票をした海外駐在軍人掲載されていた。

※この「ネバダ州」の解説は、「2020年アメリカ合衆国大統領選挙における郵便投票不正疑惑」の解説の一部です。
「ネバダ州」を含む「2020年アメリカ合衆国大統領選挙における郵便投票不正疑惑」の記事については、「2020年アメリカ合衆国大統領選挙における郵便投票不正疑惑」の概要を参照ください。


ネバダ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/24 00:32 UTC 版)

アメリカ合衆国の主要ホテル一覧」の記事における「ネバダ州」の解説

ラスベガスのホテル一覧参照

※この「ネバダ州」の解説は、「アメリカ合衆国の主要ホテル一覧」の解説の一部です。
「ネバダ州」を含む「アメリカ合衆国の主要ホテル一覧」の記事については、「アメリカ合衆国の主要ホテル一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ネバダ州」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ネバダ州」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネバダ州」の関連用語

ネバダ州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ネバダ州のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネバダ州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2020年アメリカ合衆国大統領選挙における郵便投票不正疑惑 (改訂履歴)、アメリカ合衆国の主要ホテル一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS