コネチカット州とは? わかりやすく解説

コネチカット【Connecticut】

読み方:こねちかっと

コネティカット


コネチカット州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/29 20:05 UTC 版)

座標: 北緯41度36分 西経72度42分 / 北緯41.6度 西経72.7度 / 41.6; -72.7


  1. ^ Population Estimates for All Places: 2000 to 2006: Connecticut SUB-EST2006-04-09.xls. United States Census Bureau. Retrieved October 16, 2007.
  2. ^ Connecticut - Definitions from Dictionary.com”. 2010年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月17日閲覧。
  3. ^ State of Connecticut Center of Population - From ngs.noaa.gov”. 2010年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月30日閲覧。
  4. ^ Sites, Seals & Symbols”. SOTS. The Government of Connecticut. 2008年6月12日閲覧。
  5. ^ Ohlemacher, Stephen (2005年11月29日). “Highest wages in East, lowest in South”. USA Today. オリジナルの2010年11月18日時点におけるアーカイブ。. https://webcitation.org/5uKkvtVNF 2010年4月30日閲覧。 
  6. ^ Census 2000”. United States Census Bureau (2000年3月18日). 2010年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月13日閲覧。
  7. ^ “US slips down development index”. BBC. (2008年7月17日). オリジナルの2010年11月18日時点におけるアーカイブ。. https://webcitation.org/5uKkxLjnC 
  8. ^ “Income Gap in Connecticut Is Growing Fastest, Study Finds”. The New York Times. (2008年4月9日). http://www.nytimes.com/2008/04/09/nyregion/09income.html 
  9. ^ MLA Language Map Data Center". Modern Language Association.
  10. ^ Federal Writers' Project. Connecticut: A Guide to Its Roads, Lore and People. US History Publishers. p. 3. ISBN 978-1-60354-007-0. https://books.google.co.jp/books?id=CPYfSsQ-WE4C&pg=PA3&redir_esc=y&hl=ja 2010年9月23日閲覧。 
  11. ^ Early Settlers of Connecticut”. Connecticut State Library. 2010年7月25日閲覧。
  12. ^ a b Bowen, Clarence Winthrop (1882), Boundary Disputes of Connecticut, Boston, Massachusetts, pp. 17–18 .
  13. ^ a b Flick, Alexander C, ed. (1933–37), History of the State of New York, 2, New York City: Columbia University Press, pp. 50–57 .
  14. ^ Callison, James (2006年3月14日). “Connecticut Colony Charter of 1662”. US history. OU. 2010年7月25日閲覧。
  15. ^ Lacey, Barbara, “Migration from Connecticut”, Encyclopedia (topical survey), Connecticut's Heritage Gateway, http://www.ctheritage.org/encyclopedia/topicalsurveys/migration.htm .
  16. ^ a b Olson, D. M, E. Dinerstein et al. (2001). “Terrestrial Ecoregions of the World: A New Map of Life on Earth”. BioScience 51 (11): 933–938. doi:10.1641/0006-3568(2001)051[0933:TEOTWA]2.0.CO;2. ISSN 0006-3568. オリジナルの2010-11-18時点におけるアーカイブ。. http://gis.wwfus.org/wildfinder/. 
  17. ^ Connecticut's Southwick Jog”. Connecticut State Library. 2010年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月13日閲覧。
  18. ^ Connecticut's "Panhandle"”. Connecticut State Library. 2010年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月13日閲覧。
  19. ^ Connecticut”. National Park Service. 2008年7月15日閲覧。
  20. ^ United States annual sunshine map”. HowStuffWorks. 2011年3月15日閲覧。
  21. ^ Annual average number of tornadoes” (GIF). NOAA National Climatic Data Center. 2006年10月24日閲覧。
  22. ^ All-Time Climate Extremes for CT”. NOAA. 2011年3月18日閲覧。
  23. ^ Monthly Averages for Bridgeport, CT”. The Weather Channel. 2011年9月15日閲覧。
  24. ^ Monthly Averages for Hartford, CT”. The Weather Channel. 2011年9月15日閲覧。
  25. ^ a b QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年.
  26. ^ a b c d e About Connecticut”. The Government of Connecticut. 2005年12月18日閲覧。
  27. ^ Connecticut's Executive Branch of Government”. ct.gov. 2013年8月13日閲覧。
  28. ^ Constitution of the State of Connecticut, Connecticut: Secretary of State, http://www.sots.ct.gov/sots/cwp/view.asp?a=3188&q=392288/ 2012年4月30日閲覧。 .
  29. ^ Ordinances and Charters by Town – Judicial Branch Law Libraries”. Judiciary. 2013年6月10日閲覧。
  30. ^ Town of Newtown, CT (2010年8月20日). “Noise Control Ordinance”. The Government of Newtown. 2013年6月10日閲覧。
  31. ^ History of the Connecticut Courts. Last retrieved February 20, 2007.
  32. ^ Enter your Company or Top-Level Office (2013年5月15日). “OPM: Arrest Warrant Data”. Ct.gov. 2013年6月10日閲覧。
  33. ^ Connecticut State Register and Manual: Counties”. 2006年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月7日閲覧。
  34. ^ State of Connecticut Judicial Branch”. Jud.ct.gov. 2010年7月25日閲覧。
  35. ^ Connecticut's Boroughs and Cities. Connecticut State Library. Retrieved January 20, 2007.
  36. ^ a b Enter your Company or Top-Level Office. “Regional Planning Coordination at the CT Office of Planning and Management”. Ct.gov. 2010年7月25日閲覧。
  37. ^ Registration and Party Enrollment Statistics as of October 30, 2012” (PDF). Connecticut Secretary of State. 2013年5月10日閲覧。
  38. ^ Presidential General Election Results Comparison – Connecticut”. Dave Leip's Atlas of United States Presidential Elections (2005年). 2007年1月20日閲覧。
  39. ^ “Connecticut governor signs bill to repeal death penalty”. FOX News Network. (2012年4月25日). http://www.foxnews.com/politics/2012/04/25/connecticut-governor-signs-bill-to-repeal-death-penalty/ 2012年4月25日閲覧。 
  40. ^ GDP by State”. Greyhill Advisors. 2011年9月23日閲覧。
  41. ^ Local Area Unemployment Statistics”. BLS. 2011年9月23日閲覧。
  42. ^ Connecticut per capita income, median household income, and median family income at State, County and Town level: Census 2000 data” (XLS). State of Connecticut. 2010年7月25日閲覧。
  43. ^ a b c Summary of Tax Provisions Contained in 2011 Conn. Pub. Acts 6, The State of Connecticut, http://www.ct.gov/drs/cwp/view.asp?A=1514&Q=480936 2011年7月6日閲覧。 .
  44. ^ Connecticut income tax instructions” (PDF). 2010年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月25日閲覧。
  45. ^ Christie, Les (2010年9月30日). “Highest property taxes in the nation”. CNN. http://money.cnn.com/2010/09/30/pf/taxes/highest_property_taxes/index.htm?source=cnn_bin&hpt=Sbin 2010年9月30日閲覧。 
  46. ^ Conn. Median Home Prices Down 18% in First quarter”. The Warren group (2009年5月4日). 2010年7月25日閲覧。
  47. ^ CT house prices continue to fall”. Hartford Business. 2010年7月25日閲覧。
  48. ^ Christie, Les (2006年2月23日). “Million Dollar Homes”. CNN. http://money.cnn.com/2006/02/22/real_estate/february_million_dollar_homes/index.htm?section=money_topstories 2007年1月23日閲覧。 
  49. ^ Rivera, Ray; Cowan, Alison Leigh (2012年12月23日). “Gun Makers Use Home Leverage in Connecticut”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2012/12/24/nyregion/gun-makers-based-in-connecticut-form-a-potent-lobby.html 2012年12月24日閲覧。 
  50. ^ Sturdevant, Matthew (2011年4月1日). “Marlin Firearms Closes In North Haven, Ending 141 Years of Manufacturing In Connecticut”. The Hartford Courant. http://articles.courant.com/2011-04-01/business/hc-marlin-firearms-20110401_1_john-m-marlin-frank-kenna-remington-arms 
  51. ^ O'Dwyer, Maj. William J. (October 1998). “The "Who Flew First" Debate”. Flight Journal (Air Age Media). オリジナルの2006-12-07時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061207155338/http://www.flightjournal.com/articles/wff/wff2.asp 2007年1月23日閲覧。. 
  52. ^ Witkowski, Mary K, Images of America – Bridgeport At Work, p. 85 .
  53. ^ All the World Aircraft Executive Overview, Jane's, (Mar. 8, 2013), http://www.janes.com/products/janes/defence-security-report.aspx?ID=1065976994 .
  54. ^ Whitehead first to fly, “Aviation bible”, The CT post, http://www.ctpost.com/local/article/Aviation-bible-Whitehead-flew-first-4348050.php .
  55. ^ O'Dwyer; Randolph (1978), History by Contract, pp. 192–94 .
  56. ^ Delear, Frank (March 1996). “Gustave Whitehead and the First-Flight Controversy”. Aviation History. http://www.historynet.com/air_sea/aviation_history/3032816.html?page=7&c=y 2007年1月23日閲覧。. 
  57. ^ [1] Ct history.org "Oystering in CT, from Colonial Times to the 21st Century"
  58. ^ This Fine Piece of Water: An Environmental History of Long Island Sound. Tom Andersen. p.90
  59. ^ (PDF) The Economic Impact of the Arts, Film, History, and Tourism Industries in Connecticut (Highlights), Connecticut: Commission on Culture and Tourism, http://www.cultureandtourism.org/cct/lib/cct/Econ_Summary_Web2_%282%29.pdf .
  60. ^ “1790 to 1990”, Population, Census, http://www.census.gov/population/censusdata/table-16.pdf .
  61. ^ Resident Population of the 50 States, the District of Columbia, and Puerto Rico, Census, (2000), http://www.census.gov/population/cen2000/tab02.txt .
  62. ^ Resident Population Data”. Census (2010年). 2011年1月23日閲覧。
  63. ^ Population and Population Centers by State”. United States Census Bureau (2000年). 2010年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月4日閲覧。
  64. ^ Fact finder, United States of America: Census bureau, http://factfinder2.census.gov/faces/tableservices/jsf/pages/productview.xhtml?pid=DEC_10_PL_QTPL&prodType=table .
  65. ^ Connecticut – Race and Hispanic Origin: 1790 to 1990”. US Census Bureau. 2012年4月18日閲覧。
  66. ^ Most spoken languages in Connecticut”. Language Map. The Modern Language Association. 2007年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月16日閲覧。
  67. ^ American Community Survey 3-Year Estimates”. American FactFinder. Census Bureau. 2010年7月25日閲覧。
  68. ^ Exner, Rich (2012年6月3日). “Americans under age 1 now mostly minorities, but not in Ohio: Statistical Snapshot”. The Plain Dealer. http://www.cleveland.com/datacentral/index.ssf/2012/06/americas_under_age_1_populatio.html 
  69. ^ American Religious Identification Survey, Key Findings, Exhibit 15”. City University of New York (2001年). 2007年1月4日閲覧。
  70. ^ a b “Kansas: Denominational Groups”, Maps & Reports (state membership report), The Association of Religion Data Archives, (2000), http://www.thearda.com/mapsReports/reports/state/20_2000.asp .
  71. ^ Connecticut Turnpike (I-95), NYC roads, http://www.nycroads.com/roads/ct-turnpike/ .
  72. ^ CT rides” (2010年4月15日). 2010年7月25日閲覧。
  73. ^ NHHS Rail”. NHHS Rail (2010年7月19日). 2011年9月15日閲覧。
  74. ^ "New Britain-to-Hartford 'Busway' Receives Final Federal Design Approval" (Press release). State of Connecticut. 31 October 2006. 2007年1月29日閲覧
  75. ^ CEDaR”. State Department of Education. Government of Connecticut. 2013年6月10日閲覧。
  76. ^ (PDF) Resc Alliance (brochure), Aces, (2011), http://www.aces.org/uploads/files/2011RESCAllianceBrochure.pdf 
  77. ^ Rankings, U Conn, http://www.uconn.edu/rankings.php .



コネチカット州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/23 02:16 UTC 版)

フェアフィールド」の記事における「コネチカット州」の解説

ニューフェアフィールド (コネチカット州) - コネチカット州にある地名フェアフィールド (コネチカット州) - コネチカット州にある地名

※この「コネチカット州」の解説は、「フェアフィールド」の解説の一部です。
「コネチカット州」を含む「フェアフィールド」の記事については、「フェアフィールド」の概要を参照ください。


コネチカット州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 15:59 UTC 版)

タウンミーティング」の記事における「コネチカット州」の解説

事前に用意され議事強く拘束される傾向があり、議論はするが、議事載せられ条文変えたり付け加えたはしない。また議事大まかな計画のみ取り扱い実際規制など行政部門に任される

※この「コネチカット州」の解説は、「タウンミーティング」の解説の一部です。
「コネチカット州」を含む「タウンミーティング」の記事については、「タウンミーティング」の概要を参照ください。


コネチカット州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/19 03:29 UTC 版)

ボストン郵便道路」の記事における「コネチカット州」の解説

グリニッジ スタンフォード ノーウォーク ダリエン(en) この道はダリエンの主要な大通りである。大半ビジネスメトロノース鉄道のダリエン駅とノロトンハイツ駅両方ウェストポート(en) フェアフィールド ブリッジポート この道路は1800年代におけるブリッジポート歴史的人口北限示していた。1915年にイースト・メインストリートとUS国道1号郵便道路)の交差点置かれ銘板は、1678年初め使用され最初米国郵便サービス道路示したもの。この銘板は高さ2フィート(60cm)の石に据えられている。ストラトフォードにはまた別の東に下る道がある。 ストラトフォード 1915年にエッジウッド・ストリートとUS国道1号郵便道路)の交差点置かれ銘板は、1678年初め使用され最初アメリカ合衆国郵便サービス道路示したもの。この銘板はバーナム・アヴェニュー1757正面にあるエッジウッド・ストリートの東50フィート(15m)の地点にて高さ2フィート(60cm)の石に据えられている。 ミルフォード ニューヘイブン オールド・セイブルック(en) オールド・ライム(en)、この長く伸びた道路国定歴史地区である ニューロンドン

※この「コネチカット州」の解説は、「ボストン郵便道路」の解説の一部です。
「コネチカット州」を含む「ボストン郵便道路」の記事については、「ボストン郵便道路」の概要を参照ください。


コネチカット州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/19 03:29 UTC 版)

ボストン郵便道路」の記事における「コネチカット州」の解説

ハートフォード 旧州会議事堂から始まるその道路はコネチカット川渡り、そこは現在ファウンダーズ・ブリッジ(en)があるだけだが、最初フェリーで後にとなった1783年まで、ハートフォード東側境界には現在のイーストハートフォードとマンチェスター含まれていたことは注目に値する。 イーストハートフォード その道路はハートフォードからファウンダーズ・ブリッジのルート経由するが、この地域は後に巨大な高速道路インターチェンジへと開発進み、そのため歴史的道路多く破壊された。コネチカット歴史初期、イーストハートフォードは個人所有されていた。ルート残りは、マンチェスターのミドル・ターンパイク・イースト(中央東有料道路)に接続する州間高速道路84号線(en)や州道Route6の道である。 マンチェスター マンチェスター1783年までハートフォード一部だったため、この地域集落現在の自治区構成されていた。 郵便道路マンチェスター中心部通って現在のミドルターンパイク・イーストに沿ってたどることができる。後にマンチェスター・グリーンを通過し、そこで郵便道路州道Route6と再接続され、そして初めてUS国道44号線つながったマンチェスター出てボルトンに入る直前に、郵便道路はUS国道44号からミドルターンパイク・イーストへと分岐するマンチェスターボルトン間の44号線の箇所は「ニュー・ボルトン・ロード」として知られている)。 ボルトン(en) ボルトンは、平坦のどかなコネチカット川渓谷丘陵不穏なイースタン・アッパー・ハイランドの間の境界だったので、郵便道路において独特な役割果たしている。ミドルターンパイク・イーストでボルトンに入ると、旅行者分岐点遭遇して、ボルトン・センター・ストリート(後のセンター・ストリート)を南東進んでボルトン集落に行くか、またはUS国道44号再接続するためミドルターンパイク・イーストに留まり、ボルトンノッチを通ってモヒガン・インディアン・トレイルを東に向かう、尾根の自然な窪み劇的に通過早め2つ地質学的景観の間の境界として役に立ったボルトン入植地中にはアメリカ独立戦争の間に入植地野営していたロシャンボー将軍部隊職員収容していたことで注目に値するホワイト居酒屋(White's Tavern)があった。 ボルトンを出るために、ボルトンノッチすぐ外側のUS国道44号達するまでノッチ・ロードを北に向かって進む。その後US国道44号コベントリーにつながる。 コベントリー(en) ボルトンマンスフィールド間で、その道路は完全に現在のUS国道44号沿ってノースコベントリー自治区通過し、それはボストン有料道路として地元知られていた。ウィリマンティック川(en)(とマンスフィールド境界)沿いにブリガム居酒屋(Brigham Tavern)があり、そこはアメリカ独立戦争の頃にジョージ・ワシントン収容したという区別がある。この銘板ブリガム居酒屋(現在は私邸となっている)の前で見ることが可能である。 マンスフィールド(en) コベントリー同様に郵便道路現在のUS国道44号経路をたどる。コベントリーからウィリマンティック川を渡った後、その道マンスフィールド交差点通ってアシュフォードに向かう。 アシュフォード(en) その道マンスフィールドからUS国道44号つながりアシュフォード自治区通って直進する。 しかし、それはフェニックスビル(en)で止まり、そこから州道Route198でイーストフォード目指して北に向かう。ただしイーストフォード到着前に、それは直接ポムフレットに向かう州道Route 244(ブライアン・ホロウ・ロード)で右折する。 ポムフレット(en) ポムフレットの中心で、Route244は東へ曲がってUS国道44号に入る。郵便道路は、州道Route169がある交差点のすぐ後にアレン・ロードへと左に曲り、すぐにフリードリー・ロードと合流するこの道その後ウッドストックへと北東に向かう。 ウッドストック(en) 郵便道路パットナムに入る前に、トリップ・ロードにあるハリスビルという町の区間を少し通過するパットナム パットナム入ってすぐ、道路州道Route171を渡ってウェストトンプソン・ロードに入りトンプソンに向かう。 トンプソン(en) ほどなく郵便道路はウェストトンプソン・ダムを通過するその道はかつてクワインバーグ川(en)を制御するために故意冠水させたウェストトンプソン通っていた。ウェストトンプソン湖の水位が十分低くなった時は、元来郵便道路ダムから見られるダムを過ぎると、道は州道Route193に変わり、トンプソン・ヒル歴史地区英語版)を通り抜ける北東に続く道は分岐右折してイーストトンプソン・ロードに入りマサチューセッツ州の州線まで道が続く。

※この「コネチカット州」の解説は、「ボストン郵便道路」の解説の一部です。
「コネチカット州」を含む「ボストン郵便道路」の記事については、「ボストン郵便道路」の概要を参照ください。


コネチカット州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:48 UTC 版)

同性結婚」の記事における「コネチカット州」の解説

2008年10月12日 コネチカット州最高裁同性愛者婚姻認め判決下した2008年11月12日 同性結婚の登録が始まった

※この「コネチカット州」の解説は、「同性結婚」の解説の一部です。
「コネチカット州」を含む「同性結婚」の記事については、「同性結婚」の概要を参照ください。


コネチカット州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 09:23 UTC 版)

アメリカ合衆国の地域」の記事における「コネチカット州」の解説

コネチカット州には15の公式地域がある。それぞれ地域政府があり、郡政府代わりになっている。この他非公式地域がかなり多くあるが、政府は無い。 中央ノーガタック・バレー コネチカット州海岸部 コネチカット・パンハンドル ブリッジポート大都市圏 ニューヘイブン大都市圏 ハートフォード大都市圏 リッチフィールド・ヒルズ コネチカット川下流バレー ノーガタック川バレー ニューヨーク大都市圏/ゴールドコースト クワイエットコーナー コネチカット州南東部 コネチカット州南西部

※この「コネチカット州」の解説は、「アメリカ合衆国の地域」の解説の一部です。
「コネチカット州」を含む「アメリカ合衆国の地域」の記事については、「アメリカ合衆国の地域」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コネチカット州」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コネチカット州」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コネチカット州」の関連用語

コネチカット州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コネチカット州のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコネチカット州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフェアフィールド (改訂履歴)、タウンミーティング (改訂履歴)、ボストン郵便道路 (改訂履歴)、同性結婚 (改訂履歴)、アメリカ合衆国の地域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS