銀とは? わかりやすく解説

ぎん【銀】

読み方:ぎん

[音]ギン(漢) [訓]しろがね

学習漢字3年

金属元素の一。しろがね。「銀貨銀器銀山銀製銀箔(ぎんぱく)/金銀純銀水銀白銀

お金。「銀行銀座銀子(ぎんす)/賃銀路銀

ぎん色。「銀河銀糸銀髪銀盤銀幕銀輪銀世界

銀行」の略。「市銀都銀日銀

名のり]かね

難読銀杏(いちょう)・銀杏(ぎんなん)・銀鼠(ぎんねず)


ぎん【銀】

読み方:ぎん

銅族元素の一。金と並び称される貴金属単体白色金属光沢がある。電気・熱の伝導性金属最大で展延性は金に次いで大きく厚さ0.15マイクロメートルの箔(はく)にすることが可能。硝酸および熱硫酸溶け硫黄硫化水素黒変する自然銀輝銀鉱などとして産出装飾品貨幣感光材料などに使用記号Ag 原子番号47原子量107.9。しろがね

銀貨また、貨幣。「—10

小判走れば—が飛ぶ」〈浄・博多小女郎

ぎんいろ。「—の世界

将棋の駒で、銀将

銀メダル

銀ギセルなど1作ったものの略称。

(わら)つ火へ—を突っ込田舎道」〈柳多留・九〉

[補説] 書名別項。→銀


ぎん【銀】

読み方:ぎん

木下利玄第1歌集。大正3年(1914)刊。


しろ‐がね【銀】

読み方:しろがね

白金の意。古くは「しろかね」》

銀(ぎん)。「—の杯」→あかがねくろがね →こがね

銀色しろがねいろ。「冬山一面—の世界だ」

銀泥(ぎんでい)。

銀糸

銀の貨幣銀貨

一分小判や—に翼のあるがごとくなり」〈浄・冥途の飛脚


シルバー

分子式Ag
その他の名称アルゲンタム、L-3Silver、Argentum、C.I.77820、シルバー、Ag
体系名:


物質名
英語名
Silver
元素記号
Ag
原子番号
47
分子量
107.8682
原子半径(Å)
1.44
融点(℃)
961.93
沸点(℃)
2184
密度(g/cm3
10.5
比熱(cal/g ℃)
0.056
イオン化エネルギー(eV)
7.576
電子親和力(eV)
1.303


ぎん 【銀】

古来、金に次ぐ貴金属とされるが、地域によっては金より貴ばれている。英語silverアッカド語の銀sarpuからきたといわれる日本では白金とも呼んだ。銀の装身具魔除になると俗信がある。中国では月を銀色にみて銀盤といい、また銀兎ともいう(月に兎がいるというので)。金が太陽・男・天などを象徴するに対して、銀は月・女水の象徴とされる古代エジプト神話では、神の体は骨が銀で肉が金だとするが、キリスト教では銀を神の智や言葉の象徴としている。→ 金

作者プリーモ・レーヴィ

収載図書周期律元素追想
出版社工作舎
刊行年月1992.9
シリーズ名プラネタリークラシクス


作者尾崎紅葉

収載図書紅葉全集 第5巻
出版社岩波書店
刊行年月1994.2


作者谷村志穂

収載図書恋のいろ
出版社集英社
刊行年月2008.7
シリーズ名集英社文庫


読み方:ギンgin

作者 尾崎紅葉

初出 明治31年

ジャンル 小説


読み方:ギンgin

作者 木下利玄

初出 大正3年

ジャンル 歌集


読み方:ギンgin

作者 萩原朔太郎

初出 大正2年

ジャンル


読み方:シロガネ(shirogane)

作者 日野草城

初出 昭和31年

ジャンル 句集


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 22:55 UTC 版)

(ぎん、: silver: argentum)は、原子番号47の元素元素記号Ag貴金属の一種。比重は10.5。


注釈

  1. ^ 銀(銅)については 「水質汚濁に係る環境基準について 人の健康の保護に関する環境基準 別表1」(環境省)に該当しない。
  2. ^ 銀については 「土壌の汚染に係る環境基準について土壌環境基準 別表」(環境省)に該当しない。
  3. ^ 化管法施行令の定めにより銀及びその水溶性化合物は、第一種指定物質である(化管法施行令 別表第1の82)。
  4. ^ 特別要件施設と呼称する。内訳は以下のとおり[26]
    1. 鉱山保安法により規定される特定施設(金属鉱業、原油・天然ガス鉱業に属する事業を営むものが有するものに限る)
    2. 下水道終末処理施設(下水道業に属する事業を営むものが有するものに限る)
    3. 廃棄物の処理及び清掃に関する法律により規定される一般廃棄物処理施設及び産業廃棄物処理施設(ごみ処分業及び産業廃棄物あ処分業に属する事業が有するものに限る)
    4. ダイオキシン類対策特別措置法により規定される特定施設
  5. ^ 希少金属・宝飾品の域を出ない金と比較して、銀は貨幣などとして物流に常用されてきたため、「金は肝心の実用では役に立たない。銀は実用で有効に使うことができ、役に立つ。」という意味だとする解釈もある。
  6. ^ これを機に写真感材メーカーが脱銀化に向けた取り組みを加速した。

出典

  1. ^ ”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2020年9月4日閲覧。
  2. ^ http://www.oxforddictionaries.com/definition/english/ag#nav3
  3. ^ http://www.perseus.tufts.edu/hopper/text?doc=Perseus:text:1999.04.0059:entry=argentum
  4. ^ 桜井弘 『元素111の新知識』 講談社、1998年、220頁。ISBN 4-06-257192-7 
  5. ^ 羅臼町広報誌平成25年9月号
  6. ^ 石見銀山遺跡とその文化的背景”. 石見銀山世界遺産センター. 2015年9月21日閲覧。
  7. ^ 眞鍋周三編著 『ボリビアを知るための73章 【第2版】 』p181 明石書店 <エリア・スタディーズ 54> 2013年 ISBN 978-4-7503-3763-0
  8. ^ 「大英博物館 図説 金と銀の文化史」p158 スーザン・ラニース、フィリパ・メリマン著 別宮貞徳訳監修 小川昭子・八坂ありさ訳 柊風舎 2012年1月11日第1刷
  9. ^ 小葉田淳 『日本鉱山史の研究』 岩波書店、1968年
  10. ^ 小葉田淳 『日本の貨幣』 至文堂、1958年
  11. ^ 「ラテンアメリカを知る事典」p42 平凡社 1999年12月10日新訂増補版第1刷
  12. ^ 東京天文台編纂 『理科年表2008』 丸善
  13. ^ 木下亀城、小川留太郎 『標準原色図鑑全集6 岩石鉱物』 保育社、1967年
  14. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年
  15. ^ なぜ、韓国料理では銀の箸を使うのか知りたい レファレンス協同データベース
  16. ^ 金と銀の物語-金・銀の豆知識 大淵銀器
  17. ^ F.A. コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年
  18. ^ 「宝石の写真図鑑」p. 50 キャリー・ホール著 日本ヴォーグ社 1996年3月1日第1刷
  19. ^ 西川精一 『新版金属工学入門』p511 アグネ技術センター、2001年
  20. ^ JIS H 6309日本産業標準調査会経済産業省
  21. ^ 永尾栄二郎 (2013年1月31日). “米国では銀貨が過去最高の売れ行き 急騰後、調整中の銀価格はどうなるか”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). http://toyokeizai.net/articles/-/12734?page=4 2016年6月14日閲覧。 
  22. ^ 抗菌作用を持つ材料、抗菌化研株式会社
  23. ^ 抗菌製品技術協議会、 A8.品質と安全性に関する自主規格
  24. ^ 抗菌製品技術協議会、 A8.品質と安全性に関するデータ等の自主登録規定
  25. ^ 環境基準」(環境省)
  26. ^ PRTR制度 対象事業者”. 経済産業省. 2019年7月24日閲覧。
  27. ^ 銀は酸化皮膜、硫化被膜が生じやすいため、比較的大電流向けの接点に用いられる。
  28. ^ くもりのち晴れ2002/11 社団法人日本プリント回路工業会 2002年11月
  29. ^ 一般リレー - 製品に関するFAQ FAQ04896 オムロン制御機器
  30. ^ “Sony Japan MicroBattery” (日本語) (プレスリリース), ソニー株式会社, http://www.sony.co.jp/Products/MicroBattery/sr/ 2015年8月28日閲覧。 
  31. ^ Ehren Goossens (2011年6月23日). “銀相場の高騰、太陽光発電業界に「逆風」-化石燃料との競争力低下” (日本語). bloomberg.co.jp. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LN80LY0D9L3501.html 2016年7月20日閲覧。 
  32. ^ 厚生労働省 食品添加物のページ 既存添加物名簿の104
  33. ^ 「大英博物館 図説 金と銀の文化史」p159 スーザン・ラニース、フィリパ・メリマン著 別宮貞徳訳監修 小川昭子・八坂ありさ訳 柊風舎 2012年1月11日第1刷
  34. ^ Silver. (PDF; 28 kB) In: U.S. Geological Survey: Mineral Commodity Summaries. Januar 2013.
  35. ^ CPM Group (2011). The CPM Silver Yearbook 2011. New York, NY: Euromoney Books. pp. 68. ISBN 978-0-9826741-4-7 
  36. ^ “シルバーショック”当社を襲う” (プレスリリース), 富士フイルム, http://www.fujifilm.co.jp/corporate/aboutus/history/ayumi/dai4-29.html 2016年6月14日閲覧。 



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/16 16:55 UTC 版)

黒猫エース」の記事における「銀」解説

第9戦 - 第10戦外伝登場

※この「銀」の解説は、「黒猫エース」の解説の一部です。
「銀」を含む「黒猫エース」の記事については、「黒猫エース」の概要を参照ください。


銀(ぎん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 14:51 UTC 版)

対魔忍アサギ」の記事における「銀(ぎん)」の解説

吸血鬼の朧”とスネークレディに従うくノ一一人称は「オラオイラ)」で、訛りが強い。「神寄山の銀」「人狼女戦士」などとも呼ばれ忍刀斬撃素手で防ぐ易筋行と、「狗賓の技」と称する体術使い手で、アサギ殺陣さくらの影遁の術のコンビ技をも容易く打ち破った

※この「銀(ぎん)」の解説は、「対魔忍アサギ」の解説の一部です。
「銀(ぎん)」を含む「対魔忍アサギ」の記事については、「対魔忍アサギ」の概要を参照ください。


銀(ぎん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 17:15 UTC 版)

紅たん碧たん」の記事における「銀(ぎん)」の解説

こしひかり組幹部実質的に組を取り仕切っている様子凄腕短刀使いであることから「ドス銀」の異名を持つ。しかし女人色香極めて弱く、碧が裾を肌蹴て太もも見せただけで鼻血噴き出したテキ屋勝負ささにしき組実質紅葉)に敗れ、その力量認めるようになる

※この「銀(ぎん)」の解説は、「紅たん碧たん」の解説の一部です。
「銀(ぎん)」を含む「紅たん碧たん」の記事については、「紅たん碧たん」の概要を参照ください。


銀(ぎん)(秋田犬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 05:50 UTC 版)

銀牙伝説WEEDオリオン」の記事における「銀(ぎん)(秋田犬)」の解説

前々作主人公。ウィード誠の父で奥羽軍二代目総大将オリオンたち4兄妹祖父火山爆発から避難した後しばらく消息不明であったが、火山ガスにより気絶していた最中に陣ェ門に救出され彼によって小屋閉じ込められ生き長らえていたことが判明。孫のリゲル再会果たすも当時は病床にいた。その後リゲルたちが連れてきた大輔秀俊助けより小屋から出る年老いて戦線に立ち、濁流なかでも政宗互角の戦い見せた重要な判断に関して自身は隠居の身だからと息子(ウィード)にすべて託している。

※この「銀(ぎん)(秋田犬)」の解説は、「銀牙伝説WEEDオリオン」の解説の一部です。
「銀(ぎん)(秋田犬)」を含む「銀牙伝説WEEDオリオン」の記事については、「銀牙伝説WEEDオリオン」の概要を参照ください。


銀(ぎん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 15:42 UTC 版)

まおゆう魔王勇者」の記事における「銀(ぎん)」の解説

メイン人格でいつも眠そうにしている。

※この「銀(ぎん)」の解説は、「まおゆう魔王勇者」の解説の一部です。
「銀(ぎん)」を含む「まおゆう魔王勇者」の記事については、「まおゆう魔王勇者」の概要を参照ください。


銀(イン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 01:07 UTC 版)

英雄伝説 軌跡シリーズの登場人物」の記事における「銀(イン)」の解説

カルバ―ド共和国東方街で伝説凶手として知られ身の丈ほどもある大剣降魔刀)を片手軽々と扱いあらゆる暗器と符術を使いこなすとされる口元以外を隠した仮面黒衣に身を包んで正体を隠しており、東方人街に伝わる話では不老不死と言われている。

※この「銀(イン)」の解説は、「英雄伝説 軌跡シリーズの登場人物」の解説の一部です。
「銀(イン)」を含む「英雄伝説 軌跡シリーズの登場人物」の記事については、「英雄伝説 軌跡シリーズの登場人物」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 00:16 UTC 版)

1893年恐慌」の記事における「銀」解説

自由銀運動農夫たちから支持得て盛り上がっていた。農夫達は経済活性化させてインフレ呼びドル安負債払えることを求めていた。また鉱業関係者も自由銀を求めた。彼らは直接銀を貨幣鋳造できる権利を求めた1890年制定のシャーマン購入法は、自由銀運動の目標に届かないながら、アメリカ合衆国政府数百万オンスの銀購入求めており、銀の価格上げ銀鉱経営者喜ばせた大衆は銀証券を金に換金しようとした最終的に金の連邦準備最少量について法の規定するところまで行きアメリカ合衆国紙幣は金にかえられなくなった恐慌間の投資高利率の債券を通じて調達されるものが多かった当時最も活発に取り引きしていたナショナル・コーデージ・カンパニーが財政難陥ったという噂に反応して銀行貸し付け取り付けたために、同社破産したこの会社ロープメーカーであり、輸入した麻の市場独占しようとしていた。銀と銀兌換紙幣需要が落ちると、銀の価格価値下落した債券保有者額面価格割れ恐れた一連の銀行破綻続いたノーザン・パシフィック鉄道ユニオン・パシフィック鉄道アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道破綻したその後多くの会社破産して、その総数15,000社、500銀行となり、その多く西部にあった。高め推計ではこの恐慌最悪期に17ないし19%の失業率だった。この失業という大きな足かせに加え破綻した銀行にあった生涯蓄え失われたために、一度は中流階級上り詰めた者でもその抵当債務払えないという状況になったその結果建てたばかりの家から出て行かざるを得ない者が多かった。このことから無人ビクトリア様式幽霊屋敷という見方アメリカ人の心に焼き付いた

※この「銀」の解説は、「1893年恐慌」の解説の一部です。
「銀」を含む「1893年恐慌」の記事については、「1893年恐慌」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/04 14:08 UTC 版)

銃姫」の記事における「銀」解説

金属の中で唯一魔法との親和性優れる。魔力の高い者が死ねば、その骨は純粋な銀になる。

※この「銀」の解説は、「銃姫」の解説の一部です。
「銀」を含む「銃姫」の記事については、「銃姫」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 04:15 UTC 版)

紳士同盟†」の記事における「銀」解説

学園多額の寄付をすることによって与えられるランク大金持ち旧家名家人間が多い。稀に学園貢献することによって与えられるポイント一万貯めることによって、このランク与えられる生徒もいる(がそれである)が、減点空中庭園への無断出入集会中の私語などによる)等もあるため現実的にはかなり難しい。空中庭園カフェテリア利用が可能。制服シャツ自由に着ることができる。

※この「銀」の解説は、「紳士同盟†」の解説の一部です。
「銀」を含む「紳士同盟†」の記事については、「紳士同盟†」の概要を参照ください。


銀(シロガネ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 22:33 UTC 版)

アトラク=ナクア (ゲーム)」の記事における「銀(シロガネ)」の解説

初音より強大な力を持つ宿敵で、僧の姿をとる。初音との戦いで負った傷を癒している。初音結界により、今は八重高校にいる初音見つけることも出来ず結界内に入れない

※この「銀(シロガネ)」の解説は、「アトラク=ナクア (ゲーム)」の解説の一部です。
「銀(シロガネ)」を含む「アトラク=ナクア (ゲーム)」の記事については、「アトラク=ナクア (ゲーム)」の概要を参照ください。


銀(しろがね)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 13:26 UTC 版)

ゾンビ屋れい子」の記事における「銀(しろがね)」の解説

政府直属生物兵器研究班所属する軍人雪女の上司。爆弾担いだ「ボムドッグ」を武器とする。卑怯者

※この「銀(しろがね)」の解説は、「ゾンビ屋れい子」の解説の一部です。
「銀(しろがね)」を含む「ゾンビ屋れい子」の記事については、「ゾンビ屋れい子」の概要を参照ください。


銀(ぎん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 06:19 UTC 版)

BUS GAMER」の記事における「銀(ぎん)」の解説

凶悪殺人犯

※この「銀(ぎん)」の解説は、「BUS GAMER」の解説の一部です。
「銀(ぎん)」を含む「BUS GAMER」の記事については、「BUS GAMER」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 22:48 UTC 版)

メタリカメタルカ」の記事における「銀」解説

実在金属

※この「銀」の解説は、「メタリカメタルカ」の解説の一部です。
「銀」を含む「メタリカメタルカ」の記事については、「メタリカメタルカ」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 08:21 UTC 版)

日本の鉱業」の記事における「銀」解説

銀については石見銀山を始めとして院内銀山生野銀山など長期間操業し銀山があった。

※この「銀」の解説は、「日本の鉱業」の解説の一部です。
「銀」を含む「日本の鉱業」の記事については、「日本の鉱業」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 02:46 UTC 版)

Dancing Blade かってに桃天使!」の記事における「銀」解説

妖鬼妃仕え妖怪桃姫達の2倍以上の大きさを誇る牛の妖怪役職は、黒牛重爆砕兵団団長

※この「銀」の解説は、「Dancing Blade かってに桃天使!」の解説の一部です。
「銀」を含む「Dancing Blade かってに桃天使!」の記事については、「Dancing Blade かってに桃天使!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「銀」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「銀」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「銀」に関係したコラム

  • CFDの銀取引とは

    取引には、現物取引と先物取引の2つの取引があります。の現物取引はロンドン市場で行われ、1日1回、日本時間の21時(夏時間は20時)に価格が決定されます。一方、の先物市場は、ニューヨークや東京、シ...

  • FXのXAUやXAGとは

    FX(外国為替証拠金取引)のXAUは、金の通貨コードのことです。XAUは、貴金属証拠金取引で用いられているコードです。XAUは、国内外の一部のFX業者で取引が可能です。また、XAGは、の通貨コードの...

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

  • CFDのスプレッド比較

    CFD業者ではほとんどの銘柄にスプレッドを設定しています。下の図は、GMOクリック証券の「日本225」の注文画面です。これは、8419ポイントで売り注文ができ、8422ポイントで買い注文ができることを...

  • CFDの呼値とは

    CFDの呼値とは、CFDの銘柄の最小の値動きする単位のことです。呼値は刻み値ともいいます。例えば呼値が0.1の銘柄の場合、現在の価格が1235.9ならば、値上がりしたら1236.0、値下がりしたら12...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



銀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの黒猫エース (改訂履歴)、対魔忍アサギ (改訂履歴)、紅たん碧たん (改訂履歴)、銀牙伝説WEEDオリオン (改訂履歴)、まおゆう魔王勇者 (改訂履歴)、英雄伝説 軌跡シリーズの登場人物 (改訂履歴)、1893年恐慌 (改訂履歴)、銃姫 (改訂履歴)、紳士同盟† (改訂履歴)、アトラク=ナクア (ゲーム) (改訂履歴)、ゾンビ屋れい子 (改訂履歴)、BUS GAMER (改訂履歴)、メタリカメタルカ (改訂履歴)、日本の鉱業 (改訂履歴)、Dancing Blade かってに桃天使! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS