殺陣とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 殺陣の意味・解説 

さつ じん-ぢん [0] 【殺陣】

映画演劇などで、入り乱れての激し斬り合い場面。たて。立ち回り

たて [2][1] 【〈殺陣〉】

演劇・映画で、斬り合い捕り物場面立ち回り演技また、その演技振り付けること。 「 -をつける」 「 -師」

殺陣

読み方:サツジン(satsujin)

演劇・映画で、斬り合い捕り物場面立ち回り演技


殺陣

読み方:さつじん

  1. 立廻りと同じ。

分類 演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

殺陣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/15 19:37 UTC 版)

殺陣(たて)・擬闘擬斗技斗(ぎとう)は、演劇映画テレビドラマ俳優が格闘シーン時に素手素足もしくは武器を用いた演技を指す用語。


  1. ^ a b c 坂本浩一 1996, pp. 161 - 163, 日本のアクション監督.
  2. ^ a b 坂本浩一 1996, pp. 163 - 169, アメリカのアクション監督.
  3. ^ セカンドユニットは主演俳優の映らないシーンを撮影し、スタントシーンも担当するため[2]
  4. ^ 殺陣師・アクションスーパーバイザー 13歳のハローワーク
  5. ^ なにわ人物伝 -光彩を放つ-沢田正二郎 ―さわだ しょうじろう―
  6. ^ 小川順子『殺陣という文化-チャンバラ時代劇映画を探る』世界思想社、2007年、15-16、31-32頁
  7. ^ 殺陣 語源由来辞典
  8. ^ a b 中村カタブツ 『極真外伝 〜極真空手もう一つの闘い〜』 ぴいぷる社、1999年、172 - 186頁。ISBN 4893741373
  9. ^ あの人に会いたい File No.369 夏八木勲(なつやぎ いさお)1939~2013. 2013年10月12日放送. 2013年10月13日閲覧。
  10. ^ a b 春日太一夏八木勲さん 五社監督と「刀を当てる」殺陣の流儀を貫いた」、『週刊ポスト』2013年4月26日号、NEWSポストセブン、2013年5月13日2013年7月14日閲覧。
  11. ^ “インタビュー <日曜のヒーロー> 第355回 千葉真一”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2003年3月30日). http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2003/sun030330.html 2009年6月26日閲覧。 
  12. ^ 黒田邦雄「ザ・インタビュー 千葉真一」、『KINEJUN キネマ旬報』第1655巻第841号、キネマ旬報社1982年8月1日、 130 - 133頁。
  13. ^ 橋本与志夫「出演者陣の“酔いどれ講釈”」 (パンフレット) 、『第IV回JACミュージカル 酔いどれ公爵』、新宿コマ・スタジアム1985年4月1日、 32頁。


「殺陣」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「殺陣」の関連用語

殺陣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



殺陣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの殺陣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS