1945年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1945年の意味・解説 

昭和20年 (きのととり 乙酉)

昭和20年
年(年号)
1928年 (昭和3年) 初の普通選挙実施
1932年 (昭和7年) 五・一五事件
1936年 (昭和11年) 二・二六事件
1941年 (昭和16年) 対英宣戦布告
●1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾
昭和20年
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印
1964年 (昭和39年) 東京オリンピック


昭和20年
幸田 露伴 1867年1947年(慶応3年昭和22年) 78
川上 貞奴 1871年1946年(明治4年昭和21年) 74
長谷川 如是閑 1875年1969年(明治8年昭和44年) 70
荒木 貞夫 1877年1966年(明治10年昭和41年) 68
大河内 正敏 1878年1952年(明治11年昭和27年) 67
吉田 茂 1878年1967年(明治11年昭和42年) 67
鏑木 清方 1878年1972年(明治11年昭和47年) 67
永井 荷風 1879年1959年(明治12年昭和34年) 66
石井 柏亭 1882年1958年(明治15年昭和33年) 63
福原 信三 1883年1948年(明治16年昭和23年) 62
高村 光太郎 1883年1956年(明治16年昭和31年) 62
鳩山 一郎 1883年1959年(明治16年昭和34年) 62
石橋 湛山 1884年1973年(明治17年昭和48年) 61
東条 英機 1884年1948年(明治17年昭和23年) 61
安田 靫彦 1884年1978年(明治17年昭和53年) 61
三浦 環 1884年1946年(明治17年昭和21年) 61
武者小路 実篤 1885年1976年(明治18年昭和51年) 60
平塚 らいてう 1886年1971年(明治19年昭和46年) 59
山田 耕筰 1886年1965年(明治19年昭和40年) 59
谷崎 潤一郎 1886年1965年(明治19年昭和40年) 59
柳 宗悦 1889年1961年(明治22年昭和36年) 56
古今亭 志ん生 1890年1973年(明治23年昭和48年) 55
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 55
近衛 文麿 1891年〜1945年(明治24年〜昭和20年) 54
西条 八十 1892年1970年(明治25年昭和45年) 53
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 52
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 48
淺沼 稲次郎 1898年1960年(明治31年昭和35年) 47
土方 与志 1898年1959年(明治31年昭和34年) 47
溝口 健二 1898年1956年(明治31年昭和31年) 47
近衛 秀麿 1898年1973年(明治31年昭和48年) 47
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 46
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 46
阪東 妻三郎 1901年1953年(明治34年昭和28年) 44
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 43
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 42
古川 縁波 1903年1961年(明治36年昭和36年) 42
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 41
堀 辰雄 1904年1953年(明治37年昭和28年) 41
榎本 健一 1904年1970年(明治37年昭和45年) 41
朝永 振一郎 1906年1979年(明治39年昭和54年) 39
湯川 秀樹 1907年1981年(明治40年昭和56年) 38
大岡 昇平 1909年1988年(明治42年昭和63年) 36
黒澤 明 1910年1998年(明治43年平成10年) 35
三島 由紀夫 1925年1970年(大正14年昭和45年) 20才

1945年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/30 06:06 UTC 版)

1945年(1945 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、月曜日から始まる平年昭和20年。


  1. ^ ドイツ史では、第二次世界大戦での敗北によってナチ政権が崩壊、戦後の再建が開始したことからこの終戦を「Stunde Null零時)」と表現する(サーラ・スヴェン「ドイツと日本における「終戦」「敗戦」「解放」の記憶」『ヨーロッパ研究』第7巻、大阪国際大学、2008年3月、 5-28頁、 NAID 40016029760
  2. ^ フランス料理のスター、ロブション氏死去 ミシュラン星30以上”. BBCニュース (2018年8月7日). 2020年11月7日閲覧。
  3. ^ 興雄, 村瀬. 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2021年2月16日閲覧。
  4. ^ コードウェイナー・スミス 『人類補完機構全短編 1 スキャナーに生きがいはない』早川書房、2016年、85-87,95,100,101,109頁。ISBN 978-4-15-012058-0 
  5. ^ 文庫化時に『凶鳥〈フッケバイン〉 ヒトラー最終指令』に改題。
  6. ^ 佐藤大輔 『凶鳥〈フッケバイン〉 ヒトラー最終指令』角川書店、2003年、5,9-12,71-75,82-86,346頁。ISBN 978-4-04-373201-2 
  7. ^ 井上純弌F.E.A.R. 『エンゼルギア 天使大戦TRPG』エンターブレイン、2003年、127,128,136頁。ISBN 978-4-7577-1469-4 
  8. ^ 広崎悠意 『高機動幻想ガンパレード・マーチ』メディアワークス、2001年、21,22頁。ISBN 978-4-8402-1724-8 
  9. ^ 『アルファ・システム サーガ』樹想社、2004年、111頁。ISBN 978-4-87777-052-5 
  10. ^ 芝村裕吏アルファ・システムAの魔法陣 ルールブック ~ガンパレード・マーチ篇~』エンターブレイン、2008年、204,205,234頁。ISBN 978-4-7577-4453-0 
  11. ^ 笹本祐一 『ARIEL〔11〕』朝日ソノラマ、1996年、30-38,86-92頁。ISBN 978-4-257-76783-1 
  12. ^ タイトー、往年のアーケードゲームの名作が帰ってきた! PS2「彩京シューティングコレクションVol.1 STRIKERS 1945 I&II」 - GAME Watch。2004年4月23日、2016年6月4日閲覧。
  13. ^ 高橋ヨシキ 『アイアン・スカイ』竹書房、2012年、45-51頁。ISBN 978-4-8124-9094-5 
  14. ^ SuperLite 1500シリーズ ストライカーズ1945II - サクセス公式サイト、2020年12月27日閲覧。
  15. ^ ゲーム紹介 - 『ストライカーズ1945 PLUS Portable』公式サイト、2016年2月11日閲覧。
  16. ^ ゲーム版『ゲートキーパーズ』第019話より。
  17. ^ 笹本祐一 『妖精作戦』東京創元社、2011年、205頁。ISBN 978-4-488-74101-3 


「1945年」の続きの解説一覧

1945年(民国34年、昭和20年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 09:55 UTC 版)

日中戦争関係年表」の記事における「1945年(民国34年昭和20年)」の解説

1月17日:米軍機20機が上海虹橋飛行場来襲

※この「1945年(民国34年、昭和20年)」の解説は、「日中戦争関係年表」の解説の一部です。
「1945年(民国34年、昭和20年)」を含む「日中戦争関係年表」の記事については、「日中戦争関係年表」の概要を参照ください。


1945年 -(国共内戦の当事者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 20:46 UTC 版)

中華民国海軍」の記事における「1945年 -(国共内戦当事者)」の解説

1945年、日中戦争勝利により、中華民国日本より賠償として数十隻の艦船接収した。さらにアメリカ合衆国イギリスからも艦艇譲渡もしくは貸与を受けて海軍再建果たした陣容以下の通り。。 軽巡洋艦 - 1隻:重慶 ※旧・英『オーロラ駆逐艦 - 8隻:靈甫 ※旧・英『メンディップ』、丹陽旧・日雪風』、信陽旧・日初梅』、華陽旧・日』、瀋陽旧・日波風』、汾陽旧・日宵月』、衡陽旧・日』、恵陽旧・日護衛駆逐艦 - 6隻:旧・米エヴァーツ級及びキャノン海防艦 - 17隻:旧・日対馬』、『屋代』など LST揚陸艦 - 3隻 LSM揚陸艦 - 10LCU揚陸艇 - 8隻 その他砲艦・巡防艦多数:旧・米『ウェーク』、旧・イタリアレパント』、旧・日宇治』、『逸仙』、『永績』など しかし国共内戦再発し戦況共産側に有利になると、大量の海軍軍人が国民政府に反旗を翻し主力艦の「重慶」や日本から接収した砲艦などの船ごと中国共産党投降した重慶事件及び第二艦隊叛乱事件)。その後粛軍行って態勢をなんとか立て直した中華民国海軍白色恐怖事件中国語版))1950年国民政府台湾撤退前後して海軍艦隊不利な状況下で舟山群島海南島大陳島など中国大陸沿岸島々から撤退行った。また艦隊は、北京故宮文物台北疎開にも従事した台湾海峡中国大陸側にある金門島馬祖島大陳列島と、南シナ海東沙諸島太平島中華民国実効支配下で保持されたものの、中華民国海軍現実的な主任務は台湾澎湖諸島など周辺島嶼を含む)の防衛となった。だがトルーマン政権アメリカとの外交関係冷え込んでおり、台湾もいずれ陥落する恐れがあった。

※この「1945年 -(国共内戦の当事者)」の解説は、「中華民国海軍」の解説の一部です。
「1945年 -(国共内戦の当事者)」を含む「中華民国海軍」の記事については、「中華民国海軍」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1945年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1945年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1945年」の関連用語

1945年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1945年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1945年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日中戦争関係年表 (改訂履歴)、中華民国海軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS