ルーズベルトとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ルーズベルトの意味・解説 

ルーズベルト

名前 RooseveltRousbelt

ルーズベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 03:45 UTC 版)

ルーズベルトローズベルト: Roosevelt[1][2])は、オランダ系の英米人の姓。




「ルーズベルト」の続きの解説一覧

ルーズベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 08:49 UTC 版)

リトルビッグプラネット」の記事における「ルーズベルト」の解説

スノーランドにて登場名前の由来テディベアの由来であるセオドア・ルーズベルトから。熊のぬいぐるみ家族をサックプーチンにさらわれる

※この「ルーズベルト」の解説は、「リトルビッグプラネット」の解説の一部です。
「ルーズベルト」を含む「リトルビッグプラネット」の記事については、「リトルビッグプラネット」の概要を参照ください。


ルーズベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 06:40 UTC 版)

地球連合軍の艦船及びその他の兵器」の記事における「ルーズベルト」の解説

地球連合軍所属する前期型血のバレンタイン事件起こした核ミサイル搭載したメビウスの母艦として運用されていた。漫画版機動戦士ガンダムSEED Re:」では、当時艦長ウィリアム・サザーランドであったとされている

※この「ルーズベルト」の解説は、「地球連合軍の艦船及びその他の兵器」の解説の一部です。
「ルーズベルト」を含む「地球連合軍の艦船及びその他の兵器」の記事については、「地球連合軍の艦船及びその他の兵器」の概要を参照ください。


ルーズベルト(1946年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/19 00:29 UTC 版)

10セント硬貨 (アメリカ合衆国)」の記事における「ルーズベルト(1946年 - )」の解説

1945年4月フランクリン・D・ルーズベルト大統領逝去後すぐに、バージニア州議員ラルフ・H・ドートンによってそれまでのマーキュリー・ダイムから、ルーズベルト大統領肖像描いた10セント硬貨交替させることを盛り込んだ法律案提出された。肖像を描く硬貨10セント硬貨選ばれた理由一部分は後に「マーチ・オブ・ダイムズ」と名称を変える全国小児麻痺協会National Foundation for Infantile Paralysis、略称:NFIP)」の設立尽力した功績称えためである。この財団は元々、ポリオ調査病気苦しむ人々その家族へ向け、資金募る役割果たしていた。その後財団郵便等で10セント硬貨を送る等、一般の人々より活動推し進められ、ルーズベルト大統領死去するころには、財団はすでに「マーチ・オブ・ダイムズ」として広く知られていたのであるそれまで他の著名な芸術家描いた硬貨長年続いたことがあったが、このルーズベルト・ダイムは考える期間が少なかったにも拘らず造幣局職員デザインし40年以上も使用され続けた。これは、合衆国内で流通する通常の硬貨としては初である。硬貨デザインには当時彫刻家主任であったジョン・R・シノックが選ばれた。シノックの最初のデザイン案は、1945年10月12日提出されたものの却下されたが、その後1946年1月6日2番目の案が承認された。 こうしてルーズベルト・ダイムは、ルーズベルト大統領64回目誕生日なるはずだった1946年1月30日一般へ封切りとなった。シノック自身デザインした彼のJ・S」のイニシャルは、硬貨表側にあるルーズベルトの首の基部刻まれている。裏側に松明オリーブの枝オーク描かれており、それぞれ由・平和・勝利を象徴している。 しかし、アメリカ国内では強い反共産主義的な感情から流通する硬貨に対して論争持ち上がり、シノックの名前の頭文字であるJ・Sが、造幣局潜むソビエト連邦秘密工作員によって刻まれヨシフ・スターリン (Joseph Stalin) の頭文字ではないかとの噂が挙がった造幣局イニシャルはシノックのものであるとして、すぐさま噂を論破する声明出した。このダイム発行2年後にシノックはフランクリン・ハーフ・ダラー硬貨デザイン行ったが、この際彼のイニシャルを「JRS」と刻んであるのは、こうした議論避けるためだったのかもしれないちなみにスターリンミドルネームヴィサリオノヴィチ (Vissarionovich) である。 シノックのデザイン持ち上がったもう一つ論争は、ルーズベルトの肖像にまつわるものであった硬貨流通後すぐに、シノックはアフリカ系アメリカ人彫刻家セルマ・バークが製作した浅浮き彫り作品盗用したものではないかとする説挙がった。これは1945年9月に、ワシントンD.C.にあるレコーダー・オブ・ディーズ・ビルディングで公開されたものである。シノックはこれを否定し、単に以前自身によるデザイン利用しただけであると主張した1965年貨幣法一節に、ダイム硬貨金属構成を銀90%・10%から、75%・ニッケル25%2層合金変更することが盛り込まれていた。これにより硬貨従来質量それまで2.5gから2.27gへ変更)や、電気学上の特性電気を帯びる自動販売機にとっては重要)もよく似ており、最も重要な事に銀などの貴金属含んでいない。 構成変えられた後すぐに、人々は銀を含んだ10セント硬貨使わないでおくようになり(グレシャムの法則を参照)、他の25セント硬貨50セント硬貨同じく銀を含んだダイム硬貨姿を消すようになった。現在はこうした10セント硬貨がかなり希少なものとなったが、稀にお釣りとして返ってきた小銭中に入っているかも知れない造幣局は、1992年より製造開始した収集家向けの貨幣セット用に、再び銀貨導入した今日まで続いているこのセットシリーズには、銀を90%含んだルーズベルト・ダイム、ワシントン・クオーター、ケネディ・ハーフ・ダラーのプルーフ硬貨含まれている。 1946年以来、ルーズベルト・ダイムは毎年製造されている。1955年まではフィラデルフィア・デンバー・サンフランシスコの全造幣所製造おこなわれていた。また、1968年よりサンフランシスコ造幣所プルーフ硬貨のみを製造している。1964年までの硬貨には、松明の絵の左側に「D」及び「S」の造幣所マーク見られる1968年からは、マーク製造年表示の上に刻まれるようになったこの間1965年から1967年まではマーク刻まれず、またフィラデルフィア造られ硬貨には1980年までマーク付けられていなかった。1982年ダイムには、この「P」のマーク欠落したエラー硬貨存在し現在高値で取引されている。デザインか50周年記念して1996年貨幣セット含まれている、ウェスト・ポイント造幣所製造されダイム硬貨には、「W」のマーク刻まれている。 2003年共和党保守派ダイム硬貨からルーズベルトの肖像使用取りやめ存命にも拘らずロナルド・レーガン大統領肖像にするよう提案した。これによる法案2003年11月インディアナ州共和党員、マーク・ソウダーによって提出された。しかし、これにはレーガンの妻であるナンシー・レーガン反対している。2004年6月レーガン大統領逝去した後、この法案支持得たが、ソウダー自身今後この案についてそれ以上従事しない考え示し、ルーズベルトの肖像継続して使用されることとなった

※この「ルーズベルト(1946年 - )」の解説は、「10セント硬貨 (アメリカ合衆国)」の解説の一部です。
「ルーズベルト(1946年 - )」を含む「10セント硬貨 (アメリカ合衆国)」の記事については、「10セント硬貨 (アメリカ合衆国)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ルーズベルト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ルーズベルト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ルーズベルトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルーズベルトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルーズベルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリトルビッグプラネット (改訂履歴)、地球連合軍の艦船及びその他の兵器 (改訂履歴)、10セント硬貨 (アメリカ合衆国) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS