3月16日とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 3月16日の意味・解説 

3月16日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 03:35 UTC 版)

1月16日(さんがつじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から75日目(閏年では76日目)にあたり、年末まであと290日ある。


  1. ^ 東横線渋谷駅を一夜で地下へ、線路切り替えの早業 13年の注目技術7位”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2013年12月16日). 2018年2月1日閲覧。
  2. ^ 東急東横線とメトロ副都心線、直通運転開始”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2013年3月16日). 2018年2月1日閲覧。
  3. ^ JR西日本、おおさか東線全線開業後の新大阪発直通快速の時刻公開”. マイナビニュース. マイナビ (2018年12月14日). 2020年10月29日閲覧。
  4. ^ 米喜劇俳優ジェリー・ルイスさん死去 底抜けシリーズ”. 朝日新聞デジタル (2017年8月21日). 2020年12月16日閲覧。
  5. ^ “米喜劇俳優ジェリー・ルイス氏死去、91歳「底抜け」シリーズ”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年8月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/21/kiji/20170821s00041000087000c.html 2020年11月11日閲覧。 
  6. ^ “演出家の浅利慶太さんが死去 85歳 劇団四季創立メンバー”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年7月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/18/kiji/20180718s00041000159000c.html 2020年11月13日閲覧。 
  7. ^ “「ラストタンゴ・イン・パリ」「ラストエンペラー」ベルナルド・ベルトルッチ監督死去”. 映画.com. (2018年11月26日). https://eiga.com/news/20181126/16/ 2020年11月6日閲覧。 
  8. ^ Tiberius Roman emperor Encyclopædia Britannica
  9. ^ 「略歴」『順天堂大学体育学部紀要』第10号、順天堂大学体育学部紀要編集委員会、1967年12月20日、 1-2頁、 NAID 40001782384
  10. ^ 金子國義さん死去 渋沢龍彦さんの挿絵など手がける”. ハフポスト (2015年3月17日). 2020年11月18日閲覧。
  11. ^ ブルース界のレジェンド、ハーモニカ奏者のジェイムス・コットン、死去 BARKS 2017年3月17日付
  12. ^ 原作のキャラクター紹介より。
  13. ^ 赤松健『魔法先生ネギま!』第2巻、講談社講談社コミックス〉、2003年、42頁。ISBN 978-4-06-363276-7
  14. ^ 『魔法陣グルグルランド』2巻、エニックス、1995年、30頁。ISBN 978-4-87025-834-1
  15. ^ CHARACTER 水色の幻鹿”. ブラッククローバー. 2020年5月29日閲覧。
  16. ^ 【公式】「Wake Up, Girls! 新星の天使」(WUG天)キャラクターPV第9弾「守島音芽」(CV:森嶋優花)”. YouTube. 2020年5月29日閲覧。
  17. ^ 咲-Saki- Characters”. 小林立公式サイト. 2020年5月29日閲覧。
  18. ^ キャラクタ概要 ギャンレル”. NeoApo. 2020年5月29日閲覧。
  19. ^ コンプティーク』、角川書店、2003年11月、 25頁。
  20. ^ UNIT 衣更 真緒”. あんさんぶるスターズ!! Happy Elements. 2020年5月29日閲覧。


「3月16日」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「3月16日」の関連用語

3月16日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



3月16日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの3月16日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS