モーニング娘。とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > モーニング娘。の意味・解説 

モーニング娘。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/02 19:12 UTC 版)

モーニング娘。の歴史
作品・出演一覧
映像作品一覧
追加メンバーオーディション


メンバー構成推移

  1. ^ a b 6期は不参加。
  2. ^ 矢口真里も参加。
  3. ^ 8期(留学生)は不参加。
  4. ^ 11期は不参加。
  5. ^ 12期は不参加。
  6. ^ 『人生Blues』のミュージック・ビデオには、2018年12月16日に卒業した飯窪春菜も参加。

加入・脱退(卒業)を繰り返すグループ編成

  1. ^ モーニング娘。としての初コンサートの日であり、1期・2期メンバーいずれとしても初めてのコンサートである。
  2. ^ 紺野あさ美のみテレビ番組収録中の怪我(『うたばん』での事故)のためこの日は挨拶のみ。曲に合流したのは2001年11月3日からである。
  3. ^ 通常のコンサート以外では2003年5月31日のミュージカル『江戸っ娘。忠臣蔵』で他の6期より早く合流している。
  4. ^ ただしこれより前の2011年11月23日における『ハロー!プロジェクト モベキマス Single「ブスにならない哲学」発売記念イベント』の曲披露に参加しており(レコーディングは不参加)、モーニング娘。としても「LOVEマシーン」など10期加入前の持ち歌を数曲披露している。

注釈

  1. ^ 会場先行発売盤オリジナルサウンドトラック、およびDVDマガジン、配信限定作品アナログ盤のみ
  2. ^ 2014年10月まではハロー!プロジェクトの総合プロデューサーを務めていた[8]
  3. ^ モーニング娘。の作品・出演一覧オリコン記録の欄を参照
  4. ^ ちなみに2番目がAKB48
  5. ^ 加入当初のイメージカラーは      紫で、
    2012年秋のツアーから黄緑に変更。なお変更は2012年7月4日に発表された。
  6. ^ 加入当初のイメージカラーは      ライトピンクで、
    2019年秋のツアーからピンクに変更。なお変更は2019年7月12日に発表された。
  7. ^ 加入当初のイメージカラーは      ライトオレンジで、
    2019年秋のツアーからオレンジに変更。なお変更は2019年6月14日に発表された。
  8. ^ その後、2011年から約12年ぶりに音楽活動を再開し、現在はPEACE$TONEのメンバー(asuka名義)として活動している。
  9. ^ その後、2003年からタレント活動を再開。
  10. ^ その後、2001年に歌手として復帰後、2003年に再度休止。2009年に再復帰。
  11. ^ その後、2017年からタレント活動を再開し、前年にM-line clubへ加入。
  12. ^ 結成から中澤卒業までのモーニング娘。の歴史が掲載されている『ASAYAN』公式サイトなどでは現在でも「脱退」という表現で統一されている(ASAYAN公式サイト:モーニング娘。 Archived 2010年8月14日, at the Wayback Machine.)。
  13. ^ 就任が公表されたのは『ハロー!モーニング。』2003年8月3日放送分で矢口本人より。
  14. ^ ただしモーニング娘。結成前にはおニャン子クラブの例がある。
  15. ^ 天声人語句読点』」(朝日新聞、2006年1月7日)、「天声人語(2006年1月 - 6月)」(朝日新聞社、2006年9月発行) ISBN 4-0225-0225-8 などに掲載。

出典

  1. ^ a b True, Chris. Morning Musume | Biography & History - オールミュージック. 2020年12月9日閲覧。
  2. ^ a b c d “モーニング娘。'14、新サブリーダーにまさかの生田衣梨奈。「誰もが嘘? って思ったかもしれませんが、これが現実です。」”. BARKS音楽ニュース (BARKS). (2014年11月26日). https://www.barks.jp/news/?id=1000110107 2016年1月6日閲覧。 
  3. ^ モーニング娘。原点回帰!! 新曲「リゾナントブルー」. BARKS. (2008年3月6日)
  4. ^ a b ハロー!プロジェクト15周年記念 モーニング娘。3時間スペシャル「あなたは、本当のモーニング娘。を知っていますか? 〜15年間の過去!現在!!未来!!!〜」”. スペースシャワーTV プラス. 2012年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e モーニング娘。'22:プロフィール”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2020年8月20日閲覧。
  6. ^ 近藤正高 (2020年11月19日). “山口百恵と松田聖子の結婚で決定的に違ったものとは? アイドルと“結婚”というタブーの歴史”. 文藝春秋. p. 3. 2021年2月27日閲覧。
  7. ^ モーニング娘。’22:プロフィール”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2021年1月1日閲覧。
  8. ^ つんく♂衝撃の初告白!ハロプロのプロデューサー“卒業していた””. SANSPO.COM (2015年9月9日). 2015年9月23日閲覧。
  9. ^ 『「モーニング娘。」の失われた10年』. YUCASEE MEDIA. (2011年10月4日)
  10. ^ 『「鳥肌が立ちました!」 モーニング娘。のパリ公演に4000人が大興奮』. BARKS. (2010年7月3日)
  11. ^ アイドルの海外進出:モーニング娘。のワールドワイド・ルネサンス”. CNNGo (2010年8月12日). 2012年7月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月14日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i モーニング娘。の記事一覧”. Real Sound. リアルサウンド ブック (2013年7月). 2020年8月20日閲覧。
  13. ^ モーニング娘。13枚目ニューアルバム9月発売、そしてメンバー・飯窪春菜から重大(!?)発表”. web De☆View. オリコン (2012年7月28日). 2012年7月29日閲覧。
  14. ^ 石田亜佑美”. CDJournal. 2020年8月25日閲覧。
  15. ^ 『モーニング娘。'22 小田さくら加入10周年記念FCイベント ~小田ちゃんと愉快な娘。たち~』当日券予約販売のお知らせ”. UP-FRONT INTERNATIONAL. 2022年10月26日閲覧。
  16. ^ つんく♂公式Twitter
  17. ^ モーニング娘。’15工藤 遥と12期メンバーのGRADATIONグッズ紹介”. UF Goods Land (2015年3月12日). 2015年3月12日閲覧。野中美希:1分26秒 - 2分31秒。牧野真莉愛:2分33秒 - 3分19秒。
  18. ^ 牧野真莉愛 (2019年7月12日). “TBSさん「音楽の日」♡ご報告♡メンバーカラー♪*゚”. モーニング娘。'19 12期オフィシャルブログ. 2019年7月12日閲覧。
  19. ^ 羽賀朱音 (2019年6月14日). “オレンジになりました︎☺︎”. モーニング娘。'19 12期オフィシャルブログ. 2019年6月14日閲覧。
  20. ^ a b 石田亜佑美 (2017年1月2日). “2017年の幕開け!”. モーニング娘。'17 天気組オフィシャルブログ. 2020年8月20日閲覧。
  21. ^ a b c 譜久村聖 (2019年7月12日). “メンバーカラー”. モーニング娘。'19 Q期オフィシャルブログ. 2020年8月20日閲覧。
  22. ^ ハロ!ステ#435”. ハロ!ステ (2022年7月13日). 2022年7月13日閲覧。21分33秒 - 22分43秒。
  23. ^ 「モーニング娘。OG コンサート2015」FC先行受付のお知らせ” (日本語). エムラインクラブオフィシャルファンクラブWebサイト. 2020年8月23日閲覧。
  24. ^ つんく♂の前でモーニング娘。OGとAKB48が初対決” (日本語). BARKS. 2020年8月22日閲覧。
  25. ^ a b モーニング娘。1期がハロプロ名古屋公演に全員集結。安倍なつみ「本当に奇跡だなって」” (日本語). BARKS. 2020年8月22日閲覧。
  26. ^ モー娘。低迷期に“不安ゼロ”だった市井紗耶香が、あの頃の自分に言いたいこと”. 週刊女性PRIME (2019年4月5日). 2020年8月23日閲覧。
  27. ^ モー娘。、イメージカラーへの“ぶっちゃけトーク”に関係者苦笑い”. ORICON NEWS. 2020年8月20日閲覧。
  28. ^ 尾形春水 (2015年3月12日). “12期メンバーカラー!春ツアー♡”. モーニング娘。'15 12期オフィシャルブログ. 2020年8月20日閲覧。
  29. ^ a b c d なっちらOG10人で「ドリーム モーニング娘。」結成! 4月に新曲&ツアー”. ORICON NEWS. 2020年8月27日閲覧。
  30. ^ 【まとめて読む】元モー娘。吉澤さんが記した妊娠・出産:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年8月25日閲覧。
  31. ^ a b c Perfumeの躍進、その時モーニング娘。は……高橋愛、新垣里沙の苦闘 | ENTAME next - アイドル情報総合ニュースサイト” (日本語). entamenext.com. 2020年8月25日閲覧。
  32. ^ 元モー娘新垣里沙「1人になって挑戦」契約終了報告 - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年8月25日閲覧。
  33. ^ 道重さゆみという生き方―モーニング娘。史上最強のリーダーと呼ばれるまで. メトロポリタンプレス. (2015/08/24) 
  34. ^ Kashima, Yui. “「先輩よりも、誰よりも目立ちたい」と思っていた私は、いろんなことを見落としていた” (日本語). BuzzFeed. 2020年8月25日閲覧。
  35. ^ SANSPO.COM”. web.archive.org (2003年5月7日). 2020年8月25日閲覧。
  36. ^ モーニング娘。に関してのお知らせ。”. つんく♂オフィシャルウェブサイト. 2020年8月27日閲覧。
  37. ^ すべては生き残るために モーニング娘。が選んだ「変化」”. ENTAME next(徳間書店). 2020年8月27日閲覧。
  38. ^ モーニング娘。譜久村 聖、サブリーダー就任で意気込み。「道重さんを陰で支えていけるように」”. ORICON NEWS. 2020年8月27日閲覧。
  39. ^ 飯窪春菜はモーニング娘。’18の精神的支柱だったーー持ち前のタレント力とまとめ役としてのスキル”. Real Sound. 2020年8月27日閲覧。
  40. ^ フェイスシールド越しでもやっぱり美しいモーニング娘。’20 生田衣梨奈” (日本語). エンタメNEXT. 2021年11月7日閲覧。
  41. ^ モー娘。紙上相談室!15期メンバーがサブリーダー・石田亜佑美に「教えて!先輩」”. 東スポWeb. 2020年8月27日閲覧。
  42. ^ 『ずっと後ろから見てきた』(中澤裕子・著、2003年11月17日、ワニブックス)、137頁。
  43. ^ 「モーニング娘。」『CDジャーナル』第56巻第20号、音楽出版社、2012年2月、 11頁。
  44. ^ 再評価される「モーニング娘。」の強さとは? | アイドル国富論” (日本語). 東洋経済オンライン (2014年11月21日). 2020年8月22日閲覧。
  45. ^ つんく♂、なぜ再びアイドルプロデュースに乗り出した? つん♂タス♀、モー娘。……プロデューサーとしての役割を語る”. リアルサウンド (2020年7月31日). 2020年8月1日閲覧。
  46. ^ モーニング娘。結成20周年記念イベント開催決定!ライブ披露曲投票受付中!”. モーニング娘。結成20周年記念サイト. 2017年8月16日閲覧。
  47. ^ a b あれから20年、初代モー娘。5人集結!現役'17メンバーと「愛の種」歌う(コメントあり)” (日本語). 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 2020年8月25日閲覧。
  48. ^ モーニング娘。誕生10年記念隊”. つんく♂オフィシャルウェブサイト. つんく♂ネット. 2013年1月17日閲覧。
  49. ^ モー娘が18人特別編成、福田さんしのぶ会”. 日刊スポーツ (2003年10月13日). 2003年12月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月19日閲覧。
  50. ^ モー娘。故福田さんに感謝の追悼唱”. スポーツニッポン (2003年10月13日). 2003年12月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月19日閲覧。
  51. ^ 聞いてください…18人モー娘。熱唱”. デイリースポーツ (2003年10月13日). 2003年11月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月19日閲覧。
  52. ^ 18人で熱唱 モー娘。“生みの親”しのぶ”. めざましテレビ. MU-HA (2003年10月13日). 2003年12月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月19日閲覧。
  53. ^ 『モーニング娘。5+3-1』(1999年10月13日、宝島社、ASAYAN 編)、151頁、ISBN 4-796616047
  54. ^ 「増員」、『ずっと後ろから見てきた』(中澤裕子・著、2003年11月17日、ワニブックス)、148頁。
  55. ^ モーニング娘。地獄から天国へ。敗者復活組がチャート1位になったワケ、『日経エンタテインメント!』1998年12月号より。
  56. ^ a b ユニット名決定!!! Archived 2013年2月12日, at the Wayback Machine.. ASAYAN公式サイト. (1997年9月14日)・『ASAYAN』(テレビ東京系)1997年9月14日放送
  57. ^ モー娘。の「。」はなぜつけられた? 芸能人の名前に含まれる記号の意味や由来って?”. 日刊SPA!(扶桑社). 2020年8月26日閲覧。
  58. ^ 市井紗耶香「#ブラック校則」に賛否、彼女が批判されてしまう「2つの特徴」” (日本語). 週刊女性PRIME (2020年7月17日). 2021年11月7日閲覧。
  59. ^ 元モー娘。メンバー、吉澤ひとみの婚約祝福 “元教育係”矢口真里「嬉しい」”. ORICON NEWS. 2020年8月25日閲覧。
  60. ^ 加護亜依が語ったゴマキとの思い出「一緒にお風呂も入った」” (日本語). エキサイトニュース. 2020年8月25日閲覧。
  61. ^ “新旧の枠を超えたモーニング娘。の絆 <Yahoo!ライブトーク>出演”. BARKS. (2007年11月15日). https://www.barks.jp/news/?id=1000035495 2011年10月14日閲覧。 
  62. ^ 元モー娘・久住小春「ドクターX」出演で蘇る大門未知子ばり「大胆発言」過去” (日本語). アサ芸プラス. 2020年8月25日閲覧。
  63. ^ 道重が久住小春教育でストレス、溜め込みすぎてまゆ毛抜いていた。” (日本語). ナリナリドットコム. 2020年8月25日閲覧。
  64. ^ モーニング娘。'16鈴木香音卒業インタビュー | Special” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年8月25日閲覧。
  65. ^ “譜久村聖リーダーの新生モーニング娘。が4月15日シングルリリースを発表”. BARKS. (2015年2月15日). https://www.barks.jp/news/?id=1000112740 2015年2月15日閲覧。 
  66. ^ ザテレビジョン. “12期&リーダー・フクちゃん!新生モー娘。第1弾! | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年8月25日閲覧。
  67. ^ モー娘。工藤遥、新メンバーのキャラかぶりにダメ出し”. ORICON NEWS. 2020年8月25日閲覧。
  68. ^ モー娘・工藤遥が卒業発表 次のエースは誰だ – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2020年8月25日閲覧。
  69. ^ モーニング娘。譜久村聖「一瞬のバズりで終わらせたくない」” (日本語). NEWSポストセブン. 2020年8月25日閲覧。
  70. ^ 別冊宝島608『モーニング娘。バイブル』(宝島社、2001年9月29日発行)掲載の桜井鉄太郎のインタビューより
  71. ^ “全国ツアー直前に決起集会ランチ−美勇伝”. サンケイスポーツ. (2005年8月21日). オリジナルの2008年4月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080402030059/http://www.sanspo.com/geino/idol/ha/biyuden/20050821.html 2013年1月17日閲覧。 
  72. ^ “エース鞘師里保「卒業」でモー娘センター争いどうなる”. 東京スポーツ. (2015年12月10日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/141972 2016年1月30日閲覧。 
  73. ^ 高橋愛卒業公演. BARKS. (2011年10月2日)
  74. ^ 亀井絵里、ジュンジュン、リンリン卒業公演. BARKS. (2010年12月20日) 
  75. ^ 久住小春卒業公演. BARKS. (2009年12月7日)
  76. ^ 都市伝説? モーニング娘。の「ラブマの法則」とは - エキサイトニュース(2016年3月18日)、2020年8月26日閲覧
  77. ^ モーニング娘。欧州初上陸のパリ公演でファン4000人熱狂”. ORICON NEWS. 2020年9月4日閲覧。
  78. ^ ANIME NYC 2018 Reveals Final Artist Lineup for Anisong World Matsuri” (英語). SYNC NETWORK JAPAN (2018年8月29日). 2020年10月6日閲覧。
  79. ^ 『モーニング娘。、ピンク・レディー超え! 女性グループ5冠!』. ORICON STYLE. (2007年5月1日)
  80. ^ “【オリコン】モー娘。最新シングル初登場1位 「TOP10入り作品数」歴代記録70作に更新”. ORICON STYLE. (2018年6月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2113875/full/ 2016年6月20日閲覧。 
  81. ^ “あゆ抜いた!モー娘。連続記録で歴代単独1位”. sanspo.com (産業経済新聞社). (2012年4月17日). オリジナルの2012年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120420145842/http://www.sanspo.com/geino/news/20120417/ido12041705020001-n1.html 2012年4月17日閲覧。 
  82. ^ “モー娘。が史上初の通算50作TOP10 10年ぶりに初週10万枚突破”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年7月10日). https://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2014081/full/ 2012年7月11日閲覧。 
  83. ^ “【オリコン】モー娘。3年8ヶ月ぶり首位! 女性グループ史上初の3年代シングル1位”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年1月29日). オリジナルの2013年1月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130131114525/http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2021089/full 2013年1月29日閲覧。 
  84. ^ モー娘。、20周年ベストで16年ぶり1位 女性グループ歴代記録更新「つんく♂さんのおかげ」【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. 2019年3月26日閲覧。
  85. ^ “嵐がミュージックDVD総売上枚数273万枚で歴代1位、モー娘。の記録を抜く”. ORICON STYLE (オリコン). (2010年4月14日). https://www.oricon.co.jp/news/75293/full/ 2010年4月14日閲覧。 
  86. ^ “浜崎あゆみ、音楽DVD総売上で女性アーティスト首位に”. ORICON STYLE (オリコン). (2010年6月14日). https://www.oricon.co.jp/news/87335/full/ 2013年7月3日閲覧。 
  87. ^ “【オリコン】嵐、DVD総売上700万枚突破の金字塔”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年1月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2020408/full/ 2013年7月3日閲覧。 
  88. ^ 2011年12月4日放送『EXILE魂』(ドリームモーニング娘。出演)より。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モーニング娘。」の関連用語

モーニング娘。のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モーニング娘。のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモーニング娘。 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS