ナインティナインとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 芸人 > お笑い芸人 > ナインティナインの意味・解説 

ナインティナイン

以下の映画ナインティナイン関連しています。


ナインティナイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/21 01:01 UTC 版)

ナインティナイン(: NINETY-NINEは、岡村隆史矢部浩之からなる日本お笑いコンビ司会者1990年結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京本社)所属。略称は「ナイナイ」「99」「NN」。雨上がり決死隊FUJIWARAバッファロー吾郎とともにお笑い第四世代の代表格に数えられる。




注釈

  1. ^ このうち『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』は在阪局毎日放送東京支社制作扱い[要出典]
  2. ^ 岡村は当時メンバーのセイン・カミュが全勝で卒業(クビは出川哲朗)したため、矢部は同じくメンバーの船越英一郎が裏番組の木曜ミステリーに出演するにあたって8ヶ月間の活動休止の後、準会員に降格(クビは森泉)されたためである[要出典]
  3. ^ この煽りを受け、ナイナイの2人のどちらかがクビとなった後の次のシーズンではクビになるメンバーが通常の1人から2人に変更(新メンバーも加わるため)されるルールが採用された。なお、新メンバーが2人加わったパート18でもこのルールが適用されている。現時点で岡村のクビでこのルールが適用された事例は無い。このルールでクビになったのはパート12は佐々木希田山涼成、パート15は上川隆也平井理央[要出典]
  4. ^ まれにレギュラー早期復帰をかけてVIPチャレンジャー及び特別参戦として岡村は2回、矢部は4回出演したが、どちらも果たせていない[要出典]。なお、矢部は復帰チャンスなしで特別参戦したことが1回ある。
  5. ^ 開始当初は容姿(クラッカーマン、干物先生など)が異なっていたが、後に長男の誕生に伴い「育メンマン」というキャラクターで登場していた[要出典]

出典

  1. ^ a b c d e ナインティナイン”. 芸人プロフィール. 吉本興業. 2015年12月8日閲覧。
  2. ^ a b ナインティナインが25年をかけて到達した「本気の仕事論」”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2015年7月15日). 2015年9月21日閲覧。
  3. ^ KING[要ページ番号]講談社 2008年5月、『ナインティナインのオールナイトニッポン』2008年10月30日より[出典無効]
  4. ^ 天素ビデオなど[どれ?]の岡村本人談
  5. ^ 踊れて感動! 岡村隆史「ナインティナイン」由来はブレイクダンスの技から”. スポーツ報知. 株式会社報知新聞社 (2015年9月19日). 2015年9月21日閲覧。
  6. ^ 黒澤裕美『ナインティナインの上京物語』[要ページ番号]大和書房、2012年。
  7. ^ ただし、2014年2月に「テレフォンショッキング」にゲスト出演した際に岡村がタモリに直談判して出演曜日を固定しない不定期レギュラーとして2014年2月から番組終了の3月31日までの間、岡村のみ回数こそ少なかったが出演した。矢部は妻の青木裕子の妊娠と出産で忙しかった関係で不定期レギュラーを断った。


「ナインティナイン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ナインティナイン」の関連用語

ナインティナインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナインティナインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナインティナイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS