大林宣彦とは?

大林宣彦

以下の映画大林宣彦関連しています。
BS-i=オフィス・シロウズ
東北新社=ギャラクシーワン
東北新社=ギャラクシーワン
アートリンクス
CESCOJAPAN
 
 


大林宣彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/21 18:47 UTC 版)

大林 宣彦(おおばやし のぶひこ、1938年1月9日 - )は、日本映画監督[注 1]




注釈

  1. ^ 撮影所システムで育った映画監督ではないとの理由から[1]、本人は「映画作家」と称している[2][3]
  2. ^ 成城大学時代の1960年に8ミリで映画『だんだんこ』を大林と共作したのが平田オリザの父・平田穂生で、後に大林の妻の姉と結婚したため平田オリザは甥となる[10]
  3. ^ 1985年『さびしんぼう』公開時のキネマ旬報の記事で、映画評論家・増淵健が「大林は舛田利雄と並ぶ当代の"アイドル使い"」と評している[134]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『Location Japan』地域活性プランニング、2012年6月号、P64-69
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p vol.28 映画監督 大林 宣彦 p5- OKStars - OKWavevol.28 映画監督 大林 宣彦 p6- OKStars - OKWaveくらしと保険 WEB.03 私の元素 大林宣彦さん大林 宣彦さん 映画作家 | 「介護110番」総合案内
  3. ^ a b c d 人が集うこと大切/大林宣彦×本広克行監督対談 | 香川のニュースさぬき映画祭2013 ふるさと映画祭サミット 【第一部】 大林宣彦(映画作家)、本広克行(映画監督)による対談e-とぴあ・かがわ | まちTV.かがわ - まちテレ@香川
  4. ^ a b 大林宣彦の写真ブログ 雨撮晴記(うさつせいき)|2007年03月15日
  5. ^ 尚美学園大学 | 芸術情報学部 | 情報表現学科 教員紹介
  6. ^ 倉敷芸術科学大学 芸術学部|メディア映像学科 映像・放送専攻
  7. ^ 客員教授 大林宣彦監督特別講義 | 長岡造形大学
  8. ^ いしかわじゅん過去39
  9. ^ ももクロ、大林宣彦監督の「幕が上がる」絶賛メッセージに感激しきり eiga.com
  10. ^ a b c d 【ドキュメンタリストの眼②】大林宣彦インタビュー「高林陽一君と青春の個人映画」 text 金子遊
  11. ^ a b 大林宣彦 映画女優としての山口百恵を語る - 城西大学
  12. ^ a b c d e 大林宣彦 - 日本映画監督協会 - Directors Guild of Japan(Internet Archive)
  13. ^ a b c d 渡辺支配人のおしゃべりシネマ館大林宣彦監督「時をかける少女」BSコラム:NHK | 映画 | 渡辺支配人のおしゃべりシネマ館「大林宣彦監督の"転校生"」(by 渡辺俊雄)渡辺支配人のおしゃべりシネマ館「大林宣彦監督・異人たちとの夏」(Internet Archive)
  14. ^ a b c d 「松田政男 自主映画・個人映画・記録映画 新しい映画の混迷」『シネアルバム(52) 日本映画1977 1976年公開日本映画全集』 佐藤忠男山根貞男編、芳賀書店1977年、29頁。
  15. ^ a b #日本の映画人P114-115
  16. ^ a b c 映画監督、大林宣彦誕生(1938〜) - おんがく日めくり | ヤマハ
  17. ^ a b c d e 『スター・ウォーズ』のプロデューサーに「この映画はぜんぶNGだね」と褒め言葉を言った
  18. ^ おおらかで笑顔絶やさぬ大監督・大林宣彦 - ZAKZAK
  19. ^ 「インタビュー 大林宣彦」『月刊シナリオ』1988年12月号 日本シナリオ作家協会 p.4、佐藤忠男『日本映画』第三文明社、1992年、P163、「宝島」1986年9月号(宝島社)P108、『別冊映画秘宝VOL.2 アイドル映画30年史』洋泉社、2003年、総合的な学習の時間 伝える極意 第16回 |NHK ... - NHKオンライン(Internet Archive)、衛星劇場 - 『大林宣彦のいつか見た映画館』(Internet Archive)、宮部みゆき/大林宣彦--ドラマW「理由」は明日7/22夜 WOWOWプライム 何度でも見られる、宮部みゆきの映画『理由』 - ニュース - nikkei BPnet(Internet Archive)、花火と人生の哀歓 日曜インタビュー - 大阪日日新聞 - 新日本海新聞大林宣彦監督が登壇!『Lily』トークイベント!』
  20. ^ a b c d e f g h NewYork Biz - ガチ!BOUT.137 大林宣彦
  21. ^ a b c d e キネマ旬報社編『知っておきたい映画監督100・日本映画編』キネマ旬報社、2009年、P183、186-187
  22. ^ a b c d e 宝島」1986年9月号(宝島社)P108-115
  23. ^ a b c d e f g #田山P198-213
  24. ^ a b c d e 大林 宣彦 - 武蔵野美術大学 美術館・図書館
  25. ^ #読本、550、565-566頁
  26. ^ 「新藤さんの遺志継ぐ」 大林監督 思い出語る”. 中国新聞 (2012年6月4日). 2015年11月7日閲覧。
  27. ^ a b asahi.com:僕と安子 - トラベル「愛の旅人」 - 朝日新聞デジタル
  28. ^ a b c 「週刊朝日」2012年6月22日号
  29. ^ a b c d e f 関口宏の人生の詩(BS-TBS、2014年9月24日放送)
  30. ^ #個人映画《個人映画フィルモグラフィー》P109-113
  31. ^ a b c d e f 田山力哉『日本映画の監督たち』社会思想社、1991年、P190-192
  32. ^ 東京新聞:(25)戦争国家への道筋 映画作家 大林 宣彦氏
  33. ^ a b c d e 山田奨治編者『文化としてのテレビ・コマーシャル』(世界思想社、2007年)、P282-293
  34. ^ a b 映画芸術: 金子遊のこの人に聞きたいVol.13
    飯村隆彦(映画作家)
  35. ^ a b 山口猛『逆回転のフィルム ―七〇年代の映画作家たち東京新聞出版部、1981年、p13
  36. ^ a b よなご映像フェスティバル » 一般公募部門審査講評(かわなかのぶひろ氏)
  37. ^ 7月 1日公開 - オフィスイサナ - 対談ヤネン。京都新聞|京都・滋賀 いろいろかたり - 映画作家 林宣彦さん
  38. ^ a b #個人映画P34、106、111
  39. ^ a b #全史、p415-416
  40. ^ フィルム・アンデパンダン | 現代美術用語辞典ver.2.0 - Artscape
  41. ^ 〔キーワード事典〕『朝までビデオ2』キーワード事典編集部、洋泉社、1990年、p256
  42. ^ #個人映画P11
  43. ^ 並河恵美子氏インタビュー『ルナミ・フィルム・ギャラリー』
  44. ^ a b c d #監督全集P71-73
  45. ^ a b c d e #キネ旬20105P76-81
  46. ^ a b #個人映画P3-6
  47. ^ #個人映画P27
  48. ^ a b c #読本、323-325頁
  49. ^ a b 【論考】 ロジャー・コーマンと日本のロジャー・コーマンたち(前編) text モルモット吉田
  50. ^ a b c d e f #石坂P186-187頁
  51. ^ ACC会報【ACCtion】101号 連載 Vol.6
  52. ^ a b 大林宣彦監督 戦争体験者として伝えたいメッセージ - 日刊スポーツ
  53. ^ #ワンダーランドP78-79
  54. ^ #体験的仕事論P36-37
  55. ^ #ワンダーランドP83
  56. ^ a b 人間環境学部TOPICS - 関東学院大学 人間環境学部 大林監督へのインタビュー記事(PDFファイル)
  57. ^ 放送批評、放送批評懇談会編、1971年12月号、P13-16
  58. ^ 株式会社マンダム|社史 [1927〜1999]
  59. ^ a b c d e f #個人映画巻頭グラビア
  60. ^ a b c d 尾道 大林宣彦監督CM作品の数々阪本善尚カメラマン 駅前風景を語る -山陽日日新聞
  61. ^ 黒沢哲哉『ぼくらの60〜70年代熱中記』いそっぷ社、2012年、p70-73、かまち潤『TVコマーシャルと洋楽コマソン40年史』清流出版、2010年、p13-17
  62. ^ 山中正剛・石川弘義共著『戦後メディアの読み方』勁草書房、2001年、P188-189
  63. ^ a b c d #映画撮影P235-237
  64. ^ #読本P334-335頁
  65. ^ 「転校生」性善説・大林宣彦の映画には「毒」がない : J ... - J-Castニュース
  66. ^ 樋口尚文『テレビ・トラベラーー昭和・平成テレビドラマ批評大全』国書刊行会、2012年、p354
  67. ^ 南博江藤文夫監修『CM文化論 ヒットコマーシャルの25年』創拓社、1980年、p156
  68. ^ 馬場啓一『大人の男の作法』(PHP研究所、2006年)P104-106
  69. ^ #ワンダーランドP93-94
  70. ^ #読本、296頁
  71. ^ 夢の吹く丘 〜都筑の丘のすばらしき人々 松原愛
  72. ^ #この指、275−278頁
  73. ^ #乾盃、176-177頁
  74. ^ 紙面復刻:山口百恵伝説ここに(4) - 日刊スポーツ
  75. ^ 大林宣彦監督 旭日小綬章受章祝賀会 三浦友和さん祝辞 -山陽日日新聞
  76. ^ 田山力哉『日本映画名作全史. 現代編2』社会思想社、1988年、P84-86
  77. ^ 大林さん、次の映画はまあだ会(3) -山陽日日新聞
  78. ^ 湯川れい子著『熱狂の仕掛け人』(小学館、2003年)P208
  79. ^ 毎日新聞 2010年10月24日8面
  80. ^ 『映画100物語 日本映画篇 1921-1995』(読売新聞社、1995年)P184-185
  81. ^ 2013/10/07第3回クリエイターズ殿堂決まる - 全日本シーエム放送連盟(ACC)
  82. ^ a b 作品詳細「HOUSE(ハウス)」|日本映画写真のキネマ写真館
  83. ^ #映画撮影P237-238
  84. ^ 快楽亭ブラックの黒色映画図鑑「HOUSE ハウス」
  85. ^ #読本、782-785頁
  86. ^ a b c d e 『シネアルバム(62) 日本映画1978 1977年公開日本映画全集』 佐藤忠男山根貞男編、芳賀書店1978年、138頁。
  87. ^ 『ぴあシネマクラブ 日本映画編』(ぴあ)P459、『朝までビデオ2』、p254-256、井口昇インタビュー - HogaHolic
  88. ^ a b 『大特撮―日本特撮映画史―』(コロッサス)P150-151、P280-281
  89. ^ Twitter / a_i_jp: 17歳で『HOUSE』を観て以来の大林世代です
  90. ^ #30年史P81、185
  91. ^ a b c d e f g #中川P52-53
  92. ^ a b c 「特別対談 大林宣彦×大森一樹」キネマ旬報、1979年2月下旬号、P245-253
  93. ^ a b c 『HOUSE/ハウス』化け猫怪談で70年代美少女POP! - 映画宝庫V3
  94. ^ #30年史P80-81
  95. ^ #読本、644-645頁
  96. ^ 『日本映画・テレビ監督全集』(キネマ旬報社)P71-72
  97. ^ #中川P52-53、75
  98. ^ #東宝特撮P192-195
  99. ^ a b 大林宣彦(映画作家) - BS日テレ
  100. ^ #1980年代の映画、96頁
  101. ^ 転校生@ぴあ映画生活 - ぴあ映画生活 - チケットぴあ映画とCMの『境目/さかいめ』にある未来 - OPENERS、『爆裂!アナーキー日本映画史1980-2011』P6
  102. ^ a b 寺脇研『映画に恋して 年鑑1989年日本映画全評』弘文出版、1980年、P5-253
  103. ^ 「〈日本映画〉若手作家の台頭と娯楽映画復活のきざし」、『キネマ旬報』1983年2月下旬号、 98頁。
  104. ^ 「記者会見 オレンジロード急行」キネマ旬報、1978年3月下旬号、P174-175
  105. ^ 『ぼくらの60〜70年代熱中記』、p178-180
  106. ^ #読本、187-188、785頁
  107. ^ 掛尾良夫『ぴあ』の時代、キネマ旬報社、2011年、P136
  108. ^ 『ぼくのしょうらいのゆめ』プチグラパブリッシング、2006年、P14-15
  109. ^ a b INTRO | 大林宣彦監督インタビュー:映画『その日のまえに』について
  110. ^ 一瀬隆重『ハリウッドで勝て!』(新潮社、2006年)P30-32
  111. ^ 橋口尚文『映画の復讐 CINEMA CAN WAIT』(フィルムアート社、1992年)P186-211
  112. ^ 松田政男「逆回転映画館 映画魔術館ほか」キネマ旬報、1980年1月上旬号、P67
  113. ^ 映画祭History|ぴあフィルムフェスティバル(PFF)公式ホームページ
  114. ^ 大林宣彦監督、9年ぶり“ゆうばり映画祭” - キャリア - ORICON STYLE恐怖と笑いが共存する世界の珍妙ホラーベスト5!! 日本からは「マタンゴ」「HOUSE」がランクイン!小林亜星オフィシャルサイト
  115. ^ ニューヨーク近代美術館(MoMA)で日本映画特集を開催
  116. ^ Movie Review | 'House' - The New York Times
  117. ^ 国連フォーラム:UN FORUM:国際仕事人に聞く第11回 小林立明さん
  118. ^ 【大林宣彦「時をかける少女」を語る】「角川春樹氏は原田知世の引退作にしたかった」「足長おじさん2人のロマンチズムを体現した作品だった」 :産経新聞転校生 | 映画 | WOWOWオンライン松平健・高将の名言 映画作家・大林宣彦 生かされる意味福山大学学術情報リポジトリ 尾道と文化 : 大林宣彦の映画と地域開発 - 片岡俊郎青春映画の名匠・大林宣彦監督が自ら25年ぶりに甦らせた映画『転校生 -さようならあなた-』初日舞台挨拶(Internet Archive)、大林 宣彦の写真ブログ 雨撮晴記(うさつせいき)|2007年6月14日東京国立近代美術館フィルムセンター 平成20年度プログラム48==>>BackNumber映画の街PRへフィルムコミッションを設立 - 会議所ニュースBSコラム > 渡辺支配人のおしゃべりシネマ館「大林宣彦監督の" 転校生"」(by 渡辺俊雄)映画作家 - 社団法人日本埋立浚渫協会大林宣彦作品との出会い:鈴木右文映画「モノクロームの少女」スタッフ
  119. ^ 『キネマ旬報』、1985年3月下旬号。
  120. ^ a b c d 日経エンタテインメント!』2015年3月号「アイドル&女優が輝く映画」、P24-26、『日経エンタテインメント!女優Special』日経BPムック、2015年10月2日発行、P50-52
  121. ^ 第3章 第5節 ケーススタディ1:「映画の街」尾道
  122. ^ a b 自治体国際化フォーラム286号(2013年8月) 特集 フィルムコミッション
  123. ^ 【映画コラム】 『県庁おもてなし課』をはじめ“ご当地映画”が続々登場新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語「聖地巡礼」が導く新しい観光まちづくりのかたち 三菱UFJリサーチ&コンサルティンググッドニュース・ジャパン : 大林宣彦監督が名古屋の映画を撮るフィルムコミッション - 長岡市議会議員 桑原望・オフィシャルサイト
  124. ^ a b キネマ旬報、1985年4月下旬号、P66-67
  125. ^ 映画作家・大林宣彦氏「尾道の発展を30年遅らせたアホ監督だ」と罵られる第67回 中国文化賞 受賞者の業績と横顔 大林 宣彦氏(Internet Archive)
  126. ^ 宮崎映画祭公式ブログ 2013年05月27日 大林宣彦監督作品!
  127. ^ 佐藤忠男『日本映画』、P163
  128. ^ #読本、598-599、704-706頁、2年後目標に「大林宣彦資料館」構想
  129. ^ #体験的仕事論P114
  130. ^ 「ぴーぷる オーナー 大林宣彦」、『週刊文春1983年昭和58年)10月13日号 p.55、文藝春秋
  131. ^ a b c d #中川P143
  132. ^ a b c 「アイドル映画『30年史』誌上ロードショー」『EX大衆』、2015年1月号、89-94頁
  133. ^ INTRO | 大林宣彦監督インタビュー:映画『その日のまえに』
  134. ^ 『キネマ旬報』、1985年4月下旬号、P68。
  135. ^ #30年史P1、65、80-81、106-121、180、193、198、201
  136. ^ 「少女がつくった時代 80年代、アイドル映画の極意」 金沢21世紀美術館
    70年代アイドル映画大全 VOL.Ⅱ アイドル映画で春ラ!ラ!ラ
    川島海荷 - Cut 編集部日記 | ブログ | RO69(アールオーロック)
    中森明夫『アイドルにっぽん』(新潮社、2007年)P121-134
    可愛い悪魔 DVD - TSUTAYA online
    映画『幕が上がる』 - 大林宣彦監督と本広克行監督の、新旧アイドル映画監督対談
    スカパー! 日曜シネマテーク- TOKYO FM 80.0MHz ― 映画監督の三木孝浩さんが語る『時をかける少女』―藤井隆の胸キュン!アイドル天国#9 アイドルと映画 大林宣彦(映画作家)
  137. ^ a b 『キネマ旬報』2015年3月上旬号「映画×ももクロ『幕が上がる』対談 本広克行×大林宣彦 アイドル映画の撮り方」、P28-33
  138. ^ ももクロと目指す「完全なアイドル映画」とは!『踊る』本広監督、新作に懸ける思い シネマトゥデイ
  139. ^ 『時をかける少女』 | スカパー! 日曜シネマテーク- TOKYO FM
  140. ^ a b c d 映画秘宝EX『爆裂!アナーキー日本映画史1980-2011』洋泉社、2012年、P18-19、36-37
  141. ^ #中川P145
  142. ^ #ワンダーランドP128-129
  143. ^ “天国にいちばん近い島キャンペーン”. ニューカレドニア観光局. オリジナル2014年1月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140108033117/http://newcaledonia.jp/promotion/tengoku/ 2015年1月2日閲覧。 80年代をもう一度! 当時アツかった青春アイドルを角川映画で振り返る 「天国にいちばん近い島」で見るアイドルとは天国に一番近い島ニューカレドニアへ行きたい | マイナビニュース、「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」(フジテレビ)2014年8月6日放送、世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?|2014/08/06
  144. ^ #30年史P164
  145. ^ 『アニメクリエイターの選んだ至高の映画』、洋泉社、2015年、P50-51
  146. ^ a b #体験的仕事論P235-156
  147. ^ a b c 「大林宣彦の世界」映画秘宝2007年8月号、洋泉社、P30-35
  148. ^ a b #映画撮影P242-243
  149. ^ #1980年代の映画、105-107頁
  150. ^ #30年史P85
  151. ^ 佐藤忠男『ATG映画を読む 60年代に始まった名作のアーカイブ』、フィルムアート社、1991年、P383
  152. ^ #石坂P191-195頁
  153. ^ #傑作P107-111
  154. ^ 佐藤忠男『日本映画』、P162-167
  155. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、359頁。ISBN 4766927060
  156. ^ ドラマコンプレックス - 日本テレビ
  157. ^ エンタメ・フロントライン/ 大林監督の平和への思い 虚構の中に真実描く映画 岐阜新聞Web
  158. ^ 樋口尚文の千夜千本 第11夜 「野のなななのか」(大林宣彦監督)
  159. ^ 大林宣彦監督「古里映画」の軌跡|この空の花 - 「長岡 ... - 長岡ロケなび大分)臼杵で映画祭 大林監督、常磐貴子さんら迎え:朝日新聞
  160. ^ 神戸市:記者発表資料第14回神戸100年映画祭・新開地 淀川長治メモリアルの開催「少女がつくった時代 80年代、アイドル映画の極意」 金沢21世紀美術館京都文化博物館特別展「野口久光 シネマ・グラフィックス 魅惑のヨーロッパ映画ポスター展」の開催についてLA日本映画祭:大林宣彦監督がトークショー - Rafu Shimpo全国まちづくり商店街サミット2012in安城|安城大会について広報とわだ 2006年2月15日号 - 十和田市市長ダイアリー(平成22年3月) - 小千谷市ホームページ旭川市まちづくり推進課 - 旭川市中心市街地活性化シンポジウムの開催についてし・え・かん トピックス 平成19年10月号 - 経済産業省 九州経済産業局成城大学 | 生涯学習 | オープン・カレッジ | 講演紹介オープニング上映 - 横浜トリエンナーレJIAトーク2008第4回映画作家・大林宣彦氏講演 - 建築家online公開講演 「こころと映画と社会」 大林宣彦(映画作家) | 日本精神衛生学会大会NEWSポストセブン|大林宣彦氏 医学部入試会場出て「イシャヤメタ」野のなななのか - 産経ニュース(第20回)<大林宣彦さん・前編>落とし穴に落ち続ける校長先生から学ぶ(1)ロケ地の小学校全焼 大林宣彦監督の話 | NHK「かぶん」ブログ大林宣彦のいつか見た映画館と - スカパーJSAT「BDビデオは'13年にDVDを逆転する」。DEGが拡大宣言 -AV Watch“映画と、古里と、日本の幸福”『なごり雪』シンポジウム&特別上映試写会開催!!【ジャパンフィルムコミッション】総会とロケ地ツアーに参加 山形おきたまフィルムコミッション五十嵐順一/那須フィルムコミッション
  161. ^ 大林宣彦監督褒賞祝会 東京でも仲間集い - nifty
  162. ^ 産経新聞 2009年11月3日23面
  163. ^ 特別対談】高橋栄樹×宇野常寛 大林宣彦「So long ! The Movie」を語り尽くす
  164. ^ “大林宣彦監督に生涯功労賞 イタリアの極東映画祭”. スポニチアネックス. (2016年4月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/26/kiji/K20160426012473570.html 2016年4月26日閲覧。 
  165. ^ “大林宣彦監督「奇跡」の回復 昨年8月「あと6カ月」も…抗がん剤治療奏功”. デイリースポーツ online. (2017年5月12日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/12/0010179259.shtml 2017年5月12日閲覧。 
  166. ^ “大林監督、撮影中「余命3カ月」 映画「花筐」”. 佐賀新聞LIVE. (2017年6月4日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/435011 2017年6月15日閲覧。 
  167. ^ 北村哲朗 (2018年7月8日). “末期がんの大林監督、原爆を描く新作撮影 故郷でロケ”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASL714QKDL71PITB00F.html 2018年7月31日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大林宣彦」の関連用語

大林宣彦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大林宣彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大林宣彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS