名誉教授とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 役職 > 教授 > 名誉教授の意味・解説 

めいよ‐きょうじゅ〔‐ケウジユ〕【名誉教授】

読み方:めいよきょうじゅ

大学教授その他として一定の年限勤めた者で、教育上または学術著し功績があった者に対し退職後大学から与えられる称号


名誉教授

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 23:52 UTC 版)

名誉教授(めいよきょうじゅ、英語: professor emeritus / emeritus professor)とは、国内法では大学短期大学を含む)、高等専門学校などの高等教育機関に教授などとして勤務した者であって、功績のあった者に対して授与される称号[1]。法的・国際的に認められた栄誉称号であり学術称号の一つ[2]日本では学校教育法にその根拠規定があり[注釈 1][3]、それぞれ大学または高等専門学校の規程・規則の定めるところにより授与される。ただし、法律によって占有される称号ではないため、大学以外の研究機関や研究組織が称号として用いることもある。


注釈

  1. ^ 学校教育法第106条 「大学は、当該大学に学長、副学長、学部長、教授、准教授又は講師として勤務した者であつて、教育上又は学術上特に功績のあつた者に対し、当該大学の定めるところにより、名誉教授の称号を授与することができる。」学校教育法第123条「(前略)第百五条から第百七条まで(中略)の規定は、高等専門学校に準用する。」
  2. ^ 名誉教授の個人個人に与えられる居室ではなく、来学の際に利用できる部屋として設定されている場合が多い[要出典]

出典

  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)2757頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年)2495頁参照。
  2. ^ 名誉教授とは大学教員に対して「本人の退職後その功労を顕彰する意味で当該大学が贈る栄誉的称号」とされる。天城勲著『学校教育法逐条解説』(学陽書房、1954年)342頁参照。
  3. ^ 学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2018年6月1日). 2019年12月31日閲覧。 “2019年4月1日施行分”参照。
  4. ^ a b c d e f g h i 南部, 広孝 (2018-03) (日本語), 日本における名誉教授制度の歴史的変遷と現状に関する考察, 広島大学高等教育研究開発センター, doi:10.15027/45665, https://doi.org/10.15027/45665 2022年3月8日閲覧。 
  5. ^ 東京大学名誉教授称号授与規則第3条第1号
  6. ^ 大阪大学名誉教授称号授与規程
  7. ^ 私の場合
  8. ^ 本学卒業生・名誉教授が令和元年春の叙勲を受章 大阪府立大学
  9. ^ 秋の叙勲・褒章(私学関係者)旭日重光章に小田島肅夫氏ほか(金沢医科大名誉教授元理事長・元学長)私立大学協会
  10. ^ a b 平成22年春の叙勲受章―南茂夫先生の「お礼ご挨拶と叙勲雑感」 ゆうでんかい
  11. ^ 東京大学名誉教授称号授与規則
  12. ^ 北海道大学名誉教授称号授与規程 2021年8月閲覧
  13. ^ 国立大学法人埼玉大学名誉教授称号授与規則 (PDF) 2021年8月閲覧
  14. ^ 京都大学名誉教授称号授与規程 2021年8月閲覧
  15. ^ 名古屋大学名誉教授称号授与規程 2021年8月閲覧
  16. ^ 東北大学名誉教授称号授与規程 2021年8月閲覧
  17. ^ 国立大学法人三重大学名誉教授称号授与規程 2021年8月閲覧
  18. ^ 神戸大学名誉教授称号授与規程 2020年8月閲覧
  19. ^ https://www.tsukuba.ac.jp/images/pdf/2004hks28.pdf 2021年8月閲覧
  20. ^ 信州大学名誉教授称号授与規程 2021年8月閲覧
  21. ^ 広島大学名誉教授称号授与規則 2021年8月閲覧
  22. ^ 東京工業大学名誉教授の称号授与に関する規則 2021年8月閲覧
  23. ^ 国立大学法人東京医科歯科大学名誉教授称号授与規則 2021年8月閲覧
  24. ^ 一橋大学名誉教授称号授与規則
  25. ^ 大阪大学名誉教授称号授与規程
  26. ^ 九州大学名誉教授授与規則 2021年8月閲覧
  27. ^ 横浜国立大学名誉教授の称号授与規則 2021年8月閲覧
  28. ^ 国立大学法人東京外国語大学名誉教授称号授与規程 2021年8月閲覧
  29. ^ 千葉大学名誉教授の称号授与に関する規程 2021年8月閲覧
  30. ^ 国立大学法人滋賀大学名誉教授称号授与規程 2021年8月閲覧
  31. ^ 岡山大学名誉教授称号授与規則 2021年8月閲覧
  32. ^ 山口大学名誉教授称号授与規則 2021年8月閲覧
  33. ^ 金沢大学名誉教授称号授与規程2021年8月閲覧
  34. ^ 徳島大学名誉教授称号授与規則 2021年8月閲覧
  35. ^ 国立大学法人小樽商科大学名誉教授に関する規程 2021年8月閲覧
  36. ^ 東京芸術大学名誉教授称号授与規則 2021年8月閲覧
  37. ^ 岐阜大学名誉教授規程 2021年8月閲覧
  38. ^ 《春の叙勲》廣文館



名誉教授

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/26 15:52 UTC 版)

追贈」の記事における「名誉教授」の解説

名誉教授の称号死後追贈されことがある

※この「名誉教授」の解説は、「追贈」の解説の一部です。
「名誉教授」を含む「追贈」の記事については、「追贈」の概要を参照ください。


名誉教授

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 05:39 UTC 版)

電気通信大学の人物一覧」の記事における「名誉教授」の解説

佐々木茂美 - 1995年授与機械工学者西尾幹二 - 2001年授与独文学者批評家在職時はドイツ語担当新しい歴史教科書をつくる会初代会長柳沢久 - 2007年授与柔道家韓太舜 - 2007年授与情報学者早川正士 - 2009年授与地震電磁気学者。 岡本敏雄 - 2013年授与

※この「名誉教授」の解説は、「電気通信大学の人物一覧」の解説の一部です。
「名誉教授」を含む「電気通信大学の人物一覧」の記事については、「電気通信大学の人物一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「名誉教授」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「名誉教授」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



名誉教授と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

名誉教授のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



名誉教授のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名誉教授 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの追贈 (改訂履歴)、電気通信大学の人物一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS