学校教育法とは?

がっ こうきょういくほう がくかうけういくはふ 【学校教育法】


学校教育法

【英】:School Education Act

日本国憲法精神に基づき、また教育基本法制定を受けて、1947年制定された学校教育全体具体的な内容定め法律高等教育機関質保証に関する規定として、従来より実施されている大学等設置文部科学大臣認可する制度のほか、2004年4月1日施行の学校教育法改正により、新たに自己点検評価及び認証評価実施義務化された。

This act was enacted in 1947 based on the spirit of the Japanese Constitution and in response to the enactment of the Basic Act on Education, which defines the specifics of the provision of school education. Regarding the need for quality assurance in higher education institutions, under the amended Act of April 1, 2004, self-assessment and certified evaluation and accreditation were made compulsory, in addition to the existing system for the approval of the establishment of universities by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology.

学校教育法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/29 15:00 UTC 版)

学校教育法(がっこうきょういくほう、昭和22年3月31日法律第26号)は、学校教育制度の根幹を定める日本の法律である。




  1. ^ 2005年に改正学校教育法が施行される前の卒業者には、短期大学士の学位ではなく準学士称号が授与されたが、この称号は「短期大学士の学位」とみなされる
  2. ^ 商船に関する学科のみ
  3. ^ 主に3年次
  4. ^ ただし、受け入れ先の判断により認めない大学もある
  5. ^ 学校評価について”. 文部科学省. 2009年2月24日閲覧。
  6. ^ 中央教育審議会 (2002年8月5日). “第3章 第三者評価制度の導入”. 大学の質の保証に係る新たなシステムの構築について(答申). 文部科学省. 2010年1月22日閲覧。


「学校教育法」の続きの解説一覧





学校教育法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「学校教育法」の関連用語

学校教育法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



学校教育法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
大学改革支援・学位授与機構大学改革支援・学位授与機構
Copyright National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education. All Rights Reserved.
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2018,Hofu Virtual Site Museum,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学校教育法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS