学校教育法とは? わかりやすく解説

学校教育法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 06:55 UTC 版)

学校教育法(がっこうきょういくほう)とは、学校教育制度の根幹を定める日本法律である。所管官庁は、文部科学省である。


注釈

  1. ^ ここで言う複線はもともとの語義通りの2つ以上の平行している線という意味で、この当時の学校体系を図示したときに縦軸を学齢として横軸に複数の学校種を並べて表記することから、複線と表現された。鉄道用語の複線とは何ら関係がない。あえて無理に鉄道用語で表すならば、単線並列を当てることができるかもしれない。
  2. ^ 2005年に改正学校教育法が施行される前の卒業者には、短期大学士の学位ではなく準学士称号が授与されたが、この称号は「短期大学士の学位」とみなされる
  3. ^ 商船に関する学科のみ
  4. ^ 主に3年次
  5. ^ ただし、受け入れ先の判断により認めない大学もある

出典

  1. ^ 学校評価について”. 文部科学省. 2009年2月24日閲覧。
  2. ^ 中央教育審議会 (2002年8月5日). “第3章 第三者評価制度の導入”. 大学の質の保証に係る新たなシステムの構築について(答申). 文部科学省. 2010年1月22日閲覧。


「学校教育法」の続きの解説一覧

学校教育法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/16 03:53 UTC 版)

普通教育の思想・歴史・現在」の記事における「学校教育法」の解説

この教育基本法のもとに1947年、学校教育法が制定された。そこでは、とくに小学校中学校高等学校教育目的が、子どもの発達段階に沿って初等普通教育」、「中等普通教育」、「高等普通教育及び専門教育」とされた。 学校教育法はその制定過程から言って戦後理念具体化という性格不十分であり戦前の教育制度連続性強く残っているとりわけ高等学校教育目的である「高等普通教育専門教育」については、戦前の中等学校令枠組み残したものである。普通教育は、本来、基本的な職業教育包含しているものであり、そういう観点から高等学校目的を、高等学校段階普通教育として(これを「高等普通教育」と称することの当否もある)明確にしていくという議論不徹底であった。

※この「学校教育法」の解説は、「普通教育の思想・歴史・現在」の解説の一部です。
「学校教育法」を含む「普通教育の思想・歴史・現在」の記事については、「普通教育の思想・歴史・現在」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「学校教育法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「学校教育法」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



学校教育法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

学校教育法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学校教育法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学校教育法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの普通教育の思想・歴史・現在 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS