専門教育とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 教育 > 教育 > 専門教育の意味・解説 

せんもん‐きょういく〔‐ケウイク〕【専門教育】

読み方:せんもんきょういく

特定の分野または内容に関する専門的な教育

高度の知的技術的な専門職業のための教育


一般教育と専門教育

(専門教育 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/18 02:47 UTC 版)

この項目では、日本高等教育における一般教育(いっぱんきょういく)と専門教育(せんもんきょういく)の区分について述べる。


  1. ^ a b 有本章 編『大学のカリキュラム改革』玉川大学出版部、2003年、17頁


「一般教育と専門教育」の続きの解説一覧

専門教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 21:24 UTC 版)

朝鮮教育令」の記事における「専門教育」の解説

高等学術技芸授けることを目的とする。専門教育を行う学校として専門学校(第2627条)が置かれた専門学校は、修業年限3年ないし4年入学資格高等普通学校卒業した16歳以上の者とされた。

※この「専門教育」の解説は、「朝鮮教育令」の解説の一部です。
「専門教育」を含む「朝鮮教育令」の記事については、「朝鮮教育令」の概要を参照ください。


専門教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 11:10 UTC 版)

陸上自衛隊高等工科学校」の記事における「専門教育」の解説

現在の陸上自衛隊使用される高度に高機能化システム化された装備品能力を発揮させるため、その素地を養う。内容は「電子機械メカトロ工学」「情報工学」および「ロボット制作を通じて教育」に大別される

※この「専門教育」の解説は、「陸上自衛隊高等工科学校」の解説の一部です。
「専門教育」を含む「陸上自衛隊高等工科学校」の記事については、「陸上自衛隊高等工科学校」の概要を参照ください。


専門教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 00:06 UTC 版)

ブローニュ=ビヤンクール地方音楽院」の記事における「専門教育」の解説

2008年より、パリ第3大学パリ第4大学および、パリ地方音楽院との提携している。国家音楽資格 (DNSPM)および国家俳優高等資格 (DNSPC)の準備クラス受講可能である(Cycle Préparatoire à l’Enseignement Supérieur (CPES)。 2020年現在首都圏でDNSPMを交付できる音楽院は、パリ国立高音楽学校(CNSMDP)、パリ・ブローニュ=ビヤンクール高等芸術教育センター(PSPBB)、サン=ドニ高等芸術センター(Pôle Sup'93)のみである。

※この「専門教育」の解説は、「ブローニュ=ビヤンクール地方音楽院」の解説の一部です。
「専門教育」を含む「ブローニュ=ビヤンクール地方音楽院」の記事については、「ブローニュ=ビヤンクール地方音楽院」の概要を参照ください。


専門教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 01:56 UTC 版)

シェイクスピア別人説」の記事における「専門教育」の解説

ストラトフォード派は、戯曲を書くのに必要とされる教育シェイクスピア受けていた証拠がないという点をしばしば指摘する一方シェイクスピア14歳までストラトフォードのキングス・スクール(エドワード6世校、King Edward VI School Stratford-upon-Avon)に出席する権利与えられており、そこでラテン詩人やプラウトゥスPlautusのような劇作家について学んだであろうというのがストラトフォード派の立場である。ただし、当時学籍簿紛失しているので、シェイクスピアがこの学校出席してたかどうかは明らかではない。 シェイクスピア大学に通ったという証拠もないが、これはルネサンス期劇作家として珍しいことではない伝統的に学者達は、シェイクスピアある程度独学学んだのだろうと推測している。仲間詩人であり劇作家ベン・ジョンソンが、シェイクスピアよりも低い身分出身ありながら桂冠詩人にまでなったことがよく似た例として挙げられるシェイクスピアと同様ベン・ジョンソン大学卒業していないばかりか恐らく入学さえしておらずそれにもかかわらず後年オックスフォードケンブリッジの両大学から名誉学位授与される程の碩学になっている。 しかしシェイクスピア異なって明らかな独学形跡ジョンソンには見られるので、この類似性は疑われるようになっているジョンソンに関して彼自身による署名注釈付けられ蔵書発見されているが、シェイクスピアによって所有ないし貸借された形跡のある本は見付かっていない。さらに、ジョンソン独習のために大きな図書館通っていたことも明らかになっているが、シェイクスピア独学積んでいたことを示しうる具体的な証拠1つ存在しないまた、彼の戯曲種本となった文献いくつかは、シェイクスピア同時代人ストラトフォード出身出版業者リチャード・フィールド(Richard Field)の書店で売られいたもの可能性があるという説をデヴィッド・キャスマンが提示しているが、これも確証欠いた推測に過ぎないストラトフォード派は、シェイクスピア作品が必ずしも並外れた教養持ち主でなければ生み出しえないものだとは見なされてこなかったと述べる。ファースト・フォリオ献辞においてベン・ジョンソンシェイクスピアのことを"And though thou hadst small Latine, and lesse Greeke," すなわち「ラテン語を少し、ギリシア語はもっと少し」(しか知らなかったけれども、その作品きわめて偉大である、と続く)と評しているのは誰もが知るところであり、シェイクスピア教養に関する話では必ず引用される事実である。 また、作品から窺われるシェイクスピア古典素養は、そのほとんどがたった1つテキスト当時多くの学校で教科書使われていたオウィディウス『変身物語』由来するものであるということ明らかになっている。ただしこの説明は、シェイクスピア作品著者には外国語近代科学法律に関する知識備わっていたはずではないかという疑問答えるものではない。

※この「専門教育」の解説は、「シェイクスピア別人説」の解説の一部です。
「専門教育」を含む「シェイクスピア別人説」の記事については、「シェイクスピア別人説」の概要を参照ください。


専門教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/18 02:47 UTC 版)

一般教育と専門教育」の記事における「専門教育」の解説

専門教育(せんもんきょういく)とは、特定の分野のために深く深化した教育を指す。日本における専門教育は、高等学校専修学校高等課程いわゆる高等専修学校)などの後期中等教育、および大学高等専門学校高専)などの高等教育から開始される後期中等教育段階各学校専修学校専門課程専門学校)における専門教育は、特定の職業人養成するといった関係が深い知識学問実用的な職能役立てようとする教育であり、様々な分野がある。現在の専門学校を除く国際・経済系の各学校では職業とどまらず基礎教養を高めることにも重点置いており、社会人生生きていく上で必要な教養を高めるというような理念がある。 高等教育での専門教育は多岐にわたる学者・研究者技術者となるためのもの、そして法曹官僚経営者評論家などとしての知的生産を行うための教育もここに含まれるまた、伝統的に分野ごとの専門性重んじてきたため、教える者と学ぶ者の間に徒弟的な強い関係が築かれることもある。特に法曹官僚では師弟関係強く政治塾等で強い関係が結ばれることも多い。 日本では専門教育は専門学校除いて一般教育重ねて行われており、事実上複合され教育であるが便宜上、専門教育は専門教育として区別されている。

※この「専門教育」の解説は、「一般教育と専門教育」の解説の一部です。
「専門教育」を含む「一般教育と専門教育」の記事については、「一般教育と専門教育」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「専門教育」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「専門教育」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



専門教育と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「専門教育」の関連用語

専門教育のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



専門教育のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一般教育と専門教育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの朝鮮教育令 (改訂履歴)、陸上自衛隊高等工科学校 (改訂履歴)、ブローニュ=ビヤンクール地方音楽院 (改訂履歴)、シェイクスピア別人説 (改訂履歴)、一般教育と専門教育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS