署名とは? わかりやすく解説

しょ‐めい【署名】

読み方:しょめい

[名](スル)本人自分の名を書類などに書くことまた、その書かれたもの。「契約書に—する」


署名

読み方:ショメイ(shomei)

文書にその発行証として書き記した自分の姓名など。


署名

本人契約文書名前を書くこと。欧米におけるサイン同義通常は署名に続けて捺印をする。

署名

作者スティーヴン・ディクソン

収載図書SUDDEN FICTION超短編小説70
出版社文芸春秋
刊行年月1994.1
シリーズ名文春文庫


署名

作者目取真俊

収載図書群蝶の木
出版社朝日新聞社
刊行年月2001.4


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:28 UTC 版)

署名(しょめい、英語: sign, signature)とは、行為者がある行為(例えばクレジットカードの利用時)をする際に、自己の氏名を自署すること、また自署したものである。


  1. ^ 『有斐閣 法律用語辞典 [第3版]』法令用語研究会 編、有斐閣、2006年、ISBN 4-641-00025-5
  2. ^ 捺印は押印と同じ意味であるが、慣例的に、記名印、署名印と呼ぶことが多い。
  3. ^ 法制執務研究会 編「問8」 『新訂 ワークブック法制執務 第2版』株式会社ぎょうせい、2018年1月15日、30頁。ISBN 978-4-324-10388-3 


「署名」の続きの解説一覧

署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 20:36 UTC 版)

五人委員会 (アメリカ独立宣言)」の記事における「署名」の解説

公式には記されていないが、この歴史的な投票記録残されたのは午後6時26分と推定されている。その後議会全体委員会報告聞き翌日7月2日午後に連合植民地主権地位宣言したその後全体委員会宣言文目を向け閉会前に第2回読会が行われた。

※この「署名」の解説は、「五人委員会 (アメリカ独立宣言)」の解説の一部です。
「署名」を含む「五人委員会 (アメリカ独立宣言)」の記事については、「五人委員会 (アメリカ独立宣言)」の概要を参照ください。


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 07:27 UTC 版)

モスクワ講和条約」の記事における「署名」の解説

条約の署名は、ソ連側外務人民委員外相相当)ヴャチェスラフ・モロトフレニングラード軍管区長官アンドレイ・ジダーノフアレクサンドル・ヴァシレフスキーによって、フィンランド側は首相リスト・リュティユホ・クスティ・パーシキヴィカール・ワルデンそしてヴァイオ・ヴォイオンマーによってなされた

※この「署名」の解説は、「モスクワ講和条約」の解説の一部です。
「署名」を含む「モスクワ講和条約」の記事については、「モスクワ講和条約」の概要を参照ください。


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 18:10 UTC 版)

ロンドン条約 (1867年)」の記事における「署名」の解説

オーストリアルドルフ・フォン・アポーニー伯爵 ベルギーシルファン・ファン・デ・ヴァイヤー フランスアンリ・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ公爵 イタリアヴィットーリオ・エマヌエーレ・タパレッリ・ダッゼーリョ侯爵 ルクセンブルクヴィクトル・ド・トルナコ男爵 エマヌエル・セルヴェ オランダアルノルト・アドルフ・ベンティンク男爵 プロイセンアルブレヒト・フォン・ベルンシュトルフ伯爵 ロシアフィリップ・フォン・ブルーノフ伯爵 イギリスダービー伯爵エドワード・スタンリー イタリア会議招かれなかったが、イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世諸国説得してイタリア代表受け入れさせた。イタリアルクセンブルクの関係は薄くロンドン条約イタリアに全く影響与えなかったが、イタリア大国としてはじめ多国間会議参加した瞬間であり、新生イタリア王国にとっては象徴的な意味が大きかった

※この「署名」の解説は、「ロンドン条約 (1867年)」の解説の一部です。
「署名」を含む「ロンドン条約 (1867年)」の記事については、「ロンドン条約 (1867年)」の概要を参照ください。


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/23 09:31 UTC 版)

トラベラーズチェック」の記事における「署名」の解説

所有者の署名使用時連署・副署がある。購入後に全ての小切手所有者署名し使用時連署し両者一致確認して効力発する所有者署名無きものは亡失時に再発行対象外となる。

※この「署名」の解説は、「トラベラーズチェック」の解説の一部です。
「署名」を含む「トラベラーズチェック」の記事については、「トラベラーズチェック」の概要を参照ください。


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 23:30 UTC 版)

アメリカ合衆国の対独宣戦布告 (1917年)」の記事における「署名」の解説

下院決議可決されてすぐに、Champ Clark下院議長署名し9時後の午後12時14分にトーマス・R・マーシャル副大統領署名した。それから1時間もしない午後1時11分にウッドロウ・ウィルソン大統領署名してアメリカ合衆国正式にドイツ帝国宣戦布告した

※この「署名」の解説は、「アメリカ合衆国の対独宣戦布告 (1917年)」の解説の一部です。
「署名」を含む「アメリカ合衆国の対独宣戦布告 (1917年)」の記事については、「アメリカ合衆国の対独宣戦布告 (1917年)」の概要を参照ください。


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 21:19 UTC 版)

北米自由貿易協定」の記事における「署名」の解説

1990年までの外交交渉の後、3国指導者1992年12月17日それぞれの首都協定調印した署名され協定各国議会又は上院によって批准される必要があった。

※この「署名」の解説は、「北米自由貿易協定」の解説の一部です。
「署名」を含む「北米自由貿易協定」の記事については、「北米自由貿易協定」の概要を参照ください。


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 10:28 UTC 版)

モーリス・ユトリロ」の記事における「署名」の解説

ユトリロ絵画署名する際、Maurice Utrillo V.記した。これはかつてのであったValadon頭文字であり、自分の母親喪失告発するものと考えられている。

※この「署名」の解説は、「モーリス・ユトリロ」の解説の一部です。
「署名」を含む「モーリス・ユトリロ」の記事については、「モーリス・ユトリロ」の概要を参照ください。


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 15:26 UTC 版)

三浦浄心」の記事における「署名」の解説

浄心著書には、著者名明記されておらず刊本序には、「翁」や「三五庵木算入道」が著わした見聞集32冊(と『(稿本)そぞろ物語』20冊)の一部別人写して編纂刊行した経緯記されている。しかし、各作品作中に何ヶ所か、著者が「三浦五郎左衛門」「三浦屋浄心であることを示唆する記述があり、また跋にあたる北条五代記巻10・『見聞集巻10老いて小童を友とする事」および『見聞軍抄』巻8の無題同文に「浄(きよき)心にあらざれば。口すさみ侍るよしあしと。人の上のみいひしかど。言葉にも似ぬ。わが心哉」という詠歌があって、名前の分かち書きを含む著者浄心の署名と考えられており、序跋も含めて自著考えられている。 特に『見聞軍抄』巻8大尾の『甲陽軍鑑』の批評について、編者として名前が記してある「溝河道喜」の実在議論されたことがあったが、「溝河道喜」が書いた体の文章終わりにも「浄き心にあらざれば・・・」の署名がある。

※この「署名」の解説は、「三浦浄心」の解説の一部です。
「署名」を含む「三浦浄心」の記事については、「三浦浄心」の概要を参照ください。


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 04:42 UTC 版)

印章」の記事における「署名」の解説

詳細は「署名」を参照 署名(しょめい)とは氏名自書することであり、筆跡によってその署名した個人特定することが可能である多くの場面で、署名が記名押印同等のものとしてその効力認められており、刑法の「印章偽造」やいわゆる有印公(私)文書偽造」といった罪においても署名が印章同等に扱われている。 なお、商法においては署名が本来の形で、その代わりとして記名押印認められている。

※この「署名」の解説は、「印章」の解説の一部です。
「署名」を含む「印章」の記事については、「印章」の概要を参照ください。


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 13:31 UTC 版)

Gmail」の記事における「署名」の解説

2010年7月9日からリッチテキストの署名が利用できるようになり、画像挿入フォント指定が可能となった画像用い場合は、あらかじめ使いたい画像ファイルオンラインアップロードしておく必要がある受信する側がプレーンテキスト設定にしている場合は、リッチテキスト部分が「*」で括られて表示される。また同日から、インポートされている複数アカウントそれぞれ個別の署名が設定可能にもなった。また2020年3月24日から複数の署名を使い分け可能になった。

※この「署名」の解説は、「Gmail」の解説の一部です。
「署名」を含む「Gmail」の記事については、「Gmail」の概要を参照ください。


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/15 06:06 UTC 版)

フランチェスコ・スフォルツァ」の記事における「署名」の解説

フランチェスコ・スフォルツァ決してこの名前での署名はせず、結婚してヴィスコンティの姓を許されるまではフランチェスコスフォルツァ・デッリ・アッテンドリ(Francescosforza degli Attendoli)、その後はフランチェスコスフォルツァ・ヴィスコンティ(Francescosforza Visconti)とした。

※この「署名」の解説は、「フランチェスコ・スフォルツァ」の解説の一部です。
「署名」を含む「フランチェスコ・スフォルツァ」の記事については、「フランチェスコ・スフォルツァ」の概要を参照ください。


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 03:47 UTC 版)

Digital Signature Algorithm」の記事における「署名」の解説

ハッシュ関数を H {\displaystyle H} 、署名したメッセージを m {\displaystyle m} とする。 0 < k < q {\displaystyle 0<k<q} なる k {\displaystyle k} をメッセージごとにランダムに決定する。 r = ( g k mod p ) mod q {\displaystyle r=\left(g^{k}{\bmod {\,}}p\right){\bmod {\,}}q} を計算する もし r = 0 {\displaystyle r=0} である場合には k {\displaystyle k} を選択し直すs = k − 1 ( H ( m ) + x r ) mod q {\displaystyle s=k^{-1}\left(H\left(m\right)+xr\right){\bmod {\,}}q} を計算する。 もし s = 0 {\displaystyle s=0} である場合には k {\displaystyle k} を選択し直す。 ( r , s ) {\displaystyle \left(r,s\right)} が m {\displaystyle m} に対する署名となる。 最初の2段階がメッセージごとの鍵を生成するステップである。冪剰余計算が署名操作において最も計算量の多い過程であり、メッセージのハッシュ求め前に計算される。 k − 1 mod q {\displaystyle k^{-1}{\bmod {\,}}q} が次いで計算量の多い過程であり、拡張されユークリッドの互除法あるいは k q − 2 mod q {\displaystyle k^{q-2}{\bmod {\,}}q} としてフェルマーの小定理用いて計算されることがある

※この「署名」の解説は、「Digital Signature Algorithm」の解説の一部です。
「署名」を含む「Digital Signature Algorithm」の記事については、「Digital Signature Algorithm」の概要を参照ください。


署名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 21:17 UTC 版)

連合規約」の記事における「署名」の解説

アメリカ国立公文書館存在する連合規約複製の6ページ目には、諸邦代表者の署名が記されている。連合規約1777年11月15日採択され批准のために各邦へ送付する複製作られた。また連合会議保存するための複製作られた。だが各邦へ送付された複製には署名は記されておらず連合会議議長ヘンリー・ローレンスおよび連合会議書記官チャールズ・トムソンの署名だけが記されていた。 実は当時連合規約には一切の署名は無く、また日付空白であった。連合会議1778年6月27日に連規約の見直し行い、それに伴って署名を行う手続き開始された。そして連合規約採択した邦の代表者は、連合会議作成した複製(現在、国立公文書館保存されている複製に対して署名を行うよう通知された。 1778年7月9日、署名を記入するための準備が整うと、既に批准完了したニューハンプシャーマサチューセッツロードアイランドコネチカットニューヨークペンシルベニアバージニア、およびサウスカロライナの8邦の代表団が署名を行ったノースカロライナジョージアの2邦も批准完了していたが、代表団不在であったため、その日に署名は行われなかった。ニュージャージーデラウェア、およびメリーランドの3邦は未批准のため署名を行わなかった。 その後到着遅れていたノースカロライナ代表団のうちジョン・ペンだけが先行して到着したため、7月10日日付で署名を行った後続ノースカロライナ代表団7月21日に署名を行ったジョージア代表団7月24日に署名を行った。また何名かの代表は、最初に署名を行った代表団後に続いて署名を付け加えた8月8日にはニューハンプシャーのジョン・ウェントワースが署名を付け加えた最初の署名が行われた時点では批准だった3邦については、まずニュージャージー批准完了し11月26日に署名を行った続いてデラウェア批准完了し1779年2月12日に署名を行った。そして最後の署名となったのがメリーランド代表団であり、署名の日付1781年3月1日であった。 各邦の署名者以下の通りニューハンプシャー ジョサイア・バートレット、ジョン・ウェントワース・ジュニア マサチューセッツ湾 ジョン・ハンコックサミュエル・アダムズエルブリッジ・ゲリー、フランシス・ダナ、ジェイムズ・ラヴェル、サミュエル・ホルテン ロードアイランドおよびプロヴィデンス・プランテーション ウィリアム・エラリー、ヘンリー・マーチャント、ジョン・コリンズ コネチカット ロジャー・シャーマンサミュエル・ハンティントンオリヴァー・ウォルコット、タイタス・ハズマー、アンドリュー・アダムス ニューヨーク ジェイムズ・デュアンフランシス・ルイス、ウィリアム・デュア、ガバヌーア・モリス ニュージャージー ジョン・ウィザースプーン、ナサニエル・スカッダー ペンシルベニア ロバート・モリス、ダニエル・ロバルデュー、ジョナサン・バイアード・スミス、ウィリアム・クリンガン、ジョセフ・リード デラウェア トマス・マッキーンジョン・ディキンソン、ニコラス・ヴァン・ダイク メリーランド ジョン・ハンソンダニエル・キャロル バージニア リチャード・ヘンリー・リー、ジョン・バニスター、トマス・アダムス、ジョン・ハーヴィー、フランシス・ライトフット・リー ノースカロライナ ジョン・ペン、コーニーリアス・ハーネット、ジョン・ウィリアムズ英語版サウスカロライナ ヘンリー・ローレンス、ウィリアム・ヘンリー・ドライトン、ジョン・マシューズ、リチャード・ハントン、トマス・ヘイワード・ジュニア ジョージア ジョン・ウォルトン、エドワード・テルフェア、エドワード・ラングワージー

※この「署名」の解説は、「連合規約」の解説の一部です。
「署名」を含む「連合規約」の記事については、「連合規約」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「署名」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

署名

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 04:36 UTC 版)

名詞

しょめい

  1. 書類自分氏名書くこと
    1. 責任所在明確にして文書有効性保証するために名を記すこと。
    2. 請願申し入れなどの趣旨賛意表明するために名を記すこと。
  2. 書類書いた自分の氏名

発音(?)

しょ↗めー

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
署名-する

「署名」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「署名」に関係したコラム

  • ネット証券の口座開設の基準は

    ネット証券に口座を開設するには、一定の基準をクリアしなければなりません。以下は、ネット証券の口座開設の一般的な基準です。ネット証券と証券会社との口座開設の基準の違いは、インターネット利用環境があるかど...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



署名のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
東京印章協同組合東京印章協同組合
(C)2022 TOKYO SEAL ENGRAVERS CO-OPERATIVE ASSOCIATION. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの署名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの五人委員会 (アメリカ独立宣言) (改訂履歴)、モスクワ講和条約 (改訂履歴)、ロンドン条約 (1867年) (改訂履歴)、トラベラーズチェック (改訂履歴)、アメリカ合衆国の対独宣戦布告 (1917年) (改訂履歴)、北米自由貿易協定 (改訂履歴)、モーリス・ユトリロ (改訂履歴)、三浦浄心 (改訂履歴)、印章 (改訂履歴)、Gmail (改訂履歴)、フランチェスコ・スフォルツァ (改訂履歴)、Digital Signature Algorithm (改訂履歴)、連合規約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの署名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS