蝶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 昆虫 > > の意味・解説 

ちょう【×蝶】

読み方:ちょう

人名用漢字] [音]チョウテフ)(漢)

昆虫の名。チョウ。「蝶蝶蝶類胡蝶(こちょう)」

難読蝶番(ちょうつがい)


ちょう〔テフ〕【×蝶】

読み方:ちょう

鱗翅(りんし)目のうち、アゲハチョウ上科セセリチョウ上科属す昆虫総称色彩に富む二対の翅(はね)をもち、らせん状口吻(こうふん)を伸ばして花蜜樹液を吸う。触角棍棒(こんぼう)状または鉤(かぎ)状。日中活動し止まるときは翅を立てる。繭(まゆ)はふつう作らない日本には約260種が知られる胡蝶ちょうちょうちょうちょ。《 春》「—の飛ぶばかり野中日影かな/芭蕉

紋所の名。1図案化したもの

蝶の画像
蝶の紋所一つ南天蝶」
蝶の画像
蝶の紋所一つ備前蝶」
蝶の画像
蝶の紋所一つ源氏蝶」
蝶の画像
蝶の紋所一つ向い蝶」

チョウ

同義/類義語:蝶, ガ,
英訳・(英)同義/類義語:butterfly, moth

生物の分類で、節足動物門昆虫綱チョウ目鱗翅類)に属す動物総称

松波 千映子:蝶

英語表記/番号出版情報
松波 千映子:蝶Butterfly

作者ラフカディオ・ハーン

収載図書蝶の幻想
出版社築地書館
刊行年月1988.9

収載図書怪談不思議なこと物語研究 改版
出版社岩波書店
刊行年月2002.11
シリーズ名岩波文庫


作者北原亞以子

収載図書峠―慶次郎縁側日記
出版社新潮社
刊行年月2003.10
シリーズ名新潮文庫


作者須月研児

収載図書ショートショートの広場 15
出版社講談社
刊行年月2004.2
シリーズ名講談社文庫


作者辺見庸

収載図書銀糸の記憶辺見庸掌編小説集 白版
出版社角川書店
刊行年月2004.9


作者青木知子

収載図書季節はずれ
出版社澪標
刊行年月2004.10


作者未山妙

収載図書蠱談
出版社新風舎
刊行年月2004.10


作者森青蛙

収載図書空の向こうで、君が笑う
出版社新風舎
刊行年月2005.4



作者石川桂郎

収載図書文士意地車谷長吉短編小説輯 下
出版社作品社
刊行年月2005.8


作者皆川博子

収載図書
出版社文藝春秋
刊行年月2005.12

収載図書
出版社文藝春秋
刊行年月2008.12
シリーズ名文春文庫


作者北村薫

収載図書紙魚家崩壊 九つの謎
出版社講談社
刊行年月2006.3


作者正岡子規

収載図書ちくま文学 12 動物たち物語
出版社筑摩書房
刊行年月1989.1


作者石黒

収載図書Silent bell story
出版社文芸社
刊行年月2007.2


作者春名トモコ

収載図書短編世界
出版社創英社
刊行年月2008.6


作者宮本輝

収載図書宮本輝全集 第13巻 幻の光星々の悲しみ五千回の生死真夏の犬
出版社新潮社
刊行年月1993.4

収載図書宮本輝短篇
出版社集英社
刊行年月2007.11

収載図書星々の悲しみ 新装版
出版社文藝春秋
刊行年月2008.8
シリーズ名文春文庫


作者山室静

収載図書山室静自選著作集 第2巻
出版社郷土出版社
刊行年月1993.7


作者眉村卓

収載図書の裏
出版社出版芸術社
刊行年月1994.10
シリーズ名ふしぎ文学館


作者増田みず子

収載図書水鏡
出版社講談社
刊行年月1997.3


作者小出正吾

収載図書小出正吾児童文学全集 1
出版社審美
刊行年月2000.1


作者北原亜以子

収載図書峠―慶次郎縁側日記
出版社新潮社
刊行年月2000.10


作者兪鎮午

収載図書近代朝鮮文学日本語作品集19391945 創作篇 2
出版社緑蔭書房
刊行年月2001.12


読み方:チョウchou

鱗翅目で、ガ以外の昆虫総称

季節

分類 動物


読み方:チョウchou

作者 小山内薫

初出 明治42年

ジャンル 小説集


チョウ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 05:31 UTC 版)

チョウ(蝶)は、昆虫綱チョウ目(鱗翅目、ガ目とも)のうち、Rhopalocera に分類される生物の総称である。


  1. ^ アンドレ・デュメリル (1774–1860) 動物学者(父) or オーギュスト・デュメリル (1812–1870) 動物学者(子)
  2. ^ a b 蝶 (2006)、6頁
  3. ^ 蝶 (2006)、9頁
  4. ^ Scoble, Malcom J. (1995), The Lepidoptera: Form, Function and Diversity, Oxford University Press, ISBN 0-19854952-0 
  5. ^ Tree of Life web project: Lepidoptera - Tree of Life Web Project
  6. ^ Wahlberg, Niklas; et al. (2005), “Synergistic effects of combining morphological and molecular data in resolving the phylogeny of butterflies and skippers”, Proc Biol Sci. 272: 1577–1586., http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1560179/ 
  7. ^ a b c 不二龍彦『迷信・俗信大百科』学習研究社、1996年、44-45頁。ISBN 978-4-05-400630-0
  8. ^ 大野, 徹『ビルマ(ミャンマー)語辞典』大学書林、2000年、660頁。ISBN 4-475-00145-5
  9. ^ a b 鈴木棠三『日本俗信辞典 動・植物編』角川書店、1982年、370頁。ISBN 978-4-04-031100-5
  10. ^ 桂井和雄「土佐の山村の「妖物と怪異」」『旅と伝説』15巻6号(通巻174号)、三元社、1942年6月、 29頁、 NCID AN001397772014年11月28日閲覧。
  11. ^ 山田野理夫東北怪談の旅自由国民社、1974年、35-52頁。NCID BA42139725
  12. ^ 『これは重宝漢字に強くなる本』光文書院昭和54年6月15日発行622頁


「チョウ」の続きの解説一覧

蝶(ちょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 07:37 UTC 版)

ZOMBIE-LOAN」の記事における「蝶(ちょう)」の解説

女子大生殺人事件犯人の名称。現場謎の数式潰れた蝶を残したことからこの呼び名付いた。その残虐な手口魅せられた人々によりネット上には蝶の信者集う仮想殺人サイトまで作られた。実はその正体ゾンビとなったであり、彼の胸元には蝶の刺青がある。なお、潰れた蝶は自らの葬送と闇への帰還表していた。

※この「蝶(ちょう)」の解説は、「ZOMBIE-LOAN」の解説の一部です。
「蝶(ちょう)」を含む「ZOMBIE-LOAN」の記事については、「ZOMBIE-LOAN」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 19:51 UTC 版)

レンドフルール」の記事における「蝶」解説

特別な花紋宿る守護者で、地上4カ国象徴となる花紋守護者は四蝶と呼ばれ騎士従者となる。

※この「蝶」の解説は、「レンドフルール」の解説の一部です。
「蝶」を含む「レンドフルール」の記事については、「レンドフルール」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 02:21 UTC 版)

投扇興」の記事における「蝶」解説

的のこと。イチョウ葉の形をした、布張り両脇に鈴を垂らした物が一般的下に五円玉数枚入れた錘がついている大きさは、流派によっても異なるが9×9cm程度その他に木製の物や、和紙小銭包んだおひねり「花」呼ばれる的を用いることもある。

※この「蝶」の解説は、「投扇興」の解説の一部です。
「蝶」を含む「投扇興」の記事については、「投扇興」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 01:06 UTC 版)

聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」の記事における「蝶」解説

死界の蝶(フェアリー)。纏わりつい人物の死を予感させる。

※この「蝶」の解説は、「聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」の解説の一部です。
「蝶」を含む「聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」の記事については、「聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/29 04:06 UTC 版)

カメイ美術館」の記事における「蝶」解説

16を超える亀井文蔵の蝶コレクションの内、約4000種14000頭が展示されており、標本世界で3頭しか存在しないメスのアロッティトリバネアゲハも日本唯一収蔵・展示されている蝶の標本他にも甲虫類標本1300頭や、100種類以上の蝶の翅を使用して作られた宇宙賛歌」が展示されている。

※この「蝶」の解説は、「カメイ美術館」の解説の一部です。
「蝶」を含む「カメイ美術館」の記事については、「カメイ美術館」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/02 17:34 UTC 版)

ボクの手の中の楽園」の記事における「蝶」解説

伝説上の生き物。この生物見えることが、魔術師になる資質とも言われている

※この「蝶」の解説は、「ボクの手の中の楽園」の解説の一部です。
「蝶」を含む「ボクの手の中の楽園」の記事については、「ボクの手の中の楽園」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「蝶」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「蝶」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



蝶と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蝶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチョウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのZOMBIE-LOAN (改訂履歴)、レンドフルール (改訂履歴)、投扇興 (改訂履歴)、聖闘士星矢 Legend of Sanctuary (改訂履歴)、カメイ美術館 (改訂履歴)、ボクの手の中の楽園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS