キャベツとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 越年草 > キャベツの意味・解説 

キャベツ【cabbage】

アブラナ科一年草または越年草肉厚幅広く重なり合って大きな球になる。夏、とう立ちして淡黄色の4弁花を総状につけるヨーロッパ海岸地方原産で、野生種結球しない。日本へは明治年間渡来し、野菜として栽培多く品種がある。甘藍(かんらん)。たまな。《 夏》

キャベツの画像
キャベツの画像
キャベツの花
キャベツの画像
キャベツの断面

キャベツ

〔名〕 (英 cabbageアブラナ科一、二年生の栽培植物ヨーロッパ原産で、日本では明治初期一八七〇頃)から栽培されている。短い多く厚く倒卵形の緑白色が密に重なり内側に巻いて大きな球をつくる。初夏中央部から高さ約六〇センチメートル花茎をのばし、アブラナに似た淡黄色十字状花を多数つける。植物学上、ハナヤサイメキャベツハボタンブロッコリ同一種とされる。和名カンラン。たまな。ぼたんな結球かんらん。《季・夏

*春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙政界叢話「いと大きやかなる甘藍(キャベージ)を聴衆日々演説の独鍛錬(ひとりけいこ)をしけり」


キャベツ (球菜・甘藍)

Brassica oleracea var. capitata

Brassica oleracea var. capitata

Brassica oleracea var. capitata

Brassica oleracea var. capitata

Brassica oleracea var. capitata

Brassica oleracea var. capitata

Brassica oleracea var. capitata

ヨーロッパ地中海沿岸原産です。今でもが巻かない原種が、ギリシャイタリアなどの海岸沿いに分布しています。長いあいだに突然変異繰り返しながら、今のような結球キャベツになりました。現在、市場には一年通して、春系キャベツや寒玉系キャベツ、その中間型などが出回っています。晩春から初夏にかけて、黄色い花を咲かせます。和名では「たまな(球菜)」とか「かんらん甘藍)」と呼ばれます。写真下は「キャベコン」。「だいこん」に「キャベツ」を接ぎ木した合体植物です。根瘤病への耐病性持たせるとともに、根部をも収穫するという発想から生まれましたが、接ぎ木成功率が低いため、実用化には至っていません
アブラナ科アブラナ属二年草で、学名Brassica oleracea var.capitata。英名は Cabbage
アブラナのほかの用語一覧
アウリニア:  岩薺
アブラナ:  カリフラワー  キャベツ  ケール  コールラビ  ターサイ  ブロッコリー

キャベツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 21:37 UTC 版)

キャベツ(古くはキャベジ[1]英語:Cabbage、Brassica oleracea var. capitata)、アブラナ科アブラナ属多年草野菜として広く利用され、栽培上は一年生植物として扱われる。


注釈

  1. ^ ロシアには、細かく刻んだキャベツに肉とコメを合わせた、「怠情な小さなハト」を意味するレニヴィ・ゴルッツィという料理もある[45]

出典

  1. ^ 宮沢賢治セロ弾きのゴーシュ
  2. ^ a b c d e f g h i j k 田中孝治 1995, p. 173.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 講談社編 2013, p. 13.
  4. ^ マッケンハウプト 2019, p. 19.
  5. ^ a b c d e f g h 貝津好孝 1995, p. 26.
  6. ^ a b c 講談社編 2013, p. 10.
  7. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  8. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  9. ^ a b マッケンハウプト 2019, p. 42.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 講談社編 2013, p. 15.
  11. ^ マッケンハウプト 2019, p. 9.
  12. ^ a b c 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 18.
  13. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 716–718.
  14. ^ マッケンハウプト 2019, pp. 14, 16.
  15. ^ マッケンハウプト 2019, p. 21.
  16. ^ マッケンハウプト 2019, pp. 106–111.
  17. ^ マッケンハウプト 2019, pp. 113–116.
  18. ^ マッケンハウプト 2019, pp. 116–117.
  19. ^ マッケンハウプト 2019, p. 119.
  20. ^ マッケンハウプト 2019, pp. 119–120.
  21. ^ a b マッケンハウプト 2019, p. 46.
  22. ^ a b c d e 清水克志、「日本におけるキャベツ生産地域の成立とその背景としてのキャベツ食習慣の定着-明治後期から昭和戦前期を中心として-」 『地理学評論』 2008年 81巻 1号 p.1-24, doi:10.4157/grj.81.1, 日本地理学会
  23. ^ 佐久浅間農協『JAHOO』小林収
  24. ^ a b c d マッケンハウプト 2019, p. 47.
  25. ^ タキイ種苗HPより
  26. ^ a b c d e 講談社編 2013, p. 12.
  27. ^ ザ!鉄腕!DASH!2014年1月19日放送”. 日本テレビ. 2020年10月21日閲覧。
  28. ^ 明雄さんのにっぽん農業ノート 2014年1月19日”. 日本テレビ. 2020年10月21日閲覧。
  29. ^ 【仰天ゴハン】札幌大球(札幌市)厳しい冬 頼れる大物『読売新聞』朝刊2018年11月18日(別刷り「よみほっと」1面)。
  30. ^ 講談社編 2013, pp. 12–13.
  31. ^ a b c d e f g 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 19.
  32. ^ 【トレンド】米止めCLUB♪たとえば君がいるだけで糖質低くできること『日経MJ』2018年12月12日(14面)。
  33. ^ 菊地武顕『あのメニューが生まれた店』41p 平凡社
  34. ^ キャベツワイン(富士山NET)北麓の技あり逸品!!
  35. ^ マッケンハウプト 2019, p. 89.
  36. ^ マッケンハウプト 2019, p. 128.
  37. ^ マッケンハウプト 2019, pp. 128–129.
  38. ^ a b マッケンハウプト 2019, p. 150.
  39. ^ マッケンハウプト 2019, pp. 130–131.
  40. ^ マッケンハウプト 2019, pp. 132–133.
  41. ^ マッケンハウプト 209, pp. 134–135.
  42. ^ a b マッケンハウプト 2019, p. 136.
  43. ^ マッケンハウプト 2019, pp. 137–138.
  44. ^ a b c マッケンハウプト 2019, p. 139.
  45. ^ a b c d e マッケンハウプト 2019, p. 140.
  46. ^ マッケンハウプト 2019, pp. 140–142.
  47. ^ a b マッケンハウプト 2019, p. 142.
  48. ^ マッケンハウプト 2019, p. 143.
  49. ^ マッケンハウプト 2019, p. 144.
  50. ^ マッケンハウプト 2019, p. 145.
  51. ^ a b マッケンハウプト 2019, pp. 145–146.
  52. ^ a b c マッケンハウプト 2019, p. 146.
  53. ^ a b マッケンハウプト 2019, p. 148.
  54. ^ a b マッケンハウプト 2019, p. 149.
  55. ^ 田中孝治 1995, pp. 172 - 173.
  56. ^ アブラナ科野菜や果物で食道がんリスク半減、厚労省研究班 AFPBB News2008年08月15日
  57. ^ 一般の方向けがん予防情報 → イソチオシアネート
  58. ^ 大澤俊彦、「がん予防と食品」『日本食生活学会誌』 2009年 20巻 1号 p.11-16, doi:10.2740/jisdh.20.11
  59. ^ a b c d 主婦の友社編 2011, p. 48.
  60. ^ a b c 主婦の友社編 2011, p. 49.
  61. ^ 病害虫・雑草の情報基地防除ハンドブック-アブラナ科野菜の病害虫
  62. ^ a b マッケンハウプト 2019, pp. 155–156.
  63. ^ a b マッケンハウプト 2019, p. 152.
  64. ^ a b マッケンハウプト 2019, p. 153.
  65. ^ a b c d マッケンハウプト 2019, p. 154.
  66. ^ マッケンハウプト 2019, p. 155.
  67. ^ トゥーサン=サマ 1998, p. 717.



キャベツ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:57 UTC 版)

名詞

キャベツ

  1. アブラナ植物で、甘藍かんらん)、玉菜(たまな)とも呼ばれる結球野菜

語源

関連語

  • キャベージ

翻訳




キャベツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャベツ」の関連用語

キャベツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キャベツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャベツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのキャベツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS