ブロッコリーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 野菜 > 野菜 > ブロッコリーの意味・解説 

ブロッコリー【broccoli】

読み方:ぶろっこりー

キャベツ変種。花のつぼみを食用とする野菜で、カリフラワーに似るがつぼみは緑色イタリア原産。《 冬》

ブロッコリーの画像 ブロッコリーの画像
ブロッコリーの画像
花/撮影植松国雄

ブロッコリー (緑花椰菜)

アブラナのほかの用語一覧
アブラナ:  ケール  コールラビ  ターサイ  ブロッコリー  保平蕪  壬生菜  大阪白菜

ブロッコリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/12 00:49 UTC 版)

ブロッコリー: broccoli学名: Brassica oleracea var. italica)は、アブラナ科アブラナ属緑黄色野菜。花蕾を食用とするキャベツの一種がイタリア品種改良され現在の姿になったとされる[2]和名メハナヤサイ(芽花椰菜[3])、ミドリハナヤサイ(緑花椰菜[3])。カリフラワーとブロッコリーはキャベツ変種で生育初期の見分けは難しい[4]。単位は「株」である。


注釈

  1. ^ 土壌中のカビを原因とし、根が感染して細胞が異常増殖してこぶ状になる。主にアブラナ科植物に発生しやすい。
  2. ^ 土中の細菌が原因で、植物の傷から入って地面近くの葉や茎がドロドロに軟化して腐敗する病気[20]
  3. ^ 糸状菌(カビ)を原因とする病害で、土壌から根を伝って感染すると苗が萎縮して枯死する。

出典

  1. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Brassica oleracea L. var. italica Plenck” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年12月6日閲覧。
  2. ^ 藤田智・編著『旬を育てる 旬を味わう 野菜づくり大図鑑』講談社, ISBN 978-4062137539 より
  3. ^ a b c d e f g h i j 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 49.
  4. ^ 外間数男 ほか「パラグアイにおける野鳥による野菜被害」『沖縄農業』Vol.43 no.1 p.67-78, hdl:20.500.12001/4781
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 講談社編 2013, p. 136.
  6. ^ a b 星川清親. “ブロッコリー”. 日本大百科全書(ニッポニカ)(コトバンク). 2021年8月9日閲覧。
  7. ^ 蔬菜栽培法』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  8. ^ 果樹蔬菜品種一覧表. 果樹蔬菜品種一覽表』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  9. ^ a b c d 主婦の友社編 2011, p. 152.
  10. ^ a b c d e f 藤田智監修 NHK出版編 2019, p. 140.
  11. ^ a b c d e f g h i 主婦の友社編 2011, p. 153.
  12. ^ a b c d 主婦の友社編 2011, p. 157.
  13. ^ a b c d e f g 主婦の友社編 2011, p. 156.
  14. ^ ブロッコリーの栽培方法 農林水産省
  15. ^ 山田式家庭菜園教室 ブロッコリー タキイ種苗
  16. ^ a b 金子美登 2012, p. 140.
  17. ^ ブロッコリー|基本の育て方と本格的な栽培のコツ”. アグリコネクト. 2021年1月27日閲覧。
  18. ^ a b c 金子美登 2012, p. 141.
  19. ^ a b c d e f 藤田智監修 NHK出版編 2019, p. 141.
  20. ^ 金子美登 2012, p. 252.
  21. ^ 作物統計調査>作況調査(野菜)>確報>平成24年産野菜生産出荷統計>年次>2012年”. e-Stat. 総務省統計局. 2014年11月6日閲覧。
  22. ^ 農産物輸出の推進 ブロッコリー”. 豊橋田原広域農業推進会議. 2014年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月19日閲覧。
  23. ^ 「カリフラワーとブロッコリー、盛衰くっきり 変わる食卓」朝日新聞デジタル2013年3月25日閲覧
  24. ^ 作物統計調査 作況調査(野菜) 確報 平成28年産野菜生産出荷統計 年次 2016年
  25. ^ a b FAOSTAT” (英語). FAOSTAT. FAO. 2022年3月8日閲覧。
  26. ^ 主婦の友社編 2011.
  27. ^ 主婦の友社編 2011, p. 155.
  28. ^ 「野菜のご飯 ブロッコリーライス 供給を開始/全農」日本農業新聞』2020年1月13日(1面)2020年1月25日閲覧
  29. ^ Zhang, Y; Kensler, T. W.; Cho, C. G.; Posner, G. H.; Talalay, P. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1994 91, 3147–3150.
  30. ^ Fahey, J. W.; Zhang, Y.; Talalay, P. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1997, 94, 10367–10372.
  31. ^ Basten, G. P.; Bao, Y.; Williamson, G. Carcinogesis 2002, 23, 1399–1404.
  32. ^ 谷中昭典、田内雅史、山本雅之ほか「スルフォラファン含有食品,ブロッコリースプラウト摂取による H.pylori 胃炎軽減作用と胃癌予防の可能性」『日本補完代替医療学会誌』2007年 4巻 1号 p.9-15, doi:10.1625/jcam.4.9
  33. ^ 木下弘貴 ほか「ブロッコリー抽出加工食品(ブロリコ)の継続摂取によるヒトの自然免疫賦活作用に関する試験」『薬理と治療』Volume 40, Issue 6, 489 - 494 (2012)
  34. ^ 岸本祐太郎、深田充輝、二橋文哉ほか「第39回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 -学術プログラム・演題・抄録集- Posterセッション 第2日 P39-6 「ブロリコ」による薬剤性肺炎の1例」『気管支学』2016年 38巻 Suppl号 p. S331-S393, doi:10.18907/jjsre.38.Suppl_S331
  35. ^ 吉田緑、中江大、前川昭彦「Indole-3-carbinolによる雌ラット肝臓および子宮中のcytochrome P450酵素の発現パターンについて」日本トキシコロジー学会学術年会 第32回日本トキシコロジー学会学術年会 セッションID:O-6, doi:10.14869/toxp.32.0.39.0
  36. ^ 岩本祥子、須永克佳、原田園子 ほか「ドキソルビシン, メルファランおよびメトトレキサートの抗腫瘍効果に影響する食品の検討」『日本栄養・食糧学会誌』2011年 64巻 6号 p.393-401, doi:10.4327/jsnfs.64.393
  37. ^ “Broccoli and Bad Faith”. PAUL KRUGMAN (『ニューヨーク・タイムズ』). (2012年4月29日). http://www.nytimes.com/2012/03/30/opinion/krugman-broccoli-and-bad-faith.html?_r=2&smid=tw-NytimesKrugman&seid=auto 2012年5月30日閲覧。 
  38. ^ “結婚式の新定番 ブロッコリートスやラストバイト”. アメーバニュース. (2013年3月19日). オリジナルの2014年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140113155632/http://yukan-news.ameba.jp/20130319-265 2015年6月24日閲覧。 


「ブロッコリー」の続きの解説一覧

ブロッコリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/14 15:12 UTC 版)

プロジェクト レヴォリューション」の記事における「ブロッコリー」の解説

ギャラクシーエンジェルI・II(かなん、小林明美デ・ジ・キャラットこげどんぼ*、くりむ) 空を飛ぶ、3つの方法。La'crymaプリンセスコンチェルトこげどんぼ*恋きゅー征海未亜

※この「ブロッコリー」の解説は、「プロジェクト レヴォリューション」の解説の一部です。
「ブロッコリー」を含む「プロジェクト レヴォリューション」の記事については、「プロジェクト レヴォリューション」の概要を参照ください。


ブロッコリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 02:44 UTC 版)

ブシロードグループパブリッシング」の記事における「ブロッコリー」の解説

山一證券退社してブロッコリーを創業した木谷高明によって、2002年10月1日設立された。設立当初社名は「有限会社ナカ企画」であり、当初は木谷家の資産管理会社として位置づけられていた。そのため、木谷創業したブロッコリーの株式多数所有していた。 2003年時点ではナカ企画所有するブロッコリー190達しており、同社株式の約17%占め主要株主所有株比率第2位となっていた。また、木谷個人でも2864000所有しており、同社株式の約25%占め筆頭株主(第1位であったそのため、木谷個人ナカ企画とを合わせれば、ブロッコリーの株式のうち4割以上を所有する構図となっていた。 しかし、同年、ブロッコリーはタカラ資本参加を受けることとなり、木谷からタカラへの株式譲渡や、第三者割当増資などを経てタカラ1000万取得する至ったその結果タカラはブロッコリーの株式の約52%を占め筆頭株主(第1位)となり、同社子会社化した。それに対して木谷個人所有株比率は約5%(第3位)にまで低下したまた、ブロッコリーの経営不振責任を取るため、木谷個人からタカラ株式譲渡した際の代金は、その全額がブロッコリーに贈与された。 その後2006年デットエクイティスワップにより、所有株比率木谷個人が約3%(第7位)、ナカ企画が約6%(第6位)と大幅に低下した同年10月木谷がブロッコリーの代表取締役辞任し翌年には取締役会長辞任したことから木谷ナカ企画はブロッコリーの経営から事実上退いた

※この「ブロッコリー」の解説は、「ブシロードグループパブリッシング」の解説の一部です。
「ブロッコリー」を含む「ブシロードグループパブリッシング」の記事については、「ブシロードグループパブリッシング」の概要を参照ください。


ブロッコ=リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:27 UTC 版)

HUNTER×HUNTERの登場人物」の記事における「ブロッコ=リー」の解説

シャ=ア一家組長。ブロッコリーアフロヘアの壮年の男。

※この「ブロッコ=リー」の解説は、「HUNTER×HUNTERの登場人物」の解説の一部です。
「ブロッコ=リー」を含む「HUNTER×HUNTERの登場人物」の記事については、「HUNTER×HUNTERの登場人物」の概要を参照ください。


ブロッコ・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 05:24 UTC 版)

コンバット オブ ジャイアント ダイナソー3D」の記事における「ブロッコ・リー」の解説

ブロッコリーのような姿をした怪物 。頭に鉢巻巻いており、戦闘時怪鳥音発する

※この「ブロッコ・リー」の解説は、「コンバット オブ ジャイアント ダイナソー3D」の解説の一部です。
「ブロッコ・リー」を含む「コンバット オブ ジャイアント ダイナソー3D」の記事については、「コンバット オブ ジャイアント ダイナソー3D」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ブロッコリー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ブロッコリー

出典:『Wiktionary』 (2021/07/10 06:48 UTC 版)

語源

英語 broccoli < イタリア語 broccoli < イタリア語 brocco ()< ラテン語 broccus (突き出た

異表記・別形

名詞

ブロッコリー

  1. キャベツ変種アブラナ科アブラナ属一年草緑色のつぼみのかたまりを食用にする。和名は緑花椰菜花椰菜

関連語

翻訳


「ブロッコリー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ブロッコリーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ブロッコリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブロッコリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブロッコリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプロジェクト レヴォリューション (改訂履歴)、ブシロードグループパブリッシング (改訂履歴)、HUNTER×HUNTERの登場人物 (改訂履歴)、コンバット オブ ジャイアント ダイナソー3D (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのブロッコリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS