ビートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 二年草 > ビートの意味・解説 

ビート【beat】

読み方:びーと

水泳で、を足で打つことクロールばた足など。

音波のうなり。

音楽で、拍子一打ち。拍。特にポピュラー音楽で、アクセントをつけたリズムまた、そのリズム感

「ビート」に似た言葉

ビート【(オランダ)biet/(英)beet】

読み方:びーと

サトウダイコンの別名。

カエンサイの別名。


ビート

英語 Beat

ビートとは強いリズム心臓の鼓動などを意味する1991年5月発売一代終わった乗用スポーツ車。1グレード価格1388000円。

全長3295mm、全幅1395mm、全高1175mm、ホイールベース2280mmというディメンションで、車重は760kgだった。タイヤ前後異なサイズフロント155/65R13、リヤ165/60R14を装着ソフトトップひとりで簡単に開閉できるマニュアル式で、幌はフロントピラーと同色ブラックだった。画期的だったのは、3気筒SOHC・656ccエンジンをミッドシップマウントしたこと。シート背後に横置きし、後輪駆動するという方式。そのエンジンは、自然吸気ありながら限度いっぱいの64psを8100rpmという高い回転数で絞り出したミッション5速MTのみ。サスペンション4輪ともストラットコイル独立で、4輪ディスクブレーキ装備した。軽オープン2シーターパイオニアとなった

その後特別限定車を何台か送り出して96年1月生産停止。ただし、98年末まで販売続いた総販売台数は33672台という。

ビート

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ビート

名前 BeatBeateBeetVito

ビート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 06:26 UTC 版)

ビート

Beat

音楽関係
映像関係
工業製品
その他

Beet

架空の人名




「ビート」の続きの解説一覧

ビート(Beat)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 09:38 UTC 版)

ロックマン8 (漫画)」の記事における「ビート(Beat)」の解説

丸い小鳥型のロボットロール一緒に居る事が多く、人一人抱えて飛べる位の馬力はある模様

※この「ビート(Beat)」の解説は、「ロックマン8 (漫画)」の解説の一部です。
「ビート(Beat)」を含む「ロックマン8 (漫画)」の記事については、「ロックマン8 (漫画)」の概要を参照ください。


ビート(Beat)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 04:22 UTC 版)

ロックマン10 宇宙からの脅威!!」の記事における「ビート(Beat)」の解説

ロックマンサポートするロボット前作では追加コンテンツのブルースモードには登場しなかったが、本作では前作ロックマンに加えてブルース本編にも登場するようになった

※この「ビート(Beat)」の解説は、「ロックマン10 宇宙からの脅威!!」の解説の一部です。
「ビート(Beat)」を含む「ロックマン10 宇宙からの脅威!!」の記事については、「ロックマン10 宇宙からの脅威!!」の概要を参照ください。


ビート(Beat)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 04:10 UTC 版)

ロックマン9 野望の復活!!」の記事における「ビート(Beat)」の解説

ロックマンサポートするロボット

※この「ビート(Beat)」の解説は、「ロックマン9 野望の復活!!」の解説の一部です。
「ビート(Beat)」を含む「ロックマン9 野望の復活!!」の記事については、「ロックマン9 野望の復活!!」の概要を参照ください。


ビート(Beat)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 06:47 UTC 版)

洛克人大戰」の記事における「ビート(Beat)」の解説

本作ではプレイヤーキャラクターとして登場

※この「ビート(Beat)」の解説は、「洛克人大戰」の解説の一部です。
「ビート(Beat)」を含む「洛克人大戰」の記事については、「洛克人大戰」の概要を参照ください。


ビート(Beat)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 15:10 UTC 版)

ロックマン2・ザ・パワーファイターズ」の記事における「ビート(Beat)」の解説

ブルースもしくはデューオ使用時登場する出現するプレイヤーバリアをつけてくれる。武器エネルギーが続く限り無敵状態になる。

※この「ビート(Beat)」の解説は、「ロックマン2・ザ・パワーファイターズ」の解説の一部です。
「ビート(Beat)」を含む「ロックマン2・ザ・パワーファイターズ」の記事については、「ロックマン2・ザ・パワーファイターズ」の概要を参照ください。


ビート (Beat)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 12:20 UTC 版)

Street Fighter X Mega Man」の記事における「ビート (Beat)」の解説

四天王キャラクターがいる地図シーン登場する

※この「ビート (Beat)」の解説は、「Street Fighter X Mega Man」の解説の一部です。
「ビート (Beat)」を含む「Street Fighter X Mega Man」の記事については、「Street Fighter X Mega Man」の概要を参照ください。


ビート(甜菜)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 05:03 UTC 版)

ウォッカ」の記事における「ビート(甜菜)」の解説

サトウダイコンメインしたもの

※この「ビート(甜菜)」の解説は、「ウォッカ」の解説の一部です。
「ビート(甜菜)」を含む「ウォッカ」の記事については、「ウォッカ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビート」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ビート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ビートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ビートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2022 by JugglingDonuts
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロックマン8 (漫画) (改訂履歴)、ロックマン10 宇宙からの脅威!! (改訂履歴)、ロックマン9 野望の復活!! (改訂履歴)、洛克人大戰 (改訂履歴)、ロックマン2・ザ・パワーファイターズ (改訂履歴)、Street Fighter X Mega Man (改訂履歴)、ウォッカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS