メロディーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > メロディーの意味・解説 

メロディー【melody】

読み方:めろでぃー

旋律。歌や楽曲の節(ふし)。また、歌。「—を奏でる」「なつかしの—」


メロディー [melody]


シュレーカー:メロディー

英語表記/番号出版情報
シュレーカー:メロディーMelodie作曲年: ca.1895年  出版年未出版年 

作品解説

執筆者: 岡田 安樹浩

ウィーン音楽院時代作曲され習作で、1895年ごろ作曲されたものと思われる
現在(2009/06)に至るまで出版されていないが、自筆譜オーストリア国立図書館保存されている(所蔵番号:F3.Schreker.126.Mus)。


メロディー

名前 MelodieMelody

メロディ

(メロディー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 05:02 UTC 版)

メロディ: melodia: melody)は、ある高さと長さを持ついくつかの楽音が前後に連続して、それがリズムに従って、連続的に進行する(歌唱、演奏される)ことによって、何らかの音楽的内容をもつもの。和訳は旋律(せんりつ)または(ふし)。


  1. ^ 例えば宮川泰『サウンド解剖学』における『戦争を知らない子供たち』批判。


「メロディ」の続きの解説一覧

メロディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 07:50 UTC 版)

以心電信 (ORANGE RANGEの曲)」の記事における「メロディー」の解説

電子音多数使った曲だが、打ち込みバージョンとバンドバージョンの二つ製作され、特に打ち込みバージョンの製作にはNAOTOがかなり手こずった様である。 サビ以外のメロディーはMC3人がそれぞれのパート各自で製作した3人とも「誰かがラップ作るだろう」と考えて全員普通のメロディーを作曲したため、当時ORANGE RANGEの曲としては珍しラップ部分のない曲となった

※この「メロディー」の解説は、「以心電信 (ORANGE RANGEの曲)」の解説の一部です。
「メロディー」を含む「以心電信 (ORANGE RANGEの曲)」の記事については、「以心電信 (ORANGE RANGEの曲)」の概要を参照ください。


メロディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 05:53 UTC 版)

縫製人間ヌイグルマー」の記事における「メロディー」の解説

クリストファー亡き妻

※この「メロディー」の解説は、「縫製人間ヌイグルマー」の解説の一部です。
「メロディー」を含む「縫製人間ヌイグルマー」の記事については、「縫製人間ヌイグルマー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「メロディー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

メロディー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 12:54 UTC 版)

名詞

メロディー

  1. (音楽) 音楽内容を伴う連続した楽音

関連語


「メロディー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

メロディーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メロディーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメロディ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの以心電信 (ORANGE RANGEの曲) (改訂履歴)、縫製人間ヌイグルマー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのメロディー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS