高低アクセントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 高低アクセントの意味・解説 

こうてい‐アクセント〔カウテイ‐〕【高低アクセント】

読み方:こうていあくせんと

高さアクセント


高低アクセント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 23:04 UTC 版)

高低アクセント(こうていアクセント、: pitch-accent)またはピッチアクセントとは、アクセント(すなわちあるいは形態素の中の1音節が他の音節よりも卓立していること)の一種で、アクセントの置かれた音節が、強勢ではなく音の特定の高低配置により指定されるものを言う。標準中国語のような声調言語ではそれぞれの音節が独立の音調(トーン)を持つことができ、高低アクセントと対照をなしている。高さアクセント[1][2]あるいは高アクセント[3]とも。


  1. ^ 高低アクセント』 - コトバンク
  2. ^ 高さアクセント』 - コトバンク
  3. ^ 高アクセント』 - コトバンク
  4. ^ Hualde, J.I. (1986), "Tone and Stress in Basque: A Preliminary Survey". Anuario del Seminario Julio de Urquijo XX-3, 1986, pp. 867-896.
  5. ^ Demers, Richard; Escalante, Fernando; Jelinik, Eloise (1999). “Prominence in Yaqui Words”. International Journal of American Linguistics 65 (1): 40–55. doi:10.1086/466375. JSTOR 1265972. 
  6. ^ Matthew Y. Chen, Tone Sandhi: Patterns across Chinese Dialects, CUP, 2000, p. 223.
  7. ^ a b c d e Levi, Susannah V. (2005). "Acoustic correlates of lexical accent in Turkish" Journal of the International Phonetic Association, vol. 35.1, pp. 73-97. DOI: [1].
  8. ^ Larry Hyman, "Word-Prosodic Typology", Phonology (2006), 23: 225-257 Cambridge University Press
  9. ^ Gordon, Matthew (2014). "Disentangling stress and pitch accent: A typology of prominence at different prosodic levels". In Harry van der Hulst (ed.), Word Stress: Theoretical and Typological Issues, pp. 83-118. Oxford University Press.
  10. ^ Zanten, Ellen van & Philomena Dol (2010). "Word stress and pitch accent in Papuan languages. In: Hulst, Harry van der, Rob Goedemans & Ellen van Zanten (eds) (2010). A survey of word accentual patterns in the languages of the world. Berlin: De Gruyter Mouton, p. 120.
  11. ^ Downing, Laura (2010). "Accent in African languages". In Harry van der Hulst, Rob Goedemans, Ellen van Zanten (eds.) A Survey of Word Accentual Patterns in the Languages of the World, p. 411.
  12. ^ Hayes, Bruce (1995) Metrical stress theory: Principles and case studies. University of Chicago Press; p. 50.
  13. ^ Köhnlein, Björn (2013), "Optimizing the relation between tone and prominence: Evidence from Franconian, Scandinavian, and Serbo-Croatian tone accent systems". Lingua 131 (2013) 1-28
  14. ^ Beckman, Mary, (1986). Stress and Non-stress Accent. Dordrecht: Foris.
  15. ^ Hyman, L.M. (2012). "Do all languages have word-accent?" UC Berkeley Phonology Lab Annual Report (2012), p. 35.
  16. ^ Downing, L.R.; Mtenje, A.D. (2017), The Phonology of Chichewa, p. 133.
  17. ^ Downing, Laura (2010). "Accent in African languages". In Harry van der Hulst, Rob Goedemans, Ellen van Zanten (eds.) A Survey of Word Accentual Patterns in the Languages of the World, p. 382.
  18. ^ Larry Hyman, "How (not) to do phonological typology: the case of pitch-accent", Language Sciences (2009), 31: 213-238
  19. ^ Hyman, L. (2000), "Privative Tone in Bantu".
  20. ^ Nash, J.A. (1994), "Underlying Low Tones in Ruwund". Studies in African Linguistics Volume 23, Number 3,1992-1994.
  21. ^ Zec, D., & Zsiga, E. (2010). "Interaction of Tone and Stress in Standard Serbian" (Formal Approaches to Slavic Linguistics 18, 535–555. Ann Arbor, Mich.: Michigan Slavic Publications.)
  22. ^ Whitney, William Dwight (1879), Sanskrit Grammar ch. 2, §§81–3.
  23. ^ Allen, W. Sidney (1987), Vox Graeca (3rd edition), p. 121.
  24. ^ Tomas Riad "Scandinavian accent typology". Sprachtypol. Univ. Forsch. (STUF), Berlin 59 (2006) 1, 36–55; pp. 38–9.
  25. ^ Cooper, S.E. (2015). Bangor University PhD thesis."Intonation in Anglesey Welsh", p. 165.
  26. ^ Louw, Johan K. (1987). Pang'onopang'ono ndi Mtolo: Chichewa: A Practical Course. UNISA Press, vol. 3, p. 22, 60.
  27. ^ a b Downing, L.M. & Mtenje, A.D. (2017), The Phonology of Chichewa, p. 119.
  28. ^ Cf. Hyman, L.M. (2007) "Tone: Is it different?". UC Berkeley Phonology Lab Annual Report (2007), p. 500.
  29. ^ Yip, Moira (2002) Tone, pp. 8–9.
  30. ^ Beguš, Gašper (2016) "The Phonetics of the Independent Svarita in Vedic". in Stephanie W. Jamison, H. Craig Melchert, and Brent Vine (eds.). 2016. Proceedings of the 26th Annual UCLA Indo-European Conference. Bremen: Hempen. 1–12.
  31. ^ Kamoga, F.K. & Stevick (1968). Luganda Basic Course., pp. ix–x.
  32. ^ Dutcher, Katharine & Mary Paster (2008), "Contour Tone Distribution in Luganda" Proceedings of the 27th West Coast Conference on Formal Linguistics, ed. Natasha Abner and Jason Bishop, 123-131. Somerville, MA: Cascadilla Proceedings Project.
  33. ^ a b Smyth, H.W. (1920) Greek Grammar, §169.
  34. ^ Inkelas, Sharon & Draga Zec (1988). "Serbo-Croatian pitch accent". Language 64.227–248, pp. 230–1, quoted in Hyman, L.M. (2007) "Tone: Is it different?". UC Berkeley Phonology Lab Annual Report (2007).
  35. ^ Seikilos epitaph line 4. See also: Devine, A.M.; Stephens, Laurence D. (1991). "Dionysius of Halicarnassus, De Compositione Verborum XI: Reconstructing the Phonetics of the Greek Accent". Transactions of the American Philological Association. 121: 229–286; pages 272, 283.
  36. ^ Hyman, L.M. (2007) "Tone: Is it different?". UC Berkeley Phonology Lab Annual Report (2007), p. 498.
  37. ^ Hagberg, Larry (2008). "An Acoustic Analysis of Yaqui Stress". Friends of Uto-Aztecan, October 3, 2008, University of Arizona.
  38. ^ Kamoga, F.K. & Earl Stevick (1968). Luganda Basic Course. Foreign Service Institute, Washington, pp. 105, 29.
  39. ^ Downing, L.J. & Mtenje, A.D. (2017) The Phonology of Chichewa, p. 122.
  40. ^ Hualde, J.I. (2006). "Remarks on Word-Prosodic Typology". BLS 32, No 1 2006. DOI (published by the Berkeley Linguistics Society and the Linguistic Society of America), p. 161.
  41. ^ Kamoga, F.K. & Stevick (1968). Luganda Basic Course. Foreign Service Institute, Washington; p. xviii.
  42. ^ a b c Hyman, Larry M. (2009). "How (not) to do phonological typology: the case of pitch-accent". Language Sciences 31, 213–238.
  43. ^ Jesse Lundquist & Anthony Yates, (2015). "The Morphology of Proto-Indo-European", University of California, Los Angeles.
  44. ^ Hualde, J.I. (2006). "Remarks on Word-Prosodic Typology". BLS 32, No 1 2006. DOI (published by the Berkeley Linguistics Society and the Linguistic Society of America), p. 159.
  45. ^ Abolhasanizadeh, Vahideh; Bijankhan, Mahmood; Gussenhoven, Carlos (2012). “The Persian pitch accent and its retention after the focus”. Lingua 122 (13): 1380–1394. doi:10.1016/j.lingua.2012.06.002. 
  46. ^ Sadat-Tehrani, Nima (21 September 2007). The intonational grammar of Persian. 
  47. ^ Hosseini, Seyed Ayat (2014) "The Phonology and Phonetics of Prosodic Prominence in Persian" Ph.D. Dissertation, University of Tokyo, p.22f for a review of the literature; also p.35.
  48. ^ Hyman, Larry M. & Francis X. Katamba (1993). "A new approach to tone in Luganda", in Language. 69. 1. pp. 33–67; see pp. 36, 45.


「高低アクセント」の続きの解説一覧

高低アクセント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 09:30 UTC 版)

アクセント」の記事における「高低アクセント」の解説

詳細は「高低アクセント」を参照 音の相対的な高低定めアクセントを高低アクセントという。声調と同じように高低変化による音韻的区別を持つが、単語のうちの特定の音節またはモーラだけで区別を行う。 高低アクセントによって語の意味区別する言語代表例日本語である。日本語では語内音の高低ピッチ)の位置的な違いによって語の意味区別されているが、すべての音節自由な高低組み合わせがあるわけではない日本語では方言によってアクセント区別のしかたが異なり東京方言ではアクセントのある位置によって区別され大阪方言ではアクセントのある位置最初の音節高低2つによって区別され鹿児島方言ではアクセントあるかないかの2通りしか区別がない詳細日本語の方言のアクセントを参照日本語以外では、リトアニア語位置高低変化種類区別)、ラトビア語位置固定高低変化種類のみを区別する)、セルビア・クロアチア語スロベニア語ヴェーダ語古代ギリシア語朝鮮語一部の方言などがこれに属する。古代には高低アクセントであった強勢アクセント変化した言語もあるし、逆にスウェーデン語のように強勢言語から声調を持つように変化した言語もある。

※この「高低アクセント」の解説は、「アクセント」の解説の一部です。
「高低アクセント」を含む「アクセント」の記事については、「アクセント」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「高低アクセント」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

高低アクセントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高低アクセントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高低アクセント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアクセント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS