アクセントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 音楽 > アクセントの意味・解説 

アクセント【accent】

読み方:あくせんと

個々の語について、社会的慣習として決まっている相対的な音の高低または強弱配置言語体系違いによって、音の高低よるもの高さアクセント)と音の強弱よるもの強さアクセント)とがある。日本語高さアクセント、英語などは強さアクセント

話し方調子イントネーション

音楽で、拍子強く演奏される部分強勢部。

デザインなどで、平板単調なものの印象強め人目を引きつけるために付け加えるもの。「ベルトで—をつけた服」「生活の—となる季節の行事


アクセント

デザインなどで、全体ひきしめるため、特に強調した目立たせたりする部分や物。「アクセント照明

ニコスルフロン

分子式C15H18N6O6S
その他の名称N,N-Dimethyl-2-[N-[N-(4,6-dimethoxypyrimidin-2-yl)carbamoyl]sulfamoyl]nicotinamide、ニコスルフロン、Nicosulfuron、アクセント、Accent、アクセント【除草剤】、Accentpesticide】、DPX-V-9360、EMA-1534、HU-195、ミラグロ、Milagro、モチベル、Motivell、SL-950
体系名:N,N-ジメチル-2-[[(4,6-ジメトキシピリミジン-2-イル)カルバモイル]スルファモイル]ニコチンアミド、2-[[[[(4,6-ジメトキシ-2-ピリミジニル)アミノ]カルボニル]アミノ]スルホニル]-N,N-ジメチル-3-ピリジンカルボアミド、N,N-ジメチル-2-[N-[N-(4,6-ジメトキシピリミジン-2-イル)カルバモイル]スルファモイル]ニコチンアミド


グルタミン酸ナトリウム

分子式C5H8NNaO4
その他の名称Glutamic acid 5-sodium salt、ベスチン、アクセント、グルタシル、グルタベン、グルタミン酸ナトリウム、MSG、RL-50、AccentVestin、Glutacyl、Glutavene、Chinese seasoningMonosodium glutamate、チャイニーズシーズニング、アッセント、Vetsin、ゼスト、ベツィン、ZestGlutamic acid hydrogen 5-sodium salt、3-(Sodiooxycarbonylmethyl)alanine、5-Sodium L-glutamate、5-Sodium glutamateSodium glutamate、E-621、NSC-135529
体系名:L-グルタミン酸水素5-ナトリウムL-グルタミン酸5-ナトリウムグルタミン酸5-ナトリウムグルタミン酸水素5-ナトリウム、3-(ソジオオキシカルボニルメチル)アラニン


アクセント(accent)


アクセント

絵を生き生きさせるために最後の仕上げに、ほんの少し色を加えること

アクセント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 09:30 UTC 版)

アクセント(日: 揚音(ようおん)・昂音[1][2]: accents/accentuation)とは音声学において単語または単語結合ごとに社会的な慣習として決まっているの相対的な強弱や高低の配置のこと[3]。音の強弱による強弱アクセント(強勢アクセント (en:stress) 、音の高低による高低アクセント長短アクセントに分けられる。


  1. ^ 世界大百科事典(NDL経由) & 00577092.
  2. ^ 英学会 1923.
  3. ^ a b c d e f g 長野正『日本語の音声表現』玉川大学出版部、1995年、108頁
  4. ^ 強弱アクセント』 - コトバンク
  5. ^ 強さアクセント』 - コトバンク
  6. ^ 長野正『日本語の音声表現』玉川大学出版部、1995年、109頁
  7. ^ 長野正『日本語の音声表現』玉川大学出版部、1995年、110頁
  8. ^ 長野正『日本語の音声表現』玉川大学出版部、1995年、109-110頁


「アクセント」の続きの解説一覧

アクセント

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 08:38 UTC 版)

語源

英語 accent

発音

あ↘くせんと

名詞

アクセント

  1. (言語学) それぞれの単語ごとに決まっている音の高低強弱長短などの相対的配置
  2. 発音における地域社会集団ごとの特徴
  3. (俗語) 発音調子
  4. (音楽) 音符強く演奏すること。
  5. 美術色などを強調すること。
  6. 美容ファッションなど)人の目を引くようにする部分
  7. 語句などを強調すること。

類義語

関連語


「アクセント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アクセントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アクセントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アクセントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日本ヴォーグ社日本ヴォーグ社
Copyright (c) NIHON VOGUE-SHA Co., Ltd. All Right Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアクセント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアクセント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS