accentとは? わかりやすく解説

アクサン【(フランス)accent】

読み方:あくさん

アクセント

フランス語で、母音長短開閉示し、また同綴りで意味の異なる語を区別するために母音の上に置く記号。「´」(アクサン‐テギュaccent aigu)、「`」(アクサン‐グラーブaccent grave)、「^」(アクサン‐シルコンフレックスaccent circonflexe)の3種


アクセント【accent】

読み方:あくせんと

個々の語について、社会的慣習として決まっている相対的な音の高低または強弱配置言語体系違いによって、音の高低よるもの高さアクセント)と音の強弱よるもの強さアクセント)とがある。日本語高さアクセント、英語などは強さアクセント

話し方調子イントネーション

音楽で、拍子強く演奏される部分強勢部。

デザインなどで、平板単調なものの印象強め人目を引きつけるために付け加えるもの。「ベルトで—をつけた服」「生活の—となる季節の行事


ニコスルフロン

分子式C15H18N6O6S
その他の名称N,N-Dimethyl-2-[N-[N-(4,6-dimethoxypyrimidin-2-yl)carbamoyl]sulfamoyl]nicotinamide、ニコスルフロン、Nicosulfuron、アクセント、Accent、アクセント除草剤】、Accent【pesticide】、DPX-V-9360、EMA-1534、HU-195、ミラグロ、Milagro、モチベル、Motivell、SL-950
体系名:N,N-ジメチル-2-[[(4,6-ジメトキシピリミジン-2-イル)カルバモイル]スルファモイル]ニコチンアミド、2-[[[[(4,6-ジメトキシ-2-ピリミジニル)アミノ]カルボニル]アミノ]スルホニル]-N,N-ジメチル-3-ピリジンカルボアミド、N,N-ジメチル-2-[N-[N-(4,6-ジメトキシピリミジン-2-イル)カルバモイル]スルファモイル]ニコチンアミド


グルタミン酸ナトリウム

分子式C5H8NNaO4
その他の名称Glutamic acid 5-sodium salt、ベスチン、アクセント、グルタシル、グルタベン、グルタミン酸ナトリウム、MSG、RL-50、Accent、Vestin、Glutacyl、Glutavene、Chinese seasoningMonosodium glutamate、チャイニーズシーズニング、アッセント、Vetsin、ゼスト、ベツィン、ZestGlutamic acid hydrogen 5-sodium salt、3-(Sodiooxycarbonylmethyl)alanine、5-Sodium L-glutamate、5-Sodium glutamateSodium glutamate、E-621、NSC-135529
体系名:L-グルタミン酸水素5-ナトリウムL-グルタミン酸5-ナトリウムグルタミン酸5-ナトリウムグルタミン酸水素5-ナトリウム、3-(ソジオオキシカルボニルメチル)アラニン


アクセント(accent)


アクセント (曖昧さ回避)

(accent から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 14:29 UTC 版)

アクセント英語: accent)は、「強調」「訛り」を意味する英単語




「アクセント (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧

方言

(accent から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 07:28 UTC 版)

方言(ほうげん、: accent, dialect[3])は、ある言語が地域によって別々な発達をし、音韻文法語彙などの上で相違のあるいくつかの言語圏に分かれた、と見なされたときの、それぞれの地域の言語体系のこと[4]。ある地域での(他の地域とは異なった面をもつ)言語体系のこと。地域方言とも言い、普通、「方言」は地域方言を指す。一方、同一地域内にあっても、社会階層や民族の違いなどによって言語体系が異なる場合は社会方言と言う[5]


  1. ^ Thomas Moore devin (2018年7月25日). “What’s The Difference Between A Language, A Dialect And An Accent?” (英語). babbel.com. 2021年1月15日閲覧。
  2. ^ スッキリ解決!「方言」と「訛り」の違い - gimon-sukkiri.jp 2021年1月15日閲覧。
  3. ^ "accent"は「訛り・方言」についての一般的な単語で、"dialect"はやや学術的な感じを持つ。社会言語学において主流な解釈は、"accent"は日本語の「訛り」に対比される。訛りとは、方言の一要素であり「ある言語内における発音の個人や社会集団差」である。それに対して"dialect"は日本語の「方言」に対比される。方言とは、言語体系の多様性を表し「ある言語内における発音や文法、語彙といった言語体系全体の個人や社会集団差」とされる。[1][2]
  4. ^ 大辞泉 【方言】
  5. ^ 英語圏の言語学者が「dialect」と言う場合、一般的に認識されている「方言」だけでなく、職業・趣味などが一致する者同士の間でのみ通じる表現方法(専門用語業界用語ジャーゴン)を含むことがある。
  6. ^ 三井, はるみ. “問1 「方言」というのはどのようなことばのことですか。” (日本語). 国立国語研究所. 新「ことば」シリーズ16「ことばの地域差―方言は今―」. 2020年7月23日閲覧。
  7. ^ 「方言」(出典:三省堂 大辞林 第三版)”. weblio辞書. 2020年7月23日閲覧。の意味(2)
  8. ^ Mair, Victor H (1991). What is a Chinese ‘Dialect/Topolect’? Reflection on Some Key Sino-English Linguistic Terms (pdf). Sino-Platonic Papers 29: 1-31. http://sino-platonic.org/complete/spp029_chinese_dialect.pdf. 
  9. ^ 江仁傑 「日本の言語政策と言語使用」 樋口謙一郎編著 『北東アジアのことばと人々』 (ASシリーズ 第 9巻) 大学教育出版 2013年(ISBN 978-4-86429-214-6 C3080)
  10. ^ 消滅の危機にある言語・方言”. 文化庁. 2021年4月3日閲覧。
  11. ^ フランス、なまりに基づく差別を禁止”. フランス通信社 (2020年11月27日). 2021年2月6日閲覧。



Accent (英語版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 02:20 UTC 版)

PERQ」の記事における「Accent (英語版)」の解説

Accent(アクセント)は、CMU開発されマルチタスク研究用オペレーティングシステムで、Sapphire(サファイア)と呼ばれるウィンドウ・マネージャー備えている。 AccentはMachカーネル前身であり、後の多くのオペレーティングシステム使用されることになる。 SapphireウィンドウでAccentの下で実行するUNIX System V互換環境は、QNIXと呼ばれ、スパイダーシステムズ(英語版)によって開発された。

※この「Accent (英語版)」の解説は、「PERQ」の解説の一部です。
「Accent (英語版)」を含む「PERQ」の記事については、「PERQ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「accent」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

accentのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



accentのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアクセント (曖昧さ回避) (改訂履歴)、方言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのPERQ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS