日本の企業とは? わかりやすく解説

日本の企業一覧

(日本の企業 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 06:50 UTC 版)

日本の企業一覧(にほんのきぎょういちらん)は、業種別による主な日本企業の一覧。業種名称は「証券コード協議会」が定める業種区分(中分類)に基づく。したがって、株式会社として上場可能な民間企業についてのみの分類であり、公企業や、いわゆる「士業」の企業は含まれない。






「日本の企業一覧」の続きの解説一覧

日本の企業(「神戸」を冠するもの)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 09:04 UTC 版)

神戸」の記事における「日本の企業(「神戸」を冠するもの)」の解説

神戸物産 - 兵庫県加古郡稲美町本部を置く食品スーパー。「業務スーパー」という名称で知られている神戸屋 - 大阪市東淀川区のパンメーカー。レストラン事業なども手がけている。 神戸らんぷ亭 - 牛丼などを販売する外食産業。ただし店舗全て首都圏にあり、神戸市など京阪神地区には店舗はない。2017年全店閉店神戸製鋼所 神戸電鉄 神戸美人ぬか本舗 - 神戸市化粧品メーカー米ぬか化粧品紫紺乃米が有名、創業115年を超える老舗

※この「日本の企業(「神戸」を冠するもの)」の解説は、「神戸」の解説の一部です。
「日本の企業(「神戸」を冠するもの)」を含む「神戸」の記事については、「神戸」の概要を参照ください。


日本の企業(「神戸」を冠するもの)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 07:34 UTC 版)

神戸 (曖昧さ回避)」の記事における「日本の企業(「神戸」を冠するもの)」の解説

神戸物産 - 兵庫県加古郡稲美町本部を置く食品スーパー。「業務スーパー」という名称で知られている神戸屋 - 大阪市東淀川区のパンメーカー。レストラン事業なども手がけている。 神戸らんぷ亭 - 牛丼などを販売する外食産業。但し店舗全て首都圏にあり、神戸市など京阪神地区には店舗はない。 神戸製鋼所 神戸美人ぬか本舗 - 神戸市化粧品メーカー米ぬか化粧品紫紺乃米が有名、創業115年を超える老舗

※この「日本の企業(「神戸」を冠するもの)」の解説は、「神戸 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「日本の企業(「神戸」を冠するもの)」を含む「神戸 (曖昧さ回避)」の記事については、「神戸 (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


日本の企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 05:24 UTC 版)

軍需企業の一覧」の記事における「日本の企業」の解説

下記が日本においてのこの方面著名な企業一例である。 「日本の軍需産業」も参照

※この「日本の企業」の解説は、「軍需企業の一覧」の解説の一部です。
「日本の企業」を含む「軍需企業の一覧」の記事については、「軍需企業の一覧」の概要を参照ください。


日本の企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 15:15 UTC 版)

シンシア」の記事における「日本の企業」の解説

シンシア (医療機器メーカー) - コンタクトレンズ製造・販売企業シンシア (東京都品川区) - NECグループ所属する産業廃棄物関連企業シンシア (大分県) - 大分県大分市人材派遣企業旧称豊洋サービス株式会社シンシア (秋田県) - 秋田県秋田市警備会社シンシア (山口県) - 山口県周南市電気工事会社シンシア (千葉県) - 千葉県千葉市人材派遣会社。 シンシアー - 海外高級時計ブランド取り扱貿易商社

※この「日本の企業」の解説は、「シンシア」の解説の一部です。
「日本の企業」を含む「シンシア」の記事については、「シンシア」の概要を参照ください。


日本の企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/24 17:37 UTC 版)

コンピュータ・情報関連企業設立の年表」の記事における「日本の企業」の解説

日本の場合戦前からの歴史を持つ大手総合電機メーカー通信機器メーカー中心に1950年代後半よりコンピュータ電子計算機)の開発が行われてきた。 1881年 - 沖電気工業創立 1899年 - 日本電気(NEC)創立 1910年 - 日立製作所創立 1918年 - 松下電器産業現在のパナソニック創立 1923年 - 富士電機富士通親会社創立 1935年 - 富士通信機製造富士通前身創立 1939年 - 東芝発足 1946年 - 東京通信工業樫尾製作所(現在のソニーカシオ計算機)創立 日本ではアメリカのようなベンチャー企業によるコンピュータハードウェア製造企業は、「ソード」などが興ったものの、市場影響を与えるようなことはなかった。 コンピュータといえば大型汎用機指していた1970年代までソフトウェアハードウェア付属品であるという考え方強くソフトウェア産業はほとんど興らなかった。 むしろ、日本では財務管理給与計算などの業務委託する計算センターという形で1960年代後半昭和40年代)に設立され企業が多い。主要な財務パッケージソフトウェア企業も、元は計算センターから始まっている。 1965年 - 野村総合研究所設立 1966年 - TKC設立 1967年 - 日本電信電話公社データ通信本部設立(現NTTデータ前身1968年 - 日本デジタル研究所設立 独立系ソフトウェア産業第一号は、1968年設立されCSKであろう1980年代になるとオフィスコンピュータミニコンピュータなどの登場で、コンピュータ価格低下し大企業計算機室や計算センター限られていたコンピュータが、大企業支社支店さらには中小企業まで入るようになる。これに対応してこの時代には多くの零細独立系ソフトウェア開発企業設立された。パーソナルコンピュータ登場した後半には、パソコン通信を行う企業いくつも設立された。 1986年 - ニフティ設立 1990年 - 朝日ネット設立 1990年代以降は、インターネットなどの勃興により、北米影響を受けるうになる

※この「日本の企業」の解説は、「コンピュータ・情報関連企業設立の年表」の解説の一部です。
「日本の企業」を含む「コンピュータ・情報関連企業設立の年表」の記事については、「コンピュータ・情報関連企業設立の年表」の概要を参照ください。


日本の企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 14:01 UTC 版)

武井」の記事における「日本の企業」の解説

武井工業所 - 茨城県石岡市にある企業武井バーナー - 東京都葛飾区にある企業武井龍三プロダクション - 京都府京都市にあった企業

※この「日本の企業」の解説は、「武井」の解説の一部です。
「日本の企業」を含む「武井」の記事については、「武井」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「日本の企業」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の企業」の関連用語

日本の企業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本の企業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の企業一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神戸 (改訂履歴)、神戸 (曖昧さ回避) (改訂履歴)、軍需企業の一覧 (改訂履歴)、シンシア (改訂履歴)、コンピュータ・情報関連企業設立の年表 (改訂履歴)、武井 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS