米ぬかとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 園芸用語 > 米ぬかの意味・解説 

こめ‐ぬか【米×糠】

玄米精白するときに出る外皮や胚(はい)の粉。黄白色で、脂肪たんぱく質などを多量に含む。飼料肥料漬物などに用いる。ぬか。

米糠の画像

米ぬか

玄米精白する際にでる皮や外胚乳などの粉、ぬか。リン酸が多いが窒素カリも含む有機質肥料遅効性元肥に使う。飼料ビタミンB1原料にもなる。

(米ぬか から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 01:27 UTC 版)

(ぬか)とは、穀物精白した際に出る果皮種皮胚芽などの部分のことである。ブラン: Bran)とも呼ばれる。


  1. ^ 門田, めぐみ (2005) (日本語), 米糠成分の有効利用(企業のページ), 公益社団法人 日本ビタミン学会, doi:10.20632/vso.79.10_509, https://doi.org/10.20632/vso.79.10_509 2020年3月18日閲覧。 
  2. ^ 実は簡単!たけのこのアク抜き&保存のコツ” (日本語). Vegeday. 2020年3月18日閲覧。
  3. ^ じんだ煮(JA北九)|保存食・常備菜|JAグループ福岡”. www.ja-gp-fukuoka.jp. 2020年3月18日閲覧。
  4. ^ 小麦の栄養と機能”. 日清製粉グループ. 2020年1月30日閲覧。
  5. ^ 生活向上委員会 『これで解決!おばあちゃんに聞く生活の知恵』 SMART GATE Inc.、2015年6月。 
  6. ^ 佐藤裕子,飯野 幸弘,沼澤穂奈美,小松正尚「飼料用籾米と脱脂米糠の給与が「やまがた地鶏」の生産性に及ぼす影響」『山形県農業研究報告(Bulletin of Agricultural Research in Yamagata Prefecture)』第10巻、山形県農業総合研究センター、2018年3月、 69-76頁。
  7. ^ 下郡洋一郎, 浦野松幸「人工飼料原料の可消化粗蛋白質含有率と代謝エネルギー」『日本蚕糸学雑誌』第57巻第5号、社団法人日本蚕糸学会、1988年、 393-397頁、 doi:10.11416/kontyushigen1930.57.393
  8. ^ Ito, Hitoshi; Sato, Tomotaro (1975). “[No title found”]. NIPPON SHOKUHIN KOGYO GAKKAISHI 22 (8): 401–407. doi:10.3136/nskkk1962.22.401. ISSN 0029-0394. http://joi.jlc.jst.go.jp/JST.Journalarchive/nskkk1962/22.401?from=CrossRef. 
  9. ^ 研究紹介 | 東北大学大学院 工学研究科 堀切川・柴田/山口(健)研究室”. www.glocaldream.mech.tohoku.ac.jp. 2020年3月18日閲覧。
  10. ^ 壁に穴、クマ食害か 米ぬか食い荒らされる、秋田市河辺”. 秋田魁新報 (2019年6月20日). 2019年6月18日閲覧。
  11. ^ 花巻のバラ園 クマに米ぬか食べられる/岩手”. ibcニュース (2019年6月6日). 2019年6月18日閲覧。
  12. ^ 文部科学省、「日本食品標準成分表2015年版(七訂)


「糠」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「米ぬか」の関連用語

米ぬかのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



米ぬかのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2021 engei.net all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの糠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS